ピクシブ百科事典

カセキメラ

かせきめら

カセキメラとは、ポケモン剣盾に登場する化石ポケモンの総称(俗称)である。
目次[非表示]

「そーれ がっちゃんこ!」

注意

この記事はポケモン剣盾に関わるネタバレ及び批判的な意見が含まれております。閲覧の際にはご注意下さい。

概要

ポケモン剣盾』における化石ポケモンの一種。
ガラル地方でもポケモンの化石が発見されるものも、上半身か下半身のどちらかしか無い化石がそれぞれ2種類存在し、それぞれウカッツ博士に渡して組み合わせることで復元することができる。

カ セ キ メ ラ



化石ポケモンでは初となる、タイプにいわタイプがつかないポケモン達でもある。
タマゴグループが未発見な点・性別不明な点も化石ポケモンでは初。

ポケモン一覧

  • 始祖鳥若しくは羽毛恐竜がモチーフだと思われる、発電器官を備えた古代の鳥ポケモンの頭部「パッチ-」
  • ダンクルオステウスがモチーフだと思われる、強靭な皮膚と顎を持つ古代の魚ポケモンの頭部「ウオ-」
  • 剣竜がモチーフだと思われる、屈強な肉体を誇る恐竜ポケモンの下半身「-ラゴン」
  • 首長竜がモチーフだと思われる、冷気を操る能力を持つ首長竜ポケモンの下半身「-チルドン」


の組み合わせからなり、分類は全てプテラと同じ「かせきポケモン」となっている。
モチーフはどれもすべて、実際に化石を取り違えて復元された経歴を持った古生物である。

上半身↓\下半身→カセキのリュウ(ドラゴンタイプ)カセキのクビナガ(こおりタイプ)
カセキのトリ(でんきタイプ)パッチラゴンパッチルドン
カセキのサカナ(みずタイプ)ウオノラゴンウオチルドン

そ~れがっちゃんこ


カセキのトリ」と「カセキのリュウ」を組み合わせて復元。タイプは「でんきドラゴン
上半身と下半身で明らかに体格が異なりバランスが取れていない。尻尾の筋肉を動かす事で電気を生み出す。
断面が見えてしまっているが、まともに歩けるだけ4体の中では一番マシである。

パッチルドン


カセキのトリ」と「カセキのクビナガ」を組み合わせて復元。タイプは「でんき・こおり」。
こちらも上半身と下半身で体格が異なりバランスが取れていない。氷漬けの上半身が震えるごとに電気を生み出せるが、本来ヒレである部分を脚に使っているため歩くのが非常に苦手。上半身の氷で餌を保管する事ができる。
相変わらず断面は剥き出し、かつ上半身の両腕の一部が下半身に埋もれてしまっている。が、断面が雪で埋まっている為、見た目だけなら4体の中で一番まともである(あくまでもカセキメラの中ではというだけであり、ポケモン全体で見たら異質過ぎるデザインである事には変わりないが)。

ウオノラゴン


カセキのサカナ」と「カセキのリュウ」を組み合わせて復元。タイプは「みず・ドラゴン」。
断面が剥き出しの下半身の尻尾の先に魚の頭部がついている衝撃的な見た目。
しかもよく考えれば下記のウオチルドン同様頭が上下逆になってるが、尻尾を思い切り持ち上げることで正位置を保っている格好である。
時速60キロ以上で走り、頑丈なアゴで無類の強さを持っているが、水中でしか呼吸が出来ない。

逆魚(さかさうを)


カセキのサカナ」と「カセキのクビナガ」を組み合わせて復元。タイプは「みず・こおり」。
どんな攻撃でも傷つかない頑丈な頭部を持つが、上下逆さまに付いているため獲物が食べにくかったり、呼吸が困難だったりと生きるのに問題を抱えすぎている。というかなんでこんな頭部にした
周囲を凍り漬けにして獲物を捕獲する。

