ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ブレイヴとは、劇場版「機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」に登場するモビルスーツ。

機体データ

機体データ

機体番号GNX-Y903VS
頭頂高20.2m
総重量61.5t
所属地球連邦平和維持軍
パイロットソルブレイヴス隊兵士

概要

概要

劇場版機動戦士ガンダム00A wakening of the Trailblazer」に登場するモビルスーツ。


マスラオスサノオ)を原型に旧ユニオン・旧AEUの技術陣が共同開発した、地球連邦軍の次期主力機候補の1機。マスラオ(スサノオ)に似た胴体とユニオンフラッグに似た頭部とAEUイナクトに似た四肢を持つ。

機体名の「ブレイヴ(Brave)」は、「マスラオ(益荒男=勇敢な者)」を似た意味を持つ英語に置き換えた呼称であり、900ナンバー機に与えられた初の正式名称である。

CBの技術を土台とするジンクス系に比べ、こちらは多分に独自色の強い技術が投入されている。


西暦2314年時では性能評価の段階にあり、本機専門の試験運用部隊「ソルブレイヴス」隊に指揮官機1機を含む6機が配備されている。

最大の特徴はフラッグ以来の変形機構の復活であり、格闘戦に特化していた原型機から、再び汎用機としての設計に差し戻された。

変形方式もフラッグを踏襲しているが、剥き出しだった両腕が両脚の間に格納されるなど、進化した面も見られる。

また、戦闘機動中の変形を容易とするため、専用の新型OSLEIFを採用している。

一般的なモビルスーツよりも航続距離が長く緊急展開も容易であるため、一般機とは別に特殊部隊で運用する事も想定されている。


戦闘機動中の変形、特にグラハムが行った「グラハム・スペシャル(グラハム・マニューバー)」は、劇場版ではスタンド・マニューバーという名称で使用されている。


両腰には原型機の名残であるサイドバインダーを持ち、大気圏内では内部に格納された主翼を展開する。

原型機は左右のバインダーに各1基ずつ、計2基の擬似太陽炉を搭載していたが、一般機は背部に搭載された1基のみとなっており、サイドバインダーには代わりにGNコンデンサーを搭載している。擬似太陽炉が少ない分扱える粒子量も少ないが、その分大きなパワーに振り回される事なく操縦が容易になっている。

長距離移動の際は、飛行形態の後部に増槽型コンデンサーを接続する。

デザインは福地仁


武装

武装

ドレイクハウリング

オーバーフラッグの「トライデントストライカー」をビーム兵器として発展させた装備で、同じく飛行形態時の機首を兼ねる。

通常射撃モードから、銃身を横に2分割した最大出力モードに変形する。

更に先端の銃身自体を取り外すことで、より連射性能を高めたショートバレルモードとして使用することも可能。


GNキャノン

左右のサイドバインダーに各1門ずつを内蔵する。最大出力モードでは連射の利かないドレイクハウリングのチャージ時間を稼ぐべく装備された。


一般機は粒子消費を抑えるため、口径が小さめだが、指揮官機は口径が大きく、威力も高い。

指揮官機はバインダー先端部分を左右にスライドさせ、砲身を露出させる方式になっている。


トライパニッシャー

スサノオから継承された装備。

本機の場合は、胸部に接続されたドレイクハウリングと左右のGNキャノンを連動させて照射する方式を採用している。


GNビームサーベル

粒子を収束し、純粋なビームの刃を形成する兵器。

左右のサイドバインダーに各1基ずつを格納する。

マスラオのサーベルと異なり、一般的な直剣型の刀身を形成する。

相手が接触厳禁のELSだったためか、劇中での使用は皆無に等しい。


GNビームマシンガン

左右の前腕に内蔵された小型砲。

他の機体が装備するGNバルカンと同様、ミサイルなどの迎撃に使用される。


チャクラムグレネード

両脚に内蔵された特殊武装。

直接的な打撃を与える物ではなく、粒子撹乱により敵のセンサーを無効化するための電子戦装備。


GNミサイル

両脚内部に装備されているミサイル。


30mm機関砲

胸部の左右に内蔵された固定火器で、本機唯一のNGN(非GN粒子)武装。


GNディフェンスロッド・ブレイド

GNフィールド効果を付与したサイドバインダーの主翼を回転させることで、通常のロッドと同等の防御機能を発揮する。

また、すれ違いざまに敵機を切り裂くブレードとしても使える。



劇中での活躍

劇中での活躍

CBがELSとの戦闘で窮地に陥っていたところに颯爽と登場。

機体性能と、パイロット達の高い技量による高機動と射撃を生かした、互いをカバーし合う抜群の連係プレーを披露した(なおグラハムはこの連携を一人で行っている)


最終決戦において、特別に試作機のナンバリングを外され、途中から参加。

GN-XⅣに擬態したELSを中心に相手取り、隊全員でトランザムやパニッシャーを発動するなど、最前線で奮戦した。

地球防衛とCBの進路確保のため奮戦するものの、劇中ではイェーガン機、グラハム機、搭乗者不明の1機の計3機の損失が確認。画集・設定集「VEDA」の記述では最終的に全機損失となっている。


バリエーション

バリエーション

ブレイヴ指揮官用試験機

指揮官用の上位機種。

詳しくはブレイヴ指揮官用試験機を参照。


関連動画

関連動画

関連タグ

関連タグ

機動戦士ガンダム00A_wakening_of_the_Trailblazer モビルスーツ MS

ユニオンリアルド ユニオンフラッグ ユニオンフラッグカスタム オーバーフラッグ GNフラッグ マスラオ/スサノオ ブレイヴ指揮官用試験機 AEUヘリオン AEUイナクト

機体データ

機体データ

機体番号GNX-Y903VS
頭頂高20.2m
総重量61.5t
所属地球連邦平和維持軍
パイロットソルブレイヴス隊兵士

概要

概要

劇場版機動戦士ガンダム00A wakening of the Trailblazer」に登場するモビルスーツ。


マスラオスサノオ)を原型に旧ユニオン・旧AEUの技術陣が共同開発した、地球連邦軍の次期主力機候補の1機。マスラオ(スサノオ)に似た胴体とユニオンフラッグに似た頭部とAEUイナクトに似た四肢を持つ。

機体名の「ブレイヴ(Brave)」は、「マスラオ(益荒男=勇敢な者)」を似た意味を持つ英語に置き換えた呼称であり、900ナンバー機に与えられた初の正式名称である。

CBの技術を土台とするジンクス系に比べ、こちらは多分に独自色の強い技術が投入されている。


西暦2314年時では性能評価の段階にあり、本機専門の試験運用部隊「ソルブレイヴス」隊に指揮官機1機を含む6機が配備されている。

最大の特徴はフラッグ以来の変形機構の復活であり、格闘戦に特化していた原型機から、再び汎用機としての設計に差し戻された。

変形方式もフラッグを踏襲しているが、剥き出しだった両腕が両脚の間に格納されるなど、進化した面も見られる。

また、戦闘機動中の変形を容易とするため、専用の新型OSLEIFを採用している。

一般的なモビルスーツよりも航続距離が長く緊急展開も容易であるため、一般機とは別に特殊部隊で運用する事も想定されている。


戦闘機動中の変形、特にグラハムが行った「グラハム・スペシャル(グラハム・マニューバー)」は、劇場版ではスタンド・マニューバーという名称で使用されている。


両腰には原型機の名残であるサイドバインダーを持ち、大気圏内では内部に格納された主翼を展開する。

原型機は左右のバインダーに各1基ずつ、計2基の擬似太陽炉を搭載していたが、一般機は背部に搭載された1基のみとなっており、サイドバインダーには代わりにGNコンデンサーを搭載している。擬似太陽炉が少ない分扱える粒子量も少ないが、その分大きなパワーに振り回される事なく操縦が容易になっている。

