ピクシブ百科事典

オノンド

おのんど

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

オノンドは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。

基礎データ

全国図鑑 No.611
イッシュ図鑑第1版No.117
イッシュ図鑑第2版 No.184
英語名     Fraxure
ぶんるい  あごオノポケモン
タイプ     ドラゴン
たかさ     1.0m
おもさ     36.0kg 
とくせい    とうそうしん / かたやぶり / きんちょうかん(隠れ特性)


※とうそうしん:性別が同じ相手に対しては技の「いりょく」が1.25倍に上がる。
        違うと技の「いりょく」が0.75倍に下がる。性別なしの場合には変わらない
※かたやぶり:相手の「とくせい」の影響を受けずに技を出すことが出来る。
       ただし、攻撃後に効果のある「とくせい」には無効
※きんちょうかん:戦闘中、相手はきのみを使用できなくなる

進化

キバゴオノンド(Lv.38) → オノノクス(Lv.48)

朝の散歩



容姿

小型の怪獣のような姿したポケモン。キバゴであった頃の面影をある程度残し、進化したことで
一回り大きくなった。
また進化前から比べて口からはみ出しているもより大きくなった。進化前の特徴的であった鶏冠(とさか)は少し小さくなり、
代わりに頭部分や首周り、両腕部分を覆うような形でのような皮膚となった。
腹部にまだら模様が少しある。

手足の尻尾の先端、牙の先端は色となっている。
その他の体の大部分は灰色に近い色をしている。

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「ドラゴン
キバゴLv38で進化することが出来る。

オノンドは、大を砕くことのできる牙を持っている。ただし、強力な反面、折れた牙は二度と生え変わることがない。その為、戦いが終わった後には河原の岩で自身の牙を丹念に磨いている。
また、オノンドは縄張り意識が強く、オノンド達の縄張りを巡る争いは、非常に激しいものになる。

普通に育てると2形態目でまでは長い道のりで、ここから3形態目へはさらに長くなっている。(それでも第5世代初登場のポケモンでは進化のレベルは決して遅くはない)
その割には扱いが宜しくないポケモンである。
進化前と進化後のポケモンのイラストは、ゲーム発売前に公開されたにも関わらず、
結局このポケモンは発売後に判明したこととなった。

まぁ、このポケモンが発売前に判明したならば、進化前と進化後のサプライズは無くなってしまう為、
このような扱いとなってしまったのであろう。

イッシュ地方の星座では、12月生まれは"オノンド座"である。

ゲーム上の特徴

2形態目にしては、非常に優秀な「こうげき」の高さを誇っている。
むしろストーリーをただ進行させる為だけならば、十分すぎるくらいである。

主力技としては「ダブルチョップ」「ドラゴンクロー」によって、
その高い「こうげき」を生かすことも出来る。

また補助技としても「りゅうのまい」「ちょうはつ」や次の進化直前で覚えるつるぎのまいなど、
優秀な積み技を自力習得できてしまう。

ただ、先の事を考えればさらに進化させた方が優秀なアタッカーとして活躍できる。

唯一の疑問としては、中途半端な時にタイプ一致の特殊技「りゅうのはどう」も覚えてしまうのは、
どういう意味なのであろうか。

ちなみに、キバゴから進化させなくてもイッシュ地方「チャンピオンロード」でも出現して、
入手も可能である。

主な使用ポケモントレーナー

シャガ / ジムリーダー(イッシュ) <『ブラック』のみ>
アイリス / ジムリーダー(イッシュ) <『ホワイト』のみ>

イッシュ地方の星座

1月メブキジカ2月ヒヤッキー3月ママンボウ
4月エルフーン5月バッフロン6月ギアル
7月イワパレス8月ウォーグル9月ゴチミル
10月ランプラー11月ペンドラー12月オノンド


関連イラスト

オノンド+キヨマサの野望
オノンド



関連タグ

ポケモン一覧 ドラゴンタイプ
ポケモン ポケモンBW

pixivに投稿された作品 pixivで「オノンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152380

コメント