化石の入手について

カセキメラの材料となる化石の入手の手段としては、フィールドで拾う、ワイルドエリアにいる「あなほり兄弟」に頼むという2つの手段がある。
ただし、前者は拾える場所や拾える回数が限られているため、かなり効率が悪い。素直にWを溜めてあなほり兄弟に頼んだ方が集めやすいのでこちらを活用しよう。

一応、一つのバージョンですべての化石を手に入れることはできるが、剣・盾のそれぞれで入手のしやすい化石が異なり、『剣』では「カセキのトリ」と「カセキのクビナガ」が、『盾』では「カセキのサカナ」と「カセキのリュウ」がそれぞれ入手しやすい。あなほり兄弟に掘ってもらう場合、入手のしやすい化石はどちらに頼んでも掘り出してもらえるが、入手しにくい化石はスキル自慢の方に頼まなければ手に入れられないので注意するること。
それでも、掘り出してもらえる確率は相当に低いので、すべての種類を集めるのには相当の時間と根気がいる。

なお、過去作の化石と同様、ポケモンに持たせることが可能なので、周りに自分と違うバージョンでプレイしている人がいた場合、化石をポケモンと共に通信交換し、手に入りにくい化石を融通し合うという手も使える。もしも違うバージョンで遊んでいる友人がいたのなら頼んでみるのも手だろう。
実際、Twitter等のSNS上では「♯化石交換」のハッシュタグが存在し、未所持の化石の交換を求める書き込みが多数存在している。

だが、20年3月下旬の期間限定ピックアップレイドで登場するバージョン違いダイマックスバトルの報酬に、これらが大量入手出来る確率が上がった(通常個体では不可)。

ちなみに、このように、入手に手間がかかることを考慮してか、ゲット(復元)時には3V補正がかかっており、俗に言う準伝説並のステータス(厳選難易度)を持っているという特徴がある。

復元ミスか否か

ポケモン史上初の化石を組み合わせて復元するポケモン群なのだが、上記の情報やイラストの通り、実際に復元してみるとその姿は明らかに違うポケモン同士を無理やり継ぎ合わせたような衝撃的な見た目をしており、ウルトラビースト達も真っ青のクリーチャーじみた体型となっている。
しかし、図鑑説明では彼らがその姿のまま太古に生息していたような記述がされており、復元ミスかどうかは人によって意見がわかれている。ここでは、その争点としてよく挙げられる要素について触れていく。

図鑑説明文

主にウオノラゴンに関してだが、ポケモン図鑑の解説に矛盾した設定がある、という指摘がある。例えばウオノラゴンは陸上を走っていたような見た目をしているにも関わらず、水中でしか呼吸ができないと説明文に書かれている。

これを「実際に当時も同様の設定であった」か「単なる字数制限の問題で2種類のポケモンの説明が一緒くたに書かれている」かのどちらに受け取るかは意見が分かれる。しかし今までのポケモンでも、ホエルオーは「空気を吸い込めば深海3000メートルまで潜れる」と、呼吸ができない環境で活動できるような説明がされている例があり(現実のクジラ目にも共通する生態である)、ウオノラゴンも同様に定期的に水中での呼吸を行うことで陸上でも活動できていた、と考えることは可能である。

また、2種類のポケモンを無理矢理合体させたことから、2種類のポケモン図鑑解説が混ざり合っているのでは?という意見もある。そうなると、カセキメラ特有の図鑑説明の矛盾の説明がつく。

図鑑とは人が書いたものであるという視点

図鑑とはそもそも「神の視点」でメタ的に真実の設定を記述したものではなく、その時代に生きる人々が最新の研究結果に基づいて記述したものであり、研究に誤りがあったとしたら、必ずしもそこに書かれている内容が実態に則しているとは限らない。

特に化石ポケモンにおいては、太古に存在していたポケモンであり、豊富な検体が手に入る現代のポケモンと違って、実験や調査の手法も限られるわけであるから、図鑑の内容が実態に則していない蓋然性は高いと思われる。

