ピクシブ百科事典

殤不患

しょうふかん

人形劇・布袋劇『東離劍遊紀』の登場人物。
目次[非表示]

「わかったよ。あんたは何も恥じなくていい。俺も本気出すからよ」

概要

CV:諏訪部順一
キャラクターデザイナー:源覚

謎多き流浪の剣客。武器は剣。その筋からは「刃無鋒(ジンムホウ)」の異名で知られる事になるが、物語の開始時点ではまだ二つ名を持たない。
厭世的な皮肉屋を装い、常に憎まれ口ばかり叩いているが、性根は義に篤い人情家。
凜雪鴉の策略により蔑天骸の手下に襲われている丹翡を助け、渋々ながら旅を共にすることになる。
道中でも雪鴉の作戦によって、体を張る貧乏くじを引かされることが多い。

謎だらけの男

作品の舞台である東離の事情に疎いのは、本人曰く「(東離の隣国である)西幽から来た」とのこと(凜雪鴉は「言葉に西幽の訛りがある」ことに気付いていた)。
だが、東離と西幽は200年前に発生した魔界の軍勢との戦乱である「窮暮之戰」(きゅうぼのせん)によって発生した「鬼歿之地」(きぼつのち)と呼ばれる呪われた荒野で分断されている。
かつて「鬼歿之地」を渡ることができたと言われる者はいないため、誰も信じようとしない。
また、達の見立てでは「身のこなしは間違いなく一流だが、剣の腕はさほどではない」とのこと。
反面、気功については達人と言って良いほどの腕を持っており、その不自然さも同行者達から疑いの目を向けられる一因となっている。
彼の正体、そして旅の目的は一体……。


関連イラスト

殤不患
Unsheathe 出鞘


関連タグ

東離劍遊紀

関連リンク































ネタバレ注意


「……人を斬るのが難儀なのは当然だろう」

彼の剣はそもそも剣ではなかった
剣術、気功双方において卓越しているが故に、安易にその力を振るわたないため、「最初から帯剣していなかった」。常に帯びていた剣「拙劍(せっけん)」も、その中身は銀色に塗っただけのただの木の棒(木刀)である。
作中での活躍も、自身の鍛えぬいた気功の力によって、木刀に気を込めて鋭い刃に変えて振るっていただけにすぎなかったのだ(最初から「納刀の際に金属音がしない」という伏線が張られている。また、オープニング映像の鬼歿之地と思われる砂漠を渡る彼の剣は銀色に塗られておらず、木の地色のままである)。

そういった重いハンデを背負った状態ながら、彼の卓越した技量はハンデをものともせず、手にした棒切れを振れば近くにあった岩を敵ごとぶった切り、突きを繰り出せば敵がたやすく爆発四散する。達人揃いの登場人物の中でも飛びぬけた領域にある。
当然、そんな武器と技を使っていれば普通の剣より遥かに気力を消耗するが、それもまた彼が自らに課した戒めの一つである。
それ故にか、事情を知らない捲殘雲から侮蔑を込めて呼ばれた「刃無鋒(切れざる刃。「なまくら」の意味もある)」の二つ名を気に入り、あえて自ら名乗っている。
もっとも、彼の技量をもってすれば、「切れざる刃」というよりも「そもそも刃が無くても斬れてしまう」と言った方が近い。

「人呼んで『刃無鋒』!だそうだ。さっき決まったばっかりだけどな」



……もっとも、帯剣しない理由が「斬れる剣を持っていちいち手加減するのは面倒。自分は性根が俗物で横着者だから、最初から刃物を持たない方が手っ取り早い」というあたり、大なり小なりおかしな人間が集うこの物語の登場人物の例にもれない。



殤不患


「人心を惑わし天下を乱した魔剣妖剣聖剣邪剣、西幽を巡り歩いて集めに集めた三十六振り!
悪魔祓いから神殺しまでなんでもあるぜ?さあ、どれの斬れ味を試してみたい!」

加えて、悪用されないように神誨魔械にも劣らない力を持った三十六振りの魔剣、妖剣、聖剣、邪剣の類を回収して「魔剣目録」という巻物に封印し持ち歩いており、なおかつそれらを苦も無く使いこなす。
(封印された剣の半分ほどは霹靂布袋戲で名だたる英傑達が使用していた物、要はファンサービススターシステムである。その中で、一振りだけ明らかに違う物が混ざっているが、その一振りが第2期のキーアイテムに成り得るとは、第1期時点では予想も出来なかっただろう。そして、公式のエイプリルフール企画では、異界の刀剣聖剣まで封印されているという始末である。)
なお、序盤で天刑劍が本当に神誨魔械なのかと丹翡に問いただしており、「天刑劍を疑うのか」と怒る丹翡に「今まで神誨魔械の偽物を多く見たことがある」と語っている。これは裏を返せば本物も見たことがあるという伏線であった。

