ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

工藤公康

くどうきみやす

昭和時代後期から平成時代まで活動した日本の元プロ野球選手(投手、左投左打)。引退後は野球解説者を経て、2015年から福岡ソフトバンクホークス監督に就任。
目次 [非表示]

経歴

1963年5月5日生まれ、愛知県名古屋市出身。


1982年名古屋電機高校(現・愛工大名電)から西武ライオンズに入団。渡辺久信らとともに、西武黄金時代の柱としてチームを支えた。当時は「新人類」の代表格であったとされた(わかりやすく言えば「いまどきの若い者」と言われた方である)


1995年、FA権を行使して福岡ダイエーホークスに移籍。2000年、再びFA権を行使して読売ジャイアンツに移籍。2004年200勝を達成(この試合でプロ入り後初となるホームランを打ち、決勝打となった)し、名球会入り。


2007年門倉健の人的保障として、横浜ベイスターズに移籍。同年の巨人戦で勝利投手となり全球団勝利+13球団勝利(近鉄バファローズ東北楽天ゴールデンイーグルスに勝利)を達成。


2010年には16年ぶりに古巣西武に復帰するも、成績不振もあり、同年秋に戦力外通告を受ける。2011年に引退。現役生活は29年におよび、晩年は山本昌とともに「中年の星」として活躍した。


引退後は解説者に転身。2015年に福岡ソフトバンクホークス監督に就任し、打撃陣は柳田悠岐中村晃長谷川勇也など、凄い生え抜きが次々に育ちつつあった一方生え抜きの投手が今一つとされているホークスの弱みを解消することが期待されていた。

在任時は千賀滉大二保旭石川柊太高橋礼甲斐野央森唯斗などの投手陣が台頭し、アルフレド・デスパイネリバン・モイネロジュリスペル・グラシアルなど助っ人陣が当たり、ほぼ全ての年度でAクラス入り、3度のリーグ優勝、4度のセ・パ交流戦優勝、5度の日本一達成と投手出身監督として優秀な成績を残す。

しかしながら、2021年は一転して、千賀や高橋、長谷川、モイネロ、グラシアルなど一部の主力選手の長期離脱の影響もあって不調から抜け出すことができず、セ・パ交流戦も同年のパリーグ最下位であった北海道日本ハムファイターズを下回る第11位に転落するなど、シーズン中はBランクのまま低迷。これまでの成績から来季以降の続投も期待されていたものの、工藤本人の強い意向もあり、契約満了であったことなどから成績不振の責任を取り、同年限りでの辞任を表明した。


2023年6月、同年5月に退任した栗山英樹氏の後を継ぐ形で、侍ジャパン監督に就任する見通しであると報じられた。


子供が5人(2男3女)おり、長男に俳優工藤阿須加、長女にプロゴルファー工藤遥加がいる。


背番号

背番号使用年所属チーム備考
471982年〜1994年西武ライオンズ選手
211995年〜1996年福岡ダイエーホークス選手
471997時〜1999年福岡ダイエーホークス選手
472000年〜2006年読売ジャイアンツ選手
472007年〜2009年横浜ベイスターズ選手
552010年埼玉西武ライオンズ選手
812015年〜2021年福岡ソフトバンクホークス1軍監督

プレースタイル

左投手の理想形」と称えられた美しい投球フォームから、最速149km/hのストレートと目一杯スピンの効いたカーブとのコンビネーションを主体にスライダー・シュートも加え投球を組み立てる。シュートは他の変化球に比べ見劣りするものだったが「『シュートを投げてくる』と思わせることで打者が詰まってくれることもある」と言い使い続けた。


関連項目

カリメロ:「ストッパー毒島」で毒島がヤジでこの単語を用い工藤をいじりまくる。もちろん工藤もムッとしている。

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24184

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました