ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CP‐0

さいふぁーぽーるいーじすぜろ

CP-0とは、少年漫画『ONE PIECE』に登場する諜報機関である。
目次 [非表示]

概要編集

正式名称は「サイファーポール"イージス"ゼロ」

世界政府の諜報機関サイファーポールの0〜9まで存在する中での最上級に位置する組織で、"世界最強の諜報機関"と呼ばれる。また、所属者の中でも別格の者は仮面を着用しており「"仮面殺し屋"」と呼ばれる。


トップの「総監」指揮の下、世界貴族の直属として動いている。

具体的には世界貴族の命令による政治的活動に諜報、天竜人の警護及びその命による暴力誘拐、裏社会での武器の管理、天上金の流通経路の警護などを主な任務とする。


一方、時に五老星の「もっと上」からの命令に従い、海軍を軽視した行動も行うことから、現・海軍元帥のサカズキからは「天竜人傀儡」と称され忌み嫌われている。

その権力は絶大ながら、五老星から世界政府の未来を左右する特に重要な任務を任せられることもあるため、命の危険を伴う任務を行うこともある。


詳細編集

メンバーは、他のCP1〜9のメンバーとは真逆に、純白のスーツと帽子(アニメ版の描写)を着用し、勲章を着ける者もいるなど、一見すると諜報機関とは思えない程目立っている。しかし、任務を行う際等には顔にはウォーターセブン潜伏時にCP9が着用していたような民族がつけていそうな仮装用の仮面を被っており、素顔はバレないようにしている他、偽りの職業を持っていたりと任務によってはそのような事をして素性を明かさないようしている。

公的には「存在しない」扱いのCP9と違い、後述のように一般市民にも存在自体は知られているため、あえて目立つ格好をするのも威圧を目的としている可能性も有る。


CP-0がその場にいる時点で世界政府の厄介者を排除しに来た事になるため、ニコ・ロビン曰く「CP-0が動いた時に良い事は起きない」、元王下七武海ジンベエ「奴らが動く時は歴史的な大事件が起こる予兆と言われる」と評している。相当厄介な組織であるらしく、ドレスローザに現れた際は世界政府と因縁深いロビンや元世界政府科学者シーザー・クラウンはかなり警戒し、王下七武海のトラファルガー・ローも驚いていた。


また、海軍本部の機密特殊部隊であるSWORDの詳細も知っており、その行動目的上「不都合」として対立関係に有る模様。

正にAIGIS=盾とSWORD=剣の関係と言える。

どちらも一応政府側の組織ではあるものの、こちらは世界政府直属なのに対しSWORDの方は海軍が指揮をとっているため、上述の通り目的が噛み合わないこともあるようで、その時は政府側同士にもかかわらず戦闘を繰り広げる事も。


実力に関しては、ロビン曰くマスクを着けたメンバーはCP-0の中でも別格とのこと。

実際にモコモ公国ミンク族の戦士達からは異常な強さと評されており、劇中では、すでに手負いだったとはいえ動物系古代種の能力者であるX・ドレークを手こずりながらも撃破し、スクラッチメン・アプーは敵わないと考え逃走を選んだ。

古代巨人族の失敗作であるナンバーズを容易く撃破した他、すでに重傷だったとはいえ元白ひげ海賊団隊長のイゾウは相討ちを狙う等、おそらく能力者ではなく六式を駆使した体術使いであっても、最悪の世代王下七武海クラスに比肩する実力者でもある。

五老星曰く「特級のエージェント」であり、1人失うだけでもかなりの痛手らしい。


なお、これらが判明する前に放送されたTVスペシャル『ハートオブゴールド』では、ジスモンダマッド・トレジャーに倒されている。


所属メンバー編集

作中登場順。

氏名能力等特記事項
ゲルニカ仮面の殺し屋。ドレスローザから登場した白塗り顔の男。
ヨセフ手長族仮面の殺し屋。ドレスローザから登場。シルクハットを被っている。
ジスモンダ仮面の殺し屋。ドレスローザ、世界会議に登場した、赤い仮面の男
ロブ・ルッチネコネコの実モデル""仮面の殺し屋。2年前はCP9
スパンダム2年前はCP9の司令長官
カクウシウシの実モデル"麒麟"仮面の殺し屋。2年前はCP9
ステューシー不明(動物系)仮面の殺し屋。表の顔は“歓楽街の女王”の異名を持つ裏社会の大物
マハ仮面の殺し屋。ワノ国から登場した丸顔のひょっとこ面。仮面は下の持ち手で両手、戦闘時は片手で持って使用
カリファアワアワの実2年前はCP9
ブルーノドアドアの実2年前はCP9
クマドリ2年前はCP9
ジャブライヌイヌの実モデル""2年前はCP9
フクロウ2年前はCP9

全体の人数は不詳なので、この他にメンバーがいる可能性は高い。


恐らく初登場時から仮面エージェントだったメンバーの名前は、ピカソの『ゲルニカ』、ゴヤの『裸のマハ』『着衣のマハ』、ラトゥールの『聖ヨセフ』、ミュシャの『ジスモンダ』と、西洋絵画が由来と思われる。


動向編集

本編編集

ドレスローザ編集

CP-AIGIS 0

(イラスト左から順に)ヨセフ、ゲルニカ、ジスモンダの3人組が初登場。ドンキホーテ・ドフラミンゴの王位放棄及び七武海脱退が誤報であったことを伝えるために現れた。


ドレスローザで勃発した戦いが集結した3日後には、地下に残されているはずの武器及び密売リストを回収するべくロブ・ルッチカクスパンダムが現れた。この際にCP9の頃には一応上司と部下の関係だったスパンダムとルッチの立場が逆転していることが示唆された。


ホールケーキアイランド編集

ビッグ・マムのお茶会に参加していた歓楽街の女王ステューシーがCP-0であることが判明。

状況を見極めつつ自分の正体を知るモルガンズと共に万国を脱出した。


世界会議編集

ルッチ、カク、ステューシーの3人及びジスモンダが登場。天竜人であるチャルロス聖を守り、結果的には戦争の火種を消す。


ワノ国編集

  • 第二幕

ドレスローザ編に登場したゲルニカとヨセフ、そして初登場となるマハがワノ国に入国。

ドフラミンゴ逮捕の影響を受けてワノ国将軍の黒炭オロチと直接武器取引の交渉を行うこととなるが、カイドウがバックに着いている為に、オロチは世界政府の対応を恐れず強気の姿勢を見せていたため、Dr.ベガパンクの要求などの無理難題を叩きつけられ交渉は難航していた。

また、都で活動中のところをX・ドレークに目撃される。


  • 第三幕

金色神楽当日は鬼ヶ島での戦況を傍観・解説していたが、ロブ・ルッチを通じて"上"から指令が下り、ロビンを捕獲する為にゲルニカとマハが動き出す。追跡中の所をミンク族に阻まれたり、黒炭カン十郎が作り出した火前坊に飲み込まれたものの無事に生存。


その後、遭遇したアプーがモルガンズに情報を売ることを仄めかすなどして挑発した為に指銃で攻撃。更にアプーを追っていたX・ドレークもその正体を知っていた為消そうとするも、武装色で防御していたアプーに逆襲され、そのまま2人と交戦する運びになり、最終的には手こずったもののドレークと三鬼を返り討ちにした上、アプーと一美を敗走させた。


そしてロビンの捕獲も手こずっている事を同僚に連絡。

城まで火の手が回って来た事や飛び六胞だけでは無く、最高幹部の大看板も全滅し、残すはシャーロット・リンリンとカイドウの二人だけとなった事でそろそろ脱出の準備を推奨した他、無論この2人でもこれまでの善戦を全て無意味にする程の力を持っている怪物で有る事も知った上で、万が一「新世代」が勝利する様な事が有ればそれは一大ニュースで有り、今世界中で起きている事件に追い風を与える事になり、ここからの数分の出来事は時代を分けると言う連絡を受けたが、同時に「ここが人類の限界じゃねェか?」とも返していた。


その後、元白ひげ海賊団16番隊隊長にしておでんの家臣の1人だったイゾウと遭遇。本来なら歴史上重大な罪を犯した白ひげ海賊団の残党であるイゾウは立場上放ってはおけないが、今は麦わらの一味に用が有る為、今回は会わなかった事にしてまた何処かで会う事にしようと、その場を去ろうとする。しかしイゾウが麦わらの一味を狙う彼らを見逃すはずがなく、戦闘になり、結果マハがイゾウと相討ちになってしまう。


そこへ更に"上"から、五老星からの勅令として現在カイドウと戦闘中の麦わらのルフィを消せとの命令が入る。

ゲルニカはカイドウとルフィの戦いを邪魔するのは不可能と反論するが、五老星にとっても余裕などない状況であり、「不可能は承知の上」「世界トップクラスの戦いだからこそ危険」「"万が一"の事も有ると返されてしまう。


