ピクシブ百科事典

ヒートロトム

ひーとろとむ

ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター(モンスター)であるロトムの変異体(フォルムチェンジした姿)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.479
英語名Rotom
ぶんるいプラズマポケモン
タイプでんき / ゴースト(第四世代)→でんき / ほのお(第五世代~)
たかさ0.3m
おもさ0.3kg
とくせいふゆう

概要

第四世代のプラチナで追加されたロトムフォルムチェンジした姿(FCロトム)の一つ。
ロトムを手持ちに入れたままマップ上のどこかにある電子レンジを調べることでフォルムチェンジする。
姿はオレンジ色の電子レンジを摸したものに変化、体を覆うオーラは赤になり、腕を思わせる部分はミトンのようになっている。

ヒートロトムとはあくまで分類上の名称で種族名はロトムのままである。
そのためユーザーからは「炎ロトム」「ヒトム」などと呼ばれている。

ゲームにおける特徴

フォルムチェンジすることでオーバーヒートが使えるようになった(フォルムを戻したり変えたりすると忘れてしまう)。
第四世代まではノーマルロトムと同じタイプだったが、第五世代からはタイプがでんき/ほのおという唯一の組み合わせに変わる。ふゆうによって4倍弱点のじめんを無効化でき、弱点はみずといわのみ、耐性も8つとノーマルロトムに次いで最も多い。ただしかたやぶりじしんには注意。

でんき技とほのお技の組み合わせは攻撃範囲が広く、他のFCロトムが止まってしまうナットレイユキノオーを容易に突破できるのが強み。
さらにタイプの組み合わせ上まひ状態ややけど状態にもならない。対戦ではメジャーな状態異常が二つも無効化出来るのはかなり大きい。
特にやけど状態無効のおかげで最後っ屁におにびを撒いてくるファイアローにはウォッシュロトム以上に安定して立ち回れる。もちろんかえんだまトリックとも相性がよい。
そのため対戦ではウォッシュロトムに次いで人気が高く、こだわり系アイテムを持たせて撃ち逃げに特化される事が多い。

ただ、でんき技とほのお技を両方半減する相手は決して少なくなく、特にドラゴンタイプやみず/じめん複合を呼びやすい。そのため、アタッカーとして使うならめざめるパワーが欲しい所。タイプの候補は水・草・氷辺りが多い。
また、ほのお技がオーバーヒート一択であるため、みがわりなどで受け流されると苦しくなるなど使い勝手が悪い部分もある。

関連イラスト

ヒートロトム


関連タグ

家電 フォルムチェンジ
ロトム ウォッシュロトム フロストロトム スピンロトム カットロトム

関連記事

親記事

ロトム ろとむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒートロトム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29214

コメント