ピクシブ百科事典

雪原の再会

せつげんのさいかい

アニメ『ポケットモンスター(第7シリーズ)』のサブタイトル(の一部)。
目次[非表示]

概要

新無印編第111話のサブタイトルの一部。
サブタイトルは『リーリエとモーン 雪原の再会』。
原作(ゲーム)とは違い、リーリエとモーンが再会を果たす。

あらすじ

ガラル地方・カンムリ雪原で「不思議なポケモンを見た」との情報が入った。サトシ・ゴウ・コハルは、調査のためにカンムリ雪原へと向かう。時同じくして、サトシがアローラ地方で友達になったリーリエも、兄のグラジオ・母のルザミーネと一緒に、行方不明になった父・モーンを探してカンムリ雪原を訪れようとしていた…!

行方不明のモーン

マギアナが指し示す光はカンムリ雪原を指していた。
吹雪の中、サトシ達は情報のポケモン探し、リーリエ達はもうすぐ会えそうな父親探しをしていた。

真実

黄色いウツロイドはウルトラホールに入ってしまったモーンを元の世界に帰し、寂しくならぬよう、リーリエに成り代わって暮らしていた。自分の正体を知ったら帰らなくてはいけなくなってしまうと思ったウツロイドは鏡を隠し、窓を曇らせ、偽りのリーリエを演じていた。
モーンが鏡を見ると記憶を取り戻した。
そしてウツロイドは帰ろうとするが…
リーリエ「行かないで、リーリエ(ウツロイド)」
モーン「私からも頼むよ、リーリエ。君がいなければ、こうして家族に会うことは出来なかった。君さえよければ私たちとずっと一緒に暮らさないか?」
ルザミーネ「いい考えだわ、モーン」
グラジオ「俺も賛成だ。」

リーリエ「2人のリーリエですね」

モーン「帰ろう、一緒に」

こうして行方不明だったモーンと再会し、ウツロイドを家族として受け入れた。

原作とアニメの違い

原作(ゲーム)では、まずサン・ムーンでは父のモーンは登場せず、ウルトラサン・ウルトラムーンでは再会するも「どこかで会いましたか?」と言ってしまい別れを告げてしまう。
この回ではカンムリ雪原でリーリエ達とモーンが再会する。しかし、記憶喪失でウツロイドを娘だと思い込んでいる。

つまりまとめるとゲームではあまり接点もなく、覚えていない。アニメでは本当に生きており、存在が完全に明かされている、違う場所に飛ばされており、ウツロイドを娘を思い込んでいた。

余談

今回も色違いのポケモンの登場回であり、サトシに続いて2人目(?)のウルトラビーストの所持者となった回である。

関連タグ

新無印編サブタイトル一覧
ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ)
リーリエ
モーン
グラジオ
ルザミーネ
ウツロイド

関連記事

親記事

新無印編サブタイトル一覧 しんむじるしへんさぶたいとるいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「雪原の再会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました