ピクシブ百科事典

スピンロトム

すぴんろとむ

ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター(モンスター)であるロトムの変異体(フォルムチェンジした姿)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.479
英語名Rotom
ぶんるいプラズマポケモン
タイプでんき / ゴースト(第四世代)→でんき / ひこう(第五世代~)
たかさ0.3m
おもさ0.3kg
とくせいふゆう

概要

第四世代のプラチナで追加されたロトムフォルムチェンジした姿(FCロトム)の一つ。
ロトムを手持ちに入れたままマップ上のどこかにある扇風機を調べることでフォルムチェンジする。
姿はオレンジ色の扇風機を摸したものに変化、体を覆うオーラは黄色になり、さながら巻き起こる風のような形になっている。

スピンロトムとはあくまで分類上の名称で種族名はロトムのままである。
そのためユーザーからは「飛ロトム」などと呼ばれている。

ゲームにおける特徴

フォルムチェンジすることでエアスラッシュが使えるようになった(フォルムを戻したり変えたりすると忘れてしまう)。ただし、他のフォルムの固有技が軒並み威力100超えの大技である一方、スピンロトムだけ威力75のエアスラなのは威力不足が気になるところ。
エアスラッシュ自体は優秀な怯み効果を持つ有用技なのだが、単に怯みを狙うならてんのめぐみ持ちのトゲキッスや、同タイプでもより高速なエモンガの方が使いやすいという状態。

もう少し登場タイミングが遅ければぼうふうを貰えていただろうに悔やまれる所である。それはそれで命中不安と付き合っていく必要があるが。

第四世代まではノーマルロトムと同じタイプだったが、第五世代からはタイプがでんき/ひこうに変わった。これによって、ふゆうが実質死に特性と化してしまった。一応特性やタイプを書き変えられてもじめんタイプ無効の耐性が変わらないという利点はあるが、うちおとすを喰らうと両方まとめて無力化されるというのは内緒。

でんき/ひこう複合には準伝説の優秀なポケモンが多く、サンダーボルトロスと比べるとステータスでは大きく見劣りする。ただしロトム特有の補助技や、両者が使用できないエアスラッシュの活用で差別化自体は十分可能。
とはいえ、ボルトロスはけしんフォルムでの特性がいたずらごころであり、やはり厚い壁となってしまう。

正直なところFCロトムでは不遇と言わざるをえない立ち位置であり、第7世代時点ではフォルムチェンジ中最低の使用率をマークしている……どころか、フォルムチェンジ前のゴーストロトムにすら使用率で劣っているという惨状だった。


しかし時は移り第8世代、なんと上記のでんき/ひこう複合ポケモンがスピンロトム以外登場しないという大チャンスが到来する。
また、今作では地面枠として特性かたやぶり」のドリュウズがトップメタとして定着。ドリュウズのかたやぶり地震は他のフォルムだと弱点もしくは等倍ダメージになるのに対し、タイプ相性により無効化というロトム系で唯一の個性を得た。
エアスラッシュの技威力不足もダイマックスすれば気にならず、更にはこれまたロトム系で唯一のダイジェット使いになれるという強烈な個性を獲得。わるだくみも習得した事により、一気に積みエースとしてのポテンシャルを得るに至った。

ヒートウォッシュが未だ環境最上位に位置しているため枠を割くのは難しいが、使用率はロトム系で最下位だった状況からは脱出することに成功している。

関連イラスト

せんぷうき


関連タグ

家電 フォルムチェンジ
ロトム ヒートロトム ウォッシュロトム フロストロトム カットロトム

関連記事

親記事

ロトム ろとむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スピンロトム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15915

コメント