ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「お前は何者だ?答えなければ…その身体に聞くまで」
「またお前か…」

CV:中山絵梨奈/スーツアクター:おぐらとしひろ

概要

ワイズマンに仕えるファントム女幹部。普段は自らの宿主ミサという少女に擬態している。

普段の口調や物腰は穏やかだが、従わない部下を処刑しようとする等、怒ると怖い性格。同格のフェニックスも基本的には彼女に従う。戦闘力も高く、ドラゴタイマーで4人に分身したウィザードビーストを圧倒する程だが、自身はワイズマンの意思に従いウィザード打倒よりも新たなファントムの誕生を優先している。自ら進んで戦う事はあまり無く、18話では仮面ライダービーストこと仁藤攻介に近付き、甘言でウィザードと同志討ちさせようとした。

外見と能力

頭部は眼にあたる部分がゴーグルの様な形状で、の頭髪が生えている。
接近戦では蛇が絡みついた杖アロガント(英語で傲慢の意)が武器。身体は紫がメインカラー。

長く伸ばした髪で相手を絡め取り、相手が魔力を持っていれば、その魔力を吸い取って奪う。頭髪は攻撃にも使用され、ランドスタイルのディフェンドも貫く。神話のメデューサと同様、石化能力を持ち、1箇所に集めた物を石化させて敵にぶつける等、攻撃にも使用される。器物以外も石化させる事ができ、ワイズマンの命令で暴走したフェニックスに使ったが魔力が強くなった彼には通用せず、すぐに解除された。念力も使用できる他、アロガントからの打撃や紫の光弾も強力。

ゴーグルの下の眼を光らせ、紫のオーラを大蛇の形にして飛ばす技も使える。
ミサの姿でもゲートを見つける能力を持ち、眼を青く光らせて衝撃波を起こす事が可能。
14話でサンダーを食らって爆発に巻き込まれたが、同話の後半で何事もなかったかの様に現れた。
第27話では、ドラゴンスタイルのウィザード4人とビーストの5人が相手でも微動だにせず、頭髪の攻撃で一掃した。この事から、彼女がフェニックスに劣らぬ戦闘能力を持っている事が窺える。

元になった人物

彼女のゲートとなって死亡した人間は稲森美紗という女子高生で、両親共々行方不明扱いだった。
美紗には双子の真由という妹がおり、美紗は妹思いの優しい少女だったらしいが、真由が海外留学中に起こった儀式で美紗は死亡。その直後に美紗の姿で彼女の生家へ戻ったメデューサにより美紗の両親も殺害されている。真由を絶望させようと姉になりすまして罠を仕掛けるが、結果は失敗。全てを知った真由は悲しみにくれるも、姉や両親の復讐の為に覚悟を決めて魔法使いになった。
その後、仮面ライダーメイジとなった彼女と再会し、幾度となく戦う事になる。

最期

ワイズマンに絶対の忠誠を誓い、彼に「おそばにおいてください」と懇願する程であったが…。

第47話
真由と対決した際、ホーリーウィザードリングで重傷を負いながら尚も戦おうとするが、
そこへ現れたワイズマンの背後からの不意打ちで致命傷を負わされてしまう。
そして、彼が自ら明かした正体に愕然。
今まで誑かされていた事を知り、「嘘だと言ってください!」と縋りつくが彼からは「もうお前は必要ない、今までご苦労だったな」と告げられ、事実を受け入れられないまま消滅。
皮肉にも自分自身が絶望して消える最期を迎えたのだった

余談

下半身の形状が朝8時には相応しくない事でネタにされている。
蛇がモチーフの為、2013年1月にはミサも含めてイラストが多く投稿された。
スーツアクターのおぐら氏は過去の平成ライダーではゴ・ジャラジ・ダリュウタロスなど小柄なキャラを演じる事が多く、第8-9話ではゲートの父親・伊藤和洋役で顔出し出演している。
ネット版で美紗の妹の真由がメデューサをいつ倒せるか占った際は倒せないと出てしまった。
本編ではその通りホーリーの魔法でも死なず、最後はワイズマンに殺されている。
裏モチーフは玄武で、蛇の意匠は髪の他に腕や胸辺りが鱗状、亀の意匠は頭部の亀甲模様。

関連タグ

仮面ライダーウィザード ファントム ミサ ワイズマン 
フェニックス グレムリン 稲森真由 メデューサ

メドウメドウメルダメルダゴーゴンメドゥーサマイナソー:同じくメデューサの戦隊怪人

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メデューサ(ファントム)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メデューサ(ファントム)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417503

コメント