ゲルニカは向かおうとするも、まだ生きていたドレークに背後からサーベルで腹を貫通されて瀕死の重症を負い、ドレークに理由を訊くと「おれの正義だ」と答え、リーダー格の男は、世界政府からの命令を遂行しているだけでそこに本意はない自身の立場と比較したのか、「うらやましいよ……」と語った後、ドレークに対して指銃で再びダウンさせた。


そしてゲルニカはカイドウとルフィの戦いに乱入し、不意を突いて鉄塊でルフィを掴んで動きを封じ、カイドウの"咆雷八卦"をルフィへ直撃させた。

当然カイドウの怒りを買うことは承知の上だったため、瀕死の状態も重なって逃げることも抵抗することもなくその場で激昂したカイドウにその覚悟を認められながらも、そのまま八斎戒で粉砕された(しかしその後覚醒したルフィの姿写真を撮影・転送した事から、一応生存はした模様)。


生き残ったヨセフは周りの様子を伺った後に月歩で一足先に鬼ヶ島から脱出し、ワノ国近海にて待機していた政府の船に乗り込み、五老星にゾウが霧の中へ消えた事で、開国はまだしない事が決まった事や、ロビンは必ず連れて帰る事についての指令を受けた。

そこへ電伝虫の妨害念波が発生し、誰かからの通信が入る。


決戦決着より一週間後、四皇2名の陥落を報じたモルガンズの発言によると、ヨセフはクイーン・ママ・シャンテ号を見かけた直後に音信不通になったとの事。


エッグヘッド編集

ルッチ、カク、ステューシーが登場。

世界政府の船に乗り、バーソロミュー・くまセラフィムS-ベア」を連れている。

カクの説明により、ベガパンクが自身の分身体である6人の「(サテライト)」を率いていることが明らかになった。

この「S-ベア」をエッグヘッドに返し、さらにベガパンクの「本体(ステラ)」と6人の「猫」を島内の貴重な研究成果や資料を傷付けない様に細心の注意を払いながら全員消すことが今回の任務である模様。

また、エッグヘッドに向かったジュエリー・ボニーに関しても、政府から脱走を繰り返している事や「もう用済み」という理由から、ベガパンク同様抹殺対象としている事が判明した。

なおルッチはルルシア王国の件を気にしていた。


エッグヘッド近海に着いた際には、ルッチ達3人+ハットリは仮面を装着し、行動を開始するが、そこへ海獣兵器と遭遇し、ベガパンク03“想(エジソン)”にその地点から自力帰還させる様通信するも、「エッグヘッド失踪事件」を挙げる事で動揺させ、提案を拒否。船を乗り捨て政府役人達と共に全員S-ベアの能力でエッグヘッドに強行上陸する。


上陸後、島内のシステムに混乱するも、そこへ今回の任務のターゲットの1人であるベガパンク05“暴(アトラス)”と遭遇し、ルッチは容赦なく速攻で六王銃を放ちアトラスを半壊させる。

ルッチはアトラスの息の根を止めようとするもそこへルフィ達と遭遇し、ルッチは覚醒による変身を使い上の許可なくルフィと戦闘を開始し、結果はセラフィムの指揮をしていた戦桃丸の意識を奪い4体のセラフィムを管理下に置くも、ルフィやアトラス達には真空ロケットで「研究層(ラボフェース)」に逃亡される。


ルフィとの戦闘が終了した後はルッチは「海軍の到着を待っていてはベガパンクに逃げられる」こと、そして「ルフィを四皇と認めていない」ことを理由に海軍の待機命令を無視することを決断。

研究層の防御システム「フロンティアドーム」が何故か解除されるとカクとステューシーと共に月歩で研究層に侵入。

サニー号の破壊及び(船番をしていた)ゾロの相手をカクに任せ、ルッチは自らの意思で研究層に登ってきた4体のセラフィムにベガパンクの研究所を破壊させ始めるが、ステューシーが裏切り、カク共々何らかの能力で昏睡させられ、海楼石で拘束されてしまう。


その後、研究所内でルフィとゾロに監視されることになるが、所内でセラフィムがベガパンクの命令も聞かずに暴走する事態が発生。目を覚ましたルッチはカクと共にルフィたちに一時的に共闘することを提案。

2人(特にゾロ)からは当然疑いの目をかけられたが、ベガパンク01“正(シャカ)”からの質問に嘘偽りなく回答したことや、ルフィからの自身を弱者と見下されている旨の挑発に乗ったことで一応信用され、解放される。そしてすぐさま能力を行使し、ルフィと共にS-ベアと交戦する。


