ピクシブ百科事典

柳田悠岐

やなぎたゆうき

福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手)。
目次[非表示]

概要

所属福岡ソフトバンクホークス(9)
出身広島県
生年月日1988年10月9日
身長・体重188cm、92kg
投球・打撃右投左打
守備位置外野手
プロ入り2010年ドラフト2位


苗字の読み方は「やなぎた」であり、「やなぎだ」ではない。

2010年ドラフト4位でソフトバンクに入団。背番号44。
キャンプでは新人唯一のA組入りを果たすが、開幕一軍には届かなかった。

2011年は二軍暮らしでウエスタンリーグ本塁打王を獲得。

2012年シーズン中盤にセンターのレギュラーに定着し、5本塁打を記録。

2013年は右肩の故障に泣かされた。

2014年は全試合に出場し、不動のレギュラーに定着した。オフに背番号を9に変更した。

2015年は138試合に出場し打率.363で首位打者を獲得。さらに30本塁打、30盗塁を達成したことにより、史上10人目のトリプルスリーを達成。この年は山田哲人もトリプルスリーを達成しており、二人でトリプルスリーを達成したのは65年ぶりの快挙だった。その後はクライマックスシリーズで負傷し、プレミア12にも出場できなかった。

2016年は打撃三部門の成績こそ落としたが、前年に引き続き最高出塁率のタイトルを獲得。リーグ1位のOPSを残しながら年俸を下げられるという前代未聞の事態が起こった。

2017年はチームの主軸として日本一に大きく貢献。打撃三部門の成績も上げ、最高出塁率のタイトルも3年連続の獲得となった。またOPSもリーグ1位の成績を残し、三年連続OPS1位という歴代でも名うての名選手のみが残した大記録を達成した。

選手としての特徴

代名詞とも言える豪快なフルスイングから、日本人離れした飛距離を飛ばす長距離打者。それと同時に打率でもハイアベレージを残し、四球の数もリーグ1位を何度も獲得するなど打撃面は文句なしに球界トップクラスの強打者である。
豪快な引っ張りによる特大ホームランのイメージが強いが広角への本塁打を放つ能力にも長け、他の選手ならファウルか外野フライという当たりが切れずに伸びて本塁打になる事が多くある。
打撃三部門の成績がそれなりでも、セイバーメトリクスなどの分析指標では例年球界トップの数値を叩き出しており、一部では「セイバーの申し子」とも呼ばれる。
身体能力に優れ、高い走力とパワーを併せ持ち、史上初の首位打者とトリプルスリーの同時達成を成し遂げている。

遠投125mを記録するなど強肩の持ち主でもあり、ゴールデングラブ賞にも複数回選出されている。
しかし守備指標はお世辞にも高いとは言えず、2017年度はUZRで12球団の中堅手で最下位を記録してしまうなど、世間一般の認識と実際の守備能力に少なからずギャップが生じていると言える。

人物

  • 愛称は「ギータ」。ちなみに本人公認である。
  • 広島生まれ広島育ちで根っからの広島東洋カープファン。今でも変わらないらしく、自身もトークショーで「カープに行くためにFAを取得しようとがんばってるので」と言ってしまう程の鯉党。
  • 糸井嘉男並みの宇宙人であり、松田宣浩にしてアホと言わせるほどである。大学時代の監督からは「とんちんかん」と言われていた。
  • 豪快なフルスイングが特徴だが、やるようになったきっかけはダイヤのA轟雷市を見て憧れて「この選手になりたい」と思っていたからだという。
  • 身体能力が大谷翔平クラスの化け物。投手としても中々で、ブルペンの投球で最速146km/hを記録しており、入団当初の千賀滉大を「とんでもない世界に来てしまった…」と絶望させるまでの凄まじさだったという。
  • 座右の銘「プロテイン」
  • 背番号44の印象を聞かれ、「獅子舞ですかね」と答えた。


関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「柳田悠岐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10504

コメント