ピクシブ百科事典

奇械人アリジゴク

きっかいじんありじごく

奇械人アリジゴクとは、仮面ライダーストロンガーに登場する蟻地獄の能力を持つ怪人の名称である。

CV/八代駿

概要

仮面ライダーストロンガー』第20話「恐怖の大砂漠! 二人の藤兵衛!?」に登場。
アリジゴクの能力を持つ改造人間
ストロンガーと一対一の勝負を挑み負傷したタイタンの治療の為に原子力研究所に勤める立花藤兵衛そっくりな容姿の立木博士の拉致を任務とする。
鳴き声は「ギュルギュルギュル!」

左手に備え付けられたドリルであらゆるものを粉砕する事ができ、これを使って地中移動を行う事ができる。
また、板を取り外して投擲用の武器として使用するほか、の装飾品を武器として用いることも可能。

一度はユリ子、藤兵衛の三人を砂漠に埋めて処刑寸前まで追い込むが、の方は今一良くない脳筋ぎみな思考の持ち主だった為、茂たちを嬲るつもりで見せ付けるようにをこぼしたが災いし、逆にその水を利用して茂がストロンガーに変身してしまい失敗。

最後は『電キック』を喰らって吹っ飛び爆死した。

関連項目

奇械人 ブラックサタン(仮面ライダーストロンガー) アリジゴク 仮面ライダーストロンガー

コメント