その後、エッグヘッド内の混乱を麦わらの一味と共にほぼ完全に制圧。ルッチは当初の任務に従いベガパンクを殺害するでもなく、麦わらの一味の誰かを襲うこともなく、当の本人も特に拘束されることもなく、事件の首謀者を取り押さえながら食事や情報収集に勤しむルフィたちを静観し、裏では現在の状況をエッグヘッド近海に居る海軍や五老星に報告していたが、黄猿が研究層に到達した到着したタイミングで再びベガパンクを襲撃。いち早く気付いたステューシーが身を挺して防いだ為殺害に失敗するも、「黄猿と俺がいればお前らの全滅程度容易い」と言ってルッチはゾロたちと交戦。カクはサンジによってバブルガンで拘束される。


本編外編集

ドレスローザでその存在が発覚してから、劇場版には必ず誰かが登場している。


ハートオブゴールド編集

『FILM GOLD』のプロローグで、ジスモンダが登場。

伝説の宝「ピュアゴールド」を欲した天竜人の命令で、その手がかりを知るミスキナ・オルガという少女を海軍と護送していたが、ギルド・テゾーロに雇われたマッド・トレジャーに襲撃され、その隙に彼女に逃げられてしまった。


FILM GOLD編集

ルッチとスパンダムが、テゾーロが用意した天上金護送任務の為にグラン・テゾーロに向かう。

スパンダムはテゾーロに軽くあしらわれる、終盤に鉢合わせたルフィに殴りとばされるなど散々な目にあったが、ルッチは海軍の軍艦10隻の指揮をとり、砲撃を妨害したサボと覇気を駆使して交戦するなどそれなりの活躍を見せた。


STAMPEDE編集

ルッチが、海賊万博の主催者ブエナ・フェスタが用意したラフテル永久指針を奪取するために暗躍。

終盤では永久指針を手にしたダグラス・バレットを撃破すべく集ったルフィたちの作戦に乗じ、バレットが形成した島を割る程の規模を誇る右腕を嵐脚で破壊する活躍をみせたが、その後サンジの妨害を受け、ルフィが永久指針を握り潰したことで任務は失敗に終わった。


なお、当時判明していた他のメンバーは全員エンドロールで登場した。


FILM RED編集

ルッチ、ブルーノ、カリファが登場。

ブルーノはウタのライブに参加者として潜入、同じ世界政府側であるSWORDのコビメッポとなし崩し的に協力し、ウタの夢の世界に囚われた面々を能力でサポートした。

カリファは夢の世界には入らず、島の端で状況報告を担当。ルッチはマリージョアでライブを映像電伝虫で五老星と共に監視していた。


ちなみにブルーノとカリファは劇中ではメンバーだと明言されず、特典やノベライズ版では明記されているものの、公開末期に開始された副音声での出張版SBSで原作者本人がSWORDとCP-0についての質問に

元々の予定ではヘルメッポはSWORDの、カリファとブルーノはCP-0のメンバーではなかった」「アニメに原作を合わせた」

と回答しており、ヘルメッポは公開中の原作本編にSWORDの一員として登場したが、2人については公開から10ヵ月経ってようやくエッグヘッド編中の回想(世界会議)に登場、他の元CP9と揃って確定となった。


余談編集

  • マスク

マスクを着けているはずなのに、表情が動いているのはよくあること。本作において身体的特徴などちょっとしたフレーバーテキストでしか無いのだ。


  • CP-0総監

一部の情報媒体ではロブ・ルッチがCP-0の『総監』を務めているとされるが、原作にも映画の特典巻にもVIVRE CARDにもハッキリとそう明言された部分は無い

例えば原作で登場した時にその表記が無かったほか、『FILM GOLD』の特典巻では「CP0の一員として任務を遂行する」となっていた)。

原作で他のCP-0と会話をする際にも対等であるとはいえ特に敬われている描写は(スパンダムのゴマすりを除き)無かったため、ルッチが総監という部分の信憑性については疑ってかかった方が良いかもしれない。


  • スパンダム

スパンダムはCP-0への昇格は果たしたものの父スパンダインが病に臥せり権力が弱まっているため、その立ち位置は微妙なものとなっている。原作でも映画でもルッチの部下としてぞんざいに扱われている場面が目立った。

なおCP9時点で道力が2桁にも届かぬ彼がメンバー入りしている辺り、弱まったと言えどスパンダインの権力が働いたものと思われ、世界最強の諜報機関といえどもその選定条件は戦闘力だけではないのかもしれない。