くわえて赤緑におけるユンゲラーの図鑑説明に代表されるように、ポケモン図鑑には作中世界においても事実なのかどうかがはっきりしない伝承や都市伝説のようなものまで記述されていることがままあることにも留意する必要があるだろう。

ただ、エラがみでんげきくちばしの強烈さからして、古代で無類の強さを誇っていたとされる記述だけは真実かもしれない・・・

化石の説明文

カセキのトリの説明文は「空を飛んでいた古代ポケモンの化石」であるにも関わらず、復元されたキメラには空を飛べる姿が存在していない。このことから、本来の形とは全く異なる形で復元されている、という指摘がある。

しかし、化石の説明文と復元されたポケモンの不一致には「ねっこの化石」という前例がある(化石はねっこの化石とされているのに復元するとリリーラの頭部、及び触手になる)。また、従来の化石説明文では「〇〇の化石らしい」と推量する形で説明が行われており、化石の名前や説明文は飽くまで化石の見た目からの推量が書かれているだけに過ぎないのではないだろうか。

とすると、カセキのトリの説明文とは異なる生態や見た目をしたポケモンが復元されてもおかしくない。そもそもカセキのトリから復元された上半身、どう見ても大空を飛んでいた鳥というよりは羽毛恐竜のそれである。

卵の未発見

これまでの化石ポケモンでは卵が発見されていたが、今回、卵が発見されない種類であるため、この姿での繁殖はできない=繁殖する事が出来る本来の姿は別にあるとも考えられる。一方でポケモンの繁殖や発生については未だ謎が多い。例えば、ナッシーは「ある時期になると頭が落ち、それが後にタマタマへ成長する」、ベトベターは「通った後に残った体の一部からまたベトベターが生まれる」と、卵に依らない繁殖方法が図鑑に説明されており、今回の化石ポケモンが卵に依らない繁殖方法をとっていたとしても不思議ではない。ただそれでもタマゴグループが植物や不定形に分類される彼らと、元は明らかに動物タイプであっただろうカセキメラ達とを同列に語っていいものかは疑問が残るが。分裂生殖でもしていたとでもいうのだろうか?……一応、卵で増やせない原生生物という意味では(ウルトラスペースから見た)UBが前例に当たる。

また、そもそも化石ポケモン以外のポケモンに目を向ければ『タマゴ未発見グループ』、即ち卵が発見されないという例はそれなりに見られる。その中にはトレーナーが分類するところの『準伝説』『伝説』『幻』といった種族も含まれている為、この4匹は伝説のポケモンだったのでは?という考察もされている。実際個体値が3V固定確定なのも準伝説と同じな為、古代の彼らは合計種族値が600の準伝説、もしくはさらに高い伝説・幻クラスのポケモンであったという可能性も否定し切れるものではない。

このように争点として挙げられる要素はいくつかあるが、どれも復元ミスかどうかを決定付けるには不十分なものばかりである。また、他の地方発見されている化石ポケモンの化石が発見されていないので、このポケモン群の半身は別の地方にあるということはなさそうではある。

その存在の意味

今回のこのポケモン群の予想を斜め行く姿に、少なからず批判的な意見があり、『どうしてこんなデザインが通ってしまったのか』ダークどころか悪趣味の領域』『生命に対する冒涜』『こんな状態で復元させられて可哀想』などという意見も飛び交っており、死ニーゴ波平ペンギンと並んでただでさえデザインの賛否が多いガラルのポケモンのデザイン性に大きな物議を醸している(今作のポケモンは海外のデザイナーが手掛けているため価値観の違いが原因だと思われるが、海外でも大炎上しているのが現実である)。
生命倫理に反するような設定を持つポケモンはこれまでにも存在しているが、彼らには伝説・幻ポジションであるがゆえに生命倫理を問いかけるようなバックストーリーが存在しており、また生物として明らかに不自然な形をしていることもない。
一方このポケモン群は、形は言わずもがな、バックストーリーに関しても一般ポケモンであるがゆえにほぼ存在せず、それどころかウカッツ博士は上記のように適当にこの姿にしているとしか思えない発言をしている
この他、カセキメラの合計種族値505をSOSの捩りだと解釈する考察もある。これらの作中における描写も、物議を醸しだす大きな要因のひとつと言えるだろう。

一番最悪な点はポケモンという生き物が登場するゲームで生命倫理を無視する行為を公式が実行してしまったということにある。

また、上述のいわタイプを含まない点に関しては朗報と捉えているファンが少なからずおり、いわタイプは弱点が多く、複合による相殺で弱点の数は減っても4倍弱点を抱えるのが殆どで特定のタイプの縛りが消えたということが評価されており、戦闘面も強力な技をもつためバトルタワーや対戦でも大きく奮闘できる。特にパッチラゴン、ウオノラゴンは対戦でも要注意ポケモンとして名前が挙がる程であり、場合によってはそのまま手持ちを全滅させるレベルの強さを誇る。
ただ、これは所詮戦闘面での長所であり、カセキメラ達の出生に対する擁護にはなっていないどころか、今度は単に闘うためだけに復元させられているという皮肉を生むことになってしまうが…。

また、発売から数ヶ月経った現在ではこの4体を好意的に受け入れたり、可愛がっているユーザーも普通におり、「2つの化石を合成する」という要素についても、既存の化石ポケモンにはないもので面白いという好意的な意見もある。
要するにそのデザインに違和感がなく、しっかりとしたバックボーンが明かされていれば普通に面白いシステムとして受け入れられていたのである。

さらに言えば、ポケモンには進化という可能性をもって不可能を可能にした実例もあるため、カセキメラ達がマイナーチェンジ版でこの理不尽を克服する可能性も0ではない。

余談

ちなみに、現実においてもこうした化石の入れ違えや種類の判別間違えは割と頻繁に起きており、後々の研究において今まで一つの生物だと思われていた者が全く別だったと判明するのはよくある事なのだ。
また「完全な化石が見つからない、存在しない」というのも古生物学ではさほど珍しくない話で、特に“カセキのサカナ”のモデルと思しきダンクルオステウスは身体のほとんどが軟骨で構成されていたことから硬質な頭部以外の部位はそもそも化石にならないため身体の化石が見つからないのも当然と言えば当然だったりする。
そしてアノプスアーマルドのモデルであるアノマロカリスは化石が分断していたこともあり、逆に体の部位がそれぞれ別の生物と考えられていた時期がある。
それに対するブラックジョークなのだろうが、やはりそれを復元まで行くとなるとブラックが過ぎるのも確かな話である。

また、実はこの『完全に再現されていない』という問題はガラルの4種に限った話ではない。
化石ポケモンの項に詳しく記述されているが、頭しか見つかっていないタテトプスを始め、他の地方の化石ポケモン達も化石が全身見つかっているわけではないようで、多かれ少なかれ研究者がそれっぽく再現した姿である節がある。
ウカッツ博士が何も悪びれる様子がないところから見ても「化石をある程度恣意的な形に整えて復元を試み、成功した場合は現実に存在したと仮定してその行動と古代の環境を想定して図鑑に記載する生態情報を作成する」という手法はポケモン古生物学会では特に珍しい事例ではないのかもしれない。
もっともこれらの既存化石ポケモン達は曲がりなりにも体の一部位からほぼ生物としての違和感も機能の破綻も生まれないLvで全身の復元に成功しているし、後述の宇宙人関与説のような何らかのイレギュラーかつ突拍子の無い経緯でカセキメラ達が生息当時もこのような姿だった事が確定している訳でもない限り、少なくともわざわざ別種のポケモンの化石を組み合わせて復元する必要性は何も無い。カセキメラ達も他の地方の復元技術ならわざわざ歪なキメラにする事無く全身を復元出来たのではないだろうか。
ちなみにウカッツ博士は主人公との初対面時に、ガラル地方で見つかる化石は組み合わせて復元できることに加えて『これを研究すれば合体するポケモンの謎がわかるかもしれない』という主旨の発言をしているため、全身を復元できると知っていながらあえてキメラにしている可能性もある

少なくとも岩タイプが欠落している、雌雄の判別が出来ない、メタモンを相手にしても繁殖できない等他の化石ポケモンからすると異質な存在であることは間違いない。

このポケモン群が今後アップデートリメイク完全体が生まれるのか、それともこのままなのか、現在のところは分からない……。正直な話、2019年現在、レシラムゼクロムそしてキュレムの三体が一つだった時の姿や全盛期だった頃のネクロズマなど真の姿が出ていないポケモンがかなり多いので望みは薄いかもしれない。(といってもBWやSMはまだリメイクされていないのでなんとも言えないが。)

冒頭の話の余談だが、古生物の化石があべこべに組み合わされてしまう話とは対照的に、現生生物ではその剥製が色んな生物の体を継ぎ接ぎにした作り物のキメラであると考えられ、後に単一の生物であるとわかったものがカモノハシである。当初剥製しか見つかっていなかったカモノハシを見た学者は、それが鳥と哺乳類の体を組み合わせた作り物であると考えたという。今回の化石ポケモンたちも、人間のエゴによって生み出された負の産物ではなく元来こういう生物であったなら…と願うばかりである。


ちなみに、復元を担当しているけんきゅういんの名前は先述の通り『ウカッツ』。恐らく『迂闊』から来ており英語版での名称も『Cara Liss』(杜撰不注意を意味する「careless」に由来する。)となっている。更にはキャラモデルをよく見ると左右の靴の色が違い履き間違えている、またカセキメラ達の復元を拒否すると「スカしちゃってサ」と言った発言をする、等相当いい加減かつ軽率な人物である事がわかり、こうした要素も上記の疑念を加速させている原因でもあるのだが…。

この他、疑念を加速させている要素としては、白衣には泥が付いている事も一因である。化石関連の人物なのだから白衣が汚れていても違和感ないし、別に大した事ではないのでは?というツッコミもあるだろうが、彼(彼女?)はあくまで発掘員ではなく、一介の研究員でしかない事には留意されたし。おまけに、これまでは復元できる場所が博物館デボンコーポレーションといった公的機関や実績のある企業だったのだが、今作は荒野に一人佇むウカッツだけが自作のいかにも怪しそうな機械で復元するのである。会話の雰囲気からどうも公的機関からの出張という訳ではなさそうだ。(余談ではあるが、残念ながらモデルのイギリスのように大英博物館に相当する施設がガラル地方にはない。)
この為、前述の人物像と併せて実はマッドサイエンティスト(泥は英語でmud。そこから転じてMadscientistとした…いわゆるシャレの一つ。)なのではないかと疑われている。
しかし、依然として情報は不足しており、今後の作品で彼女のバックボーンが明かされるのが待たれる。

そして余談も余談だが、カセキのサカナとカセキのリュウはよく見るとゲーム中でアイコンまで取り違えられている。流石にただのミスであろうが、何とも不憫なことである…。

この他に、カセキメラの正体についてはメタモンのような不定形のポケモンが様々なポケモンを真似た結果別々のポケモンが混じったかのような姿になったという説人間以前に地球に住んでいた(あるいは飛来した)知的生命体が作ったキメラポケモンを現代で我々が復元したという説、などネット上では現実のオカルト雑誌さながらのぶっ飛んだ考察も飛び交っている。(知的生命体に関しては実際に宇宙人をモデルにしたと思わしきポケモンがいるので無いとも言い切れないのである…。)
エレメントハンターのカサネセッタのように 別々の生き物を合体させる何かが両者を繋ぎ合わせた結果生まれた新生物という事もあるのかもしれない。謎は深まるばかりである。

ただ一つ言えることは方法はどうであれこのポケモン群がトレーナー達の興味を引き、こうして議論の対象になっているという事である。さながら実際の古生物議論のように。


関連イラスト

ソード・シールド化石ポケモン 完全版 予想図


上のイラストは全身の化石が見つかったと仮定した上で、尚も合体可能なのではないか?という仮説を表にしたもの。(左斜め4列が元の体とされるポケモン達である。)

ガラル化石予想
カセキメラの元の姿(想像図)


ガラル化石ポケ正しい復元予想図
カセキメラ もしものすがた


元々の姿はこうであったのではないかという仮説イラスト

カセキメラ(改)


上記の繋ぎ合わせな姿では無く、完全に肉体が合体しあった姿の仮説イラスト。

プトゴラス


他のポケモンでも合体が可能なのではないかという説を基にしたイラスト。順番はどう見てもアレである


関連タグ

ポケモン剣盾 化石ポケモン 人工ポケモン ウカッツ博士
キメラ 合成ポケモン ポケットクリーチャー
黒い任天堂 黒いゲーフリ 公式が病気
パッチラゴン パッチルドン
ウオノラゴン ウオチルドン

ポケモン関連

キュレムネクロズマ繋がり

ミュウツーアニメ映画版での「ロケット団傘下のある科学者が、とある遺跡で発掘されたミュウのまつ毛の化石より採取された遺伝子をベースにして生み出した生命体」という設定がカセキメラの先駆けとも言える。

ガチゴラス『リュウ』の化石ポケモン繋がり。ドラゴンタイプという点や、パッチラゴンウオノラゴンにあった『古代では無敵』という共通点がある。

アマルルガ『クビナガ』の化石ポケモン繋がり。こちらもこおりタイプという点が共通する。また、化石ポケモンの中では唯一のこおりタイプである。

シルヴァディ…同じくキメラポケモンだが、こちらはトレーナーとの絆により進化を果たし生み出された目的を全うしている。伝説ポケモンでは進化前共々唯一の剣盾内定が決まっている事から、関係性が噂されている。また、それぞれの生物が特に生命に支障をきたす事もなく、違和感ない形に仕上がっている。更に、人工ポケモンとしてのバックボーンがしっかりあり、相棒と言えるトレーナーがいる。

ツボツボ…合計種族値が同じなのだが此方は容姿ではなく種族値が歪

その他作品

MOTHER3…任天堂繋がり。3のモンスターに似ていると話題に(ただしこれらのモンスターを生み出したポーキーは悪役であり、生きた生物を改造しているという相違点もある)。

ジュラシックパーク…出てくる恐竜や古生物らは一見すると完全に再生されているように見えるが、実は復元の際に遺伝子的に欠けている部分、未詳な部分を他の生物の遺伝子情報で補填するというこのカセキメラと似たような方法で生み出されている。さらに、『ジュラシック・ワールド』シリーズでは、様々な恐竜の遺伝子を合成して作り出された“ハイブリッド恐竜”という戦闘用の種族まで登場した(カセキメラでいえばパッチラゴンが一番近いか)。

鋼の錬金術師…よく引き合いに出される作品。

究極のコネクション!!


騎士竜戦隊リュウソウジャー…直近のスーパー戦隊シリーズ。二種類の恐竜から別の生物になる合体形態が存在する。
モササウルスディメドロンが合体したスピノサウルス
二匹のヴェロキラプトルが合体した頭部が恐竜のオルトロス?
ティラノサウルスプテラノドンが合体した西洋竜

キングダイナスステゴサウルスティラノサウルスの化石がトリケラトプスの化石を中心に合体した怪獣。特に生きていくのに支障はない構造になっている。

外部リンク

カセキメラとは - ニコニコ大百科
ガラル地方の化石ポケモンとは - アニオタWiki(仮)

関連記事

親記事

化石ポケモン かせきぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カセキメラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1271197

コメント