西幽では彼は(良くも悪くも)有名人であり、蔑天骸と同じような理由で天下を乱す名剣の類を狙う者から回収しているため、噂を聞きつけ彼の持つ目録を狙う者達も多い。そうした手合いから逃れるために東離にやってきた……というのが彼の旅の真実であった(目録に封印した名剣を安心して捨てられる場所を探すためでもある)。
強大な力を持った名剣を数多く所有し、外道に身を窶した蔑天骸とはコインの裏表の関係と言える。

このような隠れチート能力者であったため、蘇れば世界の終わりと恐れられる魔神・妖荼黎の復活にも動じる素振りは一切見せず、悲観する捲殘雲や丹翡を尻目に凜雪鴉と漫才のようなやり取りをする余裕を見せた。
その後、大物感たっぷりに登場した妖荼黎を軽くいなして、目録から取り出した「須彌天幻・劫荒劍(すみてんげん・ごうこうけん)」で瞬時に封印する。一人で。
前々から、たびたび丹翡たちに魔神について詳しいことを聞き出そうとしていたことなどから、妖荼黎と対峙した際にはすでに大まかな攻略法は確立できていたのだろう。

旅の同行者達が、早い段階で彼の正体を知っていれば、その狙いも変わっていたかもしれないが、実力の差がありすぎるので返り討ちが関の山だろう。
上述の通り、第一期の事件で彼を見くびった者達は返り討ち或いは死体蹴りを受ける羽目になり、あんまりな形で目論見を潰されてしまった刑亥に至っては、大きな悔恨と共に根深い憎悪を抱き、以降は不患を狙う様になる。

事件後は丹翡達と別れて魔剣目録を処分するための旅に戻るが、凜雪鴉からは「あんな物騒なものを持っている以上、それを狙う(自分が揶揄いがいのある)悪党を引き寄せるだろう」と目をつけられている。
その言葉通り、第2期では宿敵である禍世螟蝗(カセイメイコウ)たち「神蝗盟」が西幽から刺客を差し向けるようになり、目録の魔剣も一部は処分できたものの、神誨魔械を新たに目録に預かる羽目になったりと手放したくとも手放せない状況になってきている。

神蝗盟も新たなる同盟者と手を組み次の手を打とうとしており、魔剣目録を巡る殤不患の戦いはこれからも続いていく……。

主な使用技

拙劍無式(せっけんむしき)」という(おそらく)我流の技で戦う。直訳すると「型のない拙い剣」と皮肉が効いている名称だが、殤の実力もあり一撃必殺の技ばかりである。

  • 拙劍無式・八方氣至(せっけんむしき・はっぽうきし)
攻撃を紙一重で避けつつ気力を放出して態勢を崩させる。極めつけの見切りを要求される高難度の技。

  • 拙劍無式・鬼神辟易(せっけんむしき・きしんへきえき)
体幹の経絡に刺突を打ち込み、体内の気の運行を強制停止させることにより、行き場を失った気功を暴発しさせて肉体を内部から完全破壊する。強烈な練気を行っている相手に対しとりわけ威力の絶大な技となり、技の使用中に食らった凋命は、背中から体内の骨が飛び出し即死した。

  • 拙劍無式・黄塵万丈(せっけんむしき・こうじんばんじょう)
気を充填した剣から手を放し、巧みに制御した気で運動に指向性を与え操る。剣を猛旋回させて風圧で矢や毒風を逸らすこともできる。
もちろん剣以外を操ることも可能で、劇場版「西幽玹歌」では戦場に散乱していた竹筒を無数に飛ばし、追手を串刺しにした。

関連記事

親記事

東離劍遊紀 とうりけんゆうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「殤不患」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1998393

コメント