あるいは、スパイがやる事は何も正面きっての戦闘だけではないのでやる事さえできれば案外それでいいのかもしれないが。


※『FILM GOLD』の特典巻でスパンダムについては「何とか父の病気を治しルッチとの立場逆転を狙っている」との記述がある。恐らくこれもルッチがCP-0の総監と思われている理由の1つであるが、ここでスパンダムが狙っているのは自分をぞんざいに扱うルッチとの立場逆転であり、その事実がルッチが総監であることを示しているわけではないので注意。


  • 災難

ドフラミンゴ撃破後、世界政府の実質的な名代として、黒炭オロチの元に世界政府が扱う武器を売ってもらうための交渉にワノ国に訪れるなど、CP-0には大きな仕事も任せられている。

しかしワノ国編では、武器商売の交渉のためにわずか3名のCP-0でワノ国を訪れ、オロチに無理難題をふっかけられて交渉が難航しながらも一応来賓として「金色神楽」に招かれたのだが、いきなりルフィや侍達連合軍が乗り込んできて戦争が始まってしまう。


当初は戦争に対して高みの見物を決め込みつつ古代文字を読めるニコ・ロビンの確保に動いたが、いきなり世界政府の最高権力者五老星から「四皇カイドウと戦っている麦わらのルフィを今すぐ始末しろ」という無理難題を課された

この指令を受けたゲルニカはカイドウとルフィの戦いに割って入るのは不可能と反論したが、「不可能なのは承知の上」と五老星にとっても事のあまりの重大さゆえに一蹴されてしまう。

ゲルニカは「カイドウが攻撃する瞬間のルフィを止める」という決死の妨害でこの不可能に近い任務を成功させるという大金星を上げたが、カイドウから逃げ切れることは不可能と理解しており、その姿にカイドウは彼の覚悟を認めながらも制裁を加えた。

……なおこの後ルフィはある理由から復活を遂げてしまっており、五老星が阻止させようとしていたゴムゴムの実の覚醒も果たしてしまったため結果的には指令の達成に失敗している

あの四皇相手に命まで賭けたのに…


元々ワノ国には武器商売の交渉のために来ていたのでターゲットの情報、その他準備や戦力などまるでなかった上に、そんな中でいきなり命じられた最重要指令を曲がりなりにも命がけで達成させたかのように見えたにもかかわらずのあの結果なので中々に不憫。


他にもこの戦いでCP-0は上記の顛末をたどったゲルニカ、イゾウと相討ちになったマハ、脱出を済ませた後もワノ国近くで情報を伝え続けるもビッグ・マムの船を見かけた後音信不通になってしまった(?)ヨセフと、生死不明のゲルニカ含めて(おそらく)ワノ国へ出向した3名全員を失ってしまっており、最早痛手どころの話ではないだろう。


現時点で生存している可能性があるのは生死不明のゲルニカ、音信不通となった(?)ヨセフ、ワノ国やエッグヘッドに来ていないジスモンダ、ステューシー、CP9からの移籍組であるスパンダム、ルッチ、カク、カリファ、ブルーノ、クマドリ、ジャブラ、フクロウの計12名であり、ワノ国に出向した3名以外は最終章で登場している。


一部読者からは、このブラック企業のような環境なのに服装が白いことを皮肉られている。


  • 設立時期

867話の過去回想にて、マザー・カルメルの元にやってきた政府関係者も同様に白いスーツと仮面を着用していた事から、「彼らもCP-0の一員では?」と言われている。

また、カルメルの「リンリンがCPになったら"天竜人達の最強の盾"になるだろう」と言う発言から、少なくとも63年以上前から存在していたと考えられる。


  • ゲルニカは誰か

当初、コードネーム「ゲルニカ」はシルクハットを被った手長族の仮面の男のことを指しているものと思われたが、実は誤りであり、実際はドレスローザ編から登場したリーダー格と思われる白塗り顔の男の方が「ゲルニカ」だということが単行本104巻にて明かされた。

なお、当初ゲルニカと思われた手長族の男のコードネームは「ヨセフ」とのこと。


関連タグ編集

ONEPIECE 世界貴族 五老星 世界政府 サイファーポール

ドレスローザ ホールケーキアイランド ワノ国 エッグヘッド


ボディーガード 中間管理職 白い悪魔


ドンキホーテ・ドフラミンゴ:CP-0は彼を隠れ蓑としてワノ国と交渉していた。

黒炭オロチ:ワノ国から武器を仕入れるために彼との直接交渉に態々赴いた。

神の騎士団:こちらも世界政府に属する組織であるが、天竜人に対しての取り調べ処刑を行える権限を持つ等、CP-0とは異なる存在である模様。

関連記事

親記事

サイファーポール さいふぁーぽーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135866

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました