ピクシブ百科事典

奇械人ブブンガー

きっかいじんぶぶんがー

奇械人ブブンガーとは、仮面ライダーストロンガーに登場する蚊をモチーフとした怪人の名称である。

CV/市川治

概要

仮面ライダーストロンガー』第16話「吸血ブブンガー 悪魔のプレゼント!」に登場。
をモチーフとした奇械人で、某海岸付近でオリエンテーション大会を開き、それに参加した子供たちを洗脳してブラックサタン幹部候補生として育て上げる作戦の実行を任されている。鳴き声は「ビビビビッ!」

状の右左手に仕込んだレイピアが唯一の武器であり、これを使って相手のを吸い自身の血と入れ替える事で対象者を洗脳する事や、ボウフラに化ける能力を持つ。

オリエンテーション大会に参加した子供たちに商品として“タツノオトシゴ”と偽って自身の卵を配り、晩に正体を現して子供たちの血を吸血。

子供たちを探すストロンガーに子供たちを操って嗾けるが、あくまで拉致専門の戦闘用改造人間ではないらしく、途中でジェネラルシャドウの力添えを受けたのにも拘らず、全くストロンガーに歯が立たず、最後は『電キック』を受け爆死。

洗脳された子供たちも茂が自身の血液と子供たちの血を交換する事で元へと戻るのだっ
た。

第39話「さようなら栄光の七人ライダー」では再生奇械人の一体として登場したが、首から下が何故か奇械人ドクガランの物になっていた。

関連項目

奇械人 ブラックサタン(仮面ライダーストロンガー)  仮面ライダーストロンガー

コメント