ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「外道めが!よくもぬけぬけと私の前に姿を現したな!」

概要

CV:大原さやか

キャラクターデザイナー:中央東口、源覚(ニトロプラス)


夜魔の森に住まう、冥界生まれの妖人。呪術の達人。

「泣宵(キュウショウ / Qì Xiāo / チーシァオ)」とも呼ばれる。

蔑天骸の城を攻略するためには、死人を使役する彼女の能力が必要不可欠である。

人間嫌い、とりわけ凜雪鴉には並々ならぬ憎悪を抱いているが、旅の目的が天刑劍と知るや180度態度を変えて彼の誘いを受け入れている。


人間の寿命を「たかが100年足らず」と発言しているため、妖人の寿命や彼女の年齢は軽く数百歳以上の可能性がある。


使える呪術は上記の死人を使った物量戦の他、「致命傷を負った瞬間血液を硫酸に変え、敵諸共爆発で消し飛ばす」物騒な芸当も簡単だと嬉々として語っている。

更には子供の生き肝から若返りの仙薬を作