長距離移動の際は、飛行形態の後部に増槽型コンデンサーを接続する。

デザインは福地仁


武装

武装

ドレイクハウリング

オーバーフラッグの「トライデントストライカー」をビーム兵器として発展させた装備で、同じく飛行形態時の機首を兼ねる。

通常射撃モードから、銃身を横に2分割した最大出力モードに変形する。

更に先端の銃身自体を取り外すことで、より連射性能を高めたショートバレルモードとして使用することも可能。


GNキャノン

左右のサイドバインダーに各1門ずつを内蔵する。最大出力モードでは連射の利かないドレイクハウリングのチャージ時間を稼ぐべく装備された。


一般機は粒子消費を抑えるため、口径が小さめだが、指揮官機は口径が大きく、威力も高い。

指揮官機はバインダー先端部分を左右にスライドさせ、砲身を露出させる方式になっている。


トライパニッシャー

スサノオから継承された装備。

本機の場合は、胸部に接続されたドレイクハウリングと左右のGNキャノンを連動させて照射する方式を採用している。


GNビームサーベル

粒子を収束し、純粋なビームの刃を形成する兵器。

左右のサイドバインダーに各1基ずつを格納する。

マスラオのサーベルと異なり、一般的な直剣型の刀身を形成する。

相手が接触厳禁のELSだったためか、劇中での使用は皆無に等しい。


GNビームマシンガン

左右の前腕に内蔵された小型砲。

他の機体が装備するGNバルカンと同様、ミサイルなどの迎撃に使用される。


チャクラムグレネード

両脚に内蔵された特殊武装。

直接的な打撃を与える物ではなく、粒子撹乱により敵のセンサーを無効化するための電子戦装備。


GNミサイル

両脚内部に装備されているミサイル。


30mm機関砲

胸部の左右に内蔵された固定火器で、本機唯一のNGN(非GN粒子)武装。


GNディフェンスロッド・ブレイド

GNフィールド効果を付与したサイドバインダーの主翼を回転させることで、通常のロッドと同等の防御機能を発揮する。

また、すれ違いざまに敵機を切り裂くブレードとしても使える。



劇中での活躍

劇中での活躍

CBがELSとの戦闘で窮地に陥っていたところに颯爽と登場。

機体性能と、パイロット達の高い技量による高機動と射撃を生かした、互いをカバーし合う抜群の連係プレーを披露した(なおグラハムはこの連携を一人で行っている)


最終決戦において、特別に試作機のナンバリングを外され、途中から参加。

GN-XⅣに擬態したELSを中心に相手取り、隊全員でトランザムやパニッシャーを発動するなど、最前線で奮戦した。

地球防衛とCBの進路確保のため奮戦するものの、劇中ではイェーガン機、グラハム機、搭乗者不明の1機の計3機の損失が確認。画集・設定集「VEDA」の記述では最終的に全機損失となっている。


バリエーション

バリエーション

ブレイヴ指揮官用試験機

指揮官用の上位機種。

詳しくはブレイヴ指揮官用試験機を参照。


関連動画

関連動画

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ブレイヴ(機動戦士ガンダム00)
21
ブレイヴ(機動戦士ガンダム00)
21
ブレイヴとは、劇場版「機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」に登場するモビルスーツ。

機体データ

機体データ

機体番号GNX-Y903VS
頭頂高20.2m
総重量61.5t
所属地球連邦平和維持軍
パイロットソルブレイヴス隊兵士

概要

概要

劇場版機動戦士ガンダム00A wakening of the Trailblazer」に登場するモビルスーツ。


マスラオスサノオ)を原型に旧ユニオン・旧AEUの技術陣が共同開発した、地球連邦軍の次期主力機候補の1機。マスラオ(スサノオ)に似た胴体とユニオンフラッグに似た頭部とAEUイナクトに似た四肢を持つ。

機体名の「ブレイヴ(Brave)」は、「マスラオ(益荒男=勇敢な者)」を似た意味を持つ英語に置き換えた呼称であり、900ナンバー機に与えられた初の正式名称である。

CBの技術を土台とするジンクス系に比べ、こちらは多分に独自色の強い技術が投入されている。


西暦2314年時では性能評価の段階にあり、本機専門の試験運用部隊「ソルブレイヴス」隊に指揮官機1機を含む6機が配備されている。

最大の特徴はフラッグ以来の変形機構の復活であり、格闘戦に特化していた原型機から、再び汎用機としての設計に差し戻された。

変形方式もフラッグを踏襲しているが、剥き出しだった両腕が両脚の間に格納されるなど、進化した面も見られる。

また、戦闘機動中の変形を容易とするため、専用の新型OSLEIFを採用している。

一般的なモビルスーツよりも航続距離が長く緊急展開も容易であるため、一般機とは別に特殊部隊で運用する事も想定されている。


戦闘機動中の変形、特にグラハムが行った「グラハム・スペシャル(グラハム・マニューバー)」は、劇場版ではスタンド・マニューバーという名称で使用されている。


両腰には原型機の名残であるサイドバインダーを持ち、大気圏内では内部に格納された主翼を展開する。

原型機は左右のバインダーに各1基ずつ、計2基の擬似太陽炉を搭載していたが、一般機は背部に搭載された1基のみとなっており、サイドバインダーには代わりにGNコンデンサーを搭載している。擬似太陽炉が少ない分扱える粒子量も少ないが、その分大きなパワーに振り回される事なく操縦が容易になっている。

長距離移動の際は、飛行形態の後部に増槽型コンデンサーを接続する。

デザインは福地仁


武装

武装

ドレイクハウリング

オーバーフラッグの「トライデントストライカー」をビーム兵器として発展させた装備で、同じく飛行形態時の機首を兼ねる。

通常射撃モードから、銃身を横に2分割した最大出力モードに変形する。

更に先端の銃身自体を取り外すことで、より連射性能を高めたショートバレルモードとして使用することも可能。


GNキャノン

左右のサイドバインダーに各1門ずつを内蔵する。最大出力モードでは連射の利かないドレイクハウリングのチャージ時間を稼ぐべく装備された。


一般機は粒子消費を抑えるため、口径が小さめだが、指揮官機は口径が大きく、威力も高い。

指揮官機はバインダー先端部分を左右にスライドさせ、砲身を露出させる方式になっている。


トライパニッシャー

スサノオから継承された装備。

本機の場合は、胸部に接続されたドレイクハウリングと左右のGNキャノンを連動させて照射する方式を採用している。


GNビームサーベル

粒子を収束し、純粋なビームの刃を形成する兵器。

左右のサイドバインダーに各1基ずつを格納する。

マスラオのサーベルと異なり、一般的な直剣型の刀身を形成する。

相手が接触厳禁のELSだったためか、劇中での使用は皆無に等しい。


GNビームマシンガン

左右の前腕に内蔵された小型砲。

他の機体が装備するGNバルカンと同様、ミサイルなどの迎撃に使用される。


チャクラムグレネード

両脚に内蔵された特殊武装。

直接的な打撃を与える物ではなく、粒子撹乱により敵のセンサーを無効化するための電子戦装備。


GNミサイル

両脚内部に装備されているミサイル。


30mm機関砲

胸部の左右に内蔵された固定火器で、本機唯一のNGN(非GN粒子)武装。


GNディフェンスロッド・ブレイド

GNフィールド効果を付与したサイドバインダーの主翼を回転させることで、通常のロッドと同等の防御機能を発揮する。

また、すれ違いざまに敵機を切り裂くブレードとしても使える。



劇中での活躍

劇中での活躍

CBがELSとの戦闘で窮地に陥っていたところに颯爽と登場。

機体性能と、パイロット達の高い技量による高機動と射撃を生かした、互いをカバーし合う抜群の連係プレーを披露した(なおグラハムはこの連携を一人で行っている)


最終決戦において、特別に試作機のナンバリングを外され、途中から参加。

GN-XⅣに擬態したELSを中心に相手取り、隊全員でトランザムやパニッシャーを発動するなど、最前線で奮戦した。

地球防衛とCBの進路確保のため奮戦するものの、劇中ではイェーガン機、グラハム機、搭乗者不明の1機の計3機の損失が確認。画集・設定集「VEDA」の記述では最終的に全機損失となっている。


バリエーション

バリエーション

ブレイヴ指揮官用試験機

指揮官用の上位機種。

詳しくはブレイヴ指揮官用試験機を参照。


関連動画

関連動画

関連タグ

関連タグ

機動戦士ガンダム00A_wakening_of_the_Trailblazer モビルスーツ MS

ユニオンリアルド ユニオンフラッグ ユニオンフラッグカスタム オーバーフラッグ GNフラッグ マスラオ/スサノオ ブレイヴ指揮官用試験機 AEUヘリオン AEUイナクト

機体データ

機体データ

機体番号GNX-Y903VS
頭頂高20.2m
総重量61.5t
所属地球連邦平和維持軍
パイロットソルブレイヴス隊兵士

概要

概要

劇場版機動戦士ガンダム00A wakening of the Trailblazer」に登場するモビルスーツ。


マスラオスサノオ)を原型に旧ユニオン・旧AEUの技術陣が共同開発した、地球連邦軍の次期主力機候補の1機。マスラオ(スサノオ)に似た胴体とユニオンフラッグに似た頭部とAEUイナクトに似た四肢を持つ。

機体名の「ブレイヴ(Brave)」は、「マスラオ(益荒男=勇敢な者)」を似た意味を持つ英語に置き換えた呼称であり、900ナンバー機に与えられた初の正式名称である。

CBの技術を土台とするジンクス系に比べ、こちらは多分に独自色の強い技術が投入されている。


西暦2314年時では性能評価の段階にあり、本機専門の試験運用部隊「ソルブレイヴス」隊に指揮官機1機を含む6機が配備されている。

最大の特徴はフラッグ以来の変形機構の復活であり、格闘戦に特化していた原型機から、再び汎用機としての設計に差し戻された。

変形方式もフラッグを踏襲しているが、剥き出しだった両腕が両脚の間に格納されるなど、進化した面も見られる。

また、戦闘機動中の変形を容易とするため、専用の新型OSLEIFを採用している。

一般的なモビルスーツよりも航続距離が長く緊急展開も容易であるため、一般機とは別に特殊部隊で運用する事も想定されている。


戦闘機動中の変形、特にグラハムが行った「グラハム・スペシャル(グラハム・マニューバー)」は、劇場版ではスタンド・マニューバーという名称で使用されている。


両腰には原型機の名残であるサイドバインダーを持ち、大気圏内では内部に格納された主翼を展開する。

原型機は左右のバインダーに各1基ずつ、計2基の擬似太陽炉を搭載していたが、一般機は背部に搭載された1基のみとなっており、サイドバインダーには代わりにGNコンデンサーを搭載している。擬似太陽炉が少ない分扱える粒子量も少ないが、その分大きなパワーに振り回される事なく操縦が容易になっている。

長距離移動の際は、飛行形態の後部に増槽型コンデンサーを接続する。

デザインは福地仁


武装

武装

ドレイクハウリング

オーバーフラッグの「トライデントストライカー」をビーム兵器として発展させた装備で、同じく飛行形態時の機首を兼ねる。

通常射撃モードから、銃身を横に2分割した最大出力モードに変形する。

更に先端の銃身自体を取り外すことで、より連射性能を高めたショートバレルモードとして使用することも可能。


GNキャノン

左右のサイドバインダーに各1門ずつを内蔵する。最大出力モードでは連射の利かないドレイクハウリングのチャージ時間を稼ぐべく装備された。


一般機は粒子消費を抑えるため、口径が小さめだが、指揮官機は口径が大きく、威力も高い。

指揮官機はバインダー先端部分を左右にスライドさせ、砲身を露出させる方式になっている。


トライパニッシャー

スサノオから継承された装備。

本機の場合は、胸部に接続されたドレイクハウリングと左右のGNキャノンを連動させて照射する方式を採用している。


GNビームサーベル

粒子を収束し、純粋なビームの刃を形成する兵器。

左右のサイドバインダーに各1基ずつを格納する。

マスラオのサーベルと異なり、一般的な直剣型の刀身を形成する。

相手が接触厳禁のELSだったためか、劇中での使用は皆無に等しい。


GNビームマシンガン

左右の前腕に内蔵された小型砲。

他の機体が装備するGNバルカンと同様、ミサイルなどの迎撃に使用される。


チャクラムグレネード

両脚に内蔵された特殊武装。

直接的な打撃を与える物ではなく、粒子撹乱により敵のセンサーを無効化するための電子戦装備。


GNミサイル

両脚内部に装備されているミサイル。


30mm機関砲

胸部の左右に内蔵された固定火器で、本機唯一のNGN(非GN粒子)武装。


GNディフェンスロッド・ブレイド

GNフィールド効果を付与したサイドバインダーの主翼を回転させることで、通常のロッドと同等の防御機能を発揮する。

また、すれ違いざまに敵機を切り裂くブレードとしても使える。



劇中での活躍

劇中での活躍

CBがELSとの戦闘で窮地に陥っていたところに颯爽と登場。

機体性能と、パイロット達の高い技量による高機動と射撃を生かした、互いをカバーし合う抜群の連係プレーを披露した(なおグラハムはこの連携を一人で行っている)


最終決戦において、特別に試作機のナンバリングを外され、途中から参加。

GN-XⅣに擬態したELSを中心に相手取り、隊全員でトランザムやパニッシャーを発動するなど、最前線で奮戦した。

地球防衛とCBの進路確保のため奮戦するものの、劇中ではイェーガン機、グラハム機、搭乗者不明の1機の計3機の損失が確認。画集・設定集「VEDA」の記述では最終的に全機損失となっている。


バリエーション

バリエーション

ブレイヴ指揮官用試験機

指揮官用の上位機種。

詳しくはブレイヴ指揮官用試験機を参照。


関連動画

関連動画

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    妹はシスコン兄がめんどくさい

    ヨシミズ

    読む
  3. 3

    いびってこない義母と義姉

    おつじ

    読む

pixivision

カテゴリー