ピクシブ百科事典

フロストロトム

ふろすとろとむ

ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター(モンスター)であるロトムの変異体(フォルムチェンジした姿)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.479
英語名Rotom
ぶんるいプラズマポケモン
タイプでんき / ゴースト(4世代)→でんき / こおり(5世代以降)
たかさ0.3m
おもさ0.3kg
とくせいふゆう


第四世代のプラチナで追加されたロトムフォルムチェンジした姿(FCロトム)の一つ。
ロトムを手持ちに入れたままマップ上のどこかにある冷蔵庫を調べることでフォルムチェンジする。
姿はオレンジ色の冷蔵庫を摸した姿に変化、体を覆うオーラは紫になる。しかし大きさは変わっていないため冷蔵庫にしてはかなり小さい。
とはいえ冷蔵庫と言えば大型というイメージがあるからか、実際より大きく描かれる事が多い。

フロストロトムとはあくまで分類上の名称で種族名はロトムのままである。
そのためユーザーからは「氷ロトム」「フロスト」などと呼ばれている。

ゲームにおける特徴

フォルムチェンジすることでふぶきが使えるようになった(フォルムを戻したり変えたりすると忘れてしまう)。

第四世代まではノーマルロトムと同じタイプだったが、第五世代からはタイプがでんき/こおりという唯一の組み合わせに変わる。元々でんきタイプのサブウェポンにはこおりタイプが採用されることが多く、相性補完的にも攻撃面で優秀なタイプである。

一方こおり複合というタイプ上、防御面の耐性は他のフォルムに大きく劣る。
こおりタイプとして見ると鋼が等倍なのでハッサムバレットパンチなどで大ダメージを受けにくいのはメリットと言える。

元々こおりタイプで主砲がふぶきなので、めざパ氷を狙わなくていいというのはうれしい。
しかしふぶきは技としては命中不安であり、れいとうビームを覚えられないのが不安要素。
主戦場はダブルやトリプルなどの複数戦。
ユキノオーと合わせてふぶきを連射するのはもちろん、氷を半減する水タイプや鋼タイプに一致の電気技を撃てる、物理の多い鋼や格闘に対しておにびが使える、こだわりアイテムでトリックを使うなど、グレイシアには無い柔軟性を持つ。

しかしあられパやそのメタ以外ではさっぱりと言った所。
やはり洗濯機レンジが使いやす過ぎるということだろうか。

長らく「こおり/でんき」というタイプはフロストロトム固有のものだったが、第八世代では同タイプのパッチルドンが登場した。
向こうとは技のバリエーションや種族値の傾向が違うので何も考えなくても差別化自体には困らないが、ややピーキー気味なこちらの採用意義を見出したいところ。

関連イラスト

先客が居ました


関連タグ

家電 フォルムチェンジ
ロトム ヒートロトム ウォッシュロトム スピンロトム カットロトム

関連記事

親記事

ロトム ろとむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フロストロトム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10088

コメント