ピクシブ百科事典

野球狂の詩

やきゅうきょうのうた

「野球狂の詩」は水島新司の野球漫画。
目次[非表示]

概要

プロ野球セ・リーグに所属する球団東京メッツの、50歳を超えたよれよれ投手、岩田鉄五郎以下、愛すべき「野球狂たち」を主人公とした連作。
1972年~1976年まで『週刊少年マガジン』に不定期連載(のちに連載)され、週刊連載となった1975~1976年の、いわゆる水原勇気編をもっていったん完結。
1978年に読み切り作品「勇気と甚久寿編」(『野球狂の詩外伝』のタイトルで文庫版に初めて収録)を掲載。その後は『白球の詩』『ブル』『ストッパー』『大甲子園』などの、東京メッツと岩田鉄五郎が登場する作品が描かれていく。
1997年に『野球狂の詩 平成編』として『ミスターマガジン』にて復活。以後『野球狂の詩2000』『新・野球狂の詩』とタイトルを変え、『ミスターマガジン』⇒『週刊モーニング』⇒『別冊モーニング』(2004年から)と移籍しながら連載。年4回のみの掲載となるが雑誌そのものが存続しなかったこともあり、明確な最終回を迎えないまま連載が終了する。
2005年の秋には秋田書店・講談社の合同企画で『野球狂の詩VSドカベン』が『週刊モーニング』にて9週間に渡り掲載された(同様に『ドカベンVS野球狂の詩』が週刊少年チャンピオンにて連載されている)。
ドカベン ドリームトーナメント編』ではメッツの選手が「新潟ドルフィンズ」「阪神タイガース」「広島東洋カープ」「福岡ソフトバンクホークス」に分かれて入団する。

メディア化

テレビアニメ

1977年末に単発のスペシャル番組として、水原勇気の入団騒動を描いた第1話が、フジテレビの金曜日20:00-20:54枠(当時は『金曜ファミリーアワー』内)で放送され、好評につき翌年の1978年5月-9月にかけて、毎月1回のスペシャル番組として第2-6話までの継続放送が決定。同年11月に第7話から毎週1回のレギュラー放送へ昇格した。(1979年3月まで放送、全25話。)

主な登場人物


実写版

1977年、 木之内みどり主演で日活系で公開。
1985年1月、フジテレビ系列「月曜ドラマランド」枠で放送。斉藤由貴主演。

pixivに投稿された作品 pixivで「野球狂の詩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8279

コメント