ピクシブ百科事典

カムカメ

かむかめ

カムカメとはポケットモンスターソード/シールドに登場するポケモンである。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.833
ぶんるいくいつきポケモン
タイプみず
たかさ0.3m
おもさ8.5kg
とくせいがんじょうあご/シェルアーマー/すいすい(隠れ特性)


進化

カムカメカジリガメ(Lv.22)

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するポケモン。頭にコブの様なツノが生えた小さいカメの姿をしている。
適応力や繁殖力に優れており、ガラル地方では水辺なら大抵お目にかかれるメジャーな存在。

先行公開されていたカジリガメの進化前で、色合いやモチーフなどからカジリガメに進化する事が伺えるデザインだが、進化すると顔付きや印象が大幅に変わる辺りなんともカメらしい。

カムカメ


モーションでもわかる通り、メチャクチャ大きく開く口が特徴で、目の前に何かあるととりあえず噛み付こうとするが、これは生えかけの歯がとても痒いらしくそれを抑える為にする行動なのだとか。

一方、頭のツノは岩と同じぐらい硬く、頭突きで敵を怯ませて噛み付き攻撃をお見舞いする。
ずつきかみつくも相手を怯ませる効果があるので敵を怯ませる攻撃を二回もやっていることになる。

一見、無謀に突っ込んで来る子供に見えて合理的な戦術を使ってくる辺り、中々侮れない潜在能力を秘めたポケモンである。

アニポケでは

新無印13話で、野生のポケモンとして初登場。サカキから「キョダイマックス出来るポケモンを捕獲する」任務を受けたものの、そのポケモンを捕獲し損ね落ち込んでいたムコニャのところに現れた。コジロウの指に噛み付いていたところをそのままロケット団本部に送っていた。噛む力はそれ程強くない。ニャースの翻訳によると一人称は「オレ」。

後に17話でロケット・ガチャットで登場して、ムサシが使役。初動は遅いが強力な攻撃を行ったことに当人も驚いていた。

更に58話のBパートでは、ソーナンスが初めてガチャを回したところ、ガチャ2度目の登場を果たす。公園内でナエトルと徒競走を始めたところ、全ての亀ポケモンが集結するという事態になった。

使用技は「みずでっぽう」「かみつく」「ずつき」。

関連タグ

ポケモン剣盾
みずタイプ

関連記事

親記事

みずタイプ みずたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カムカメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82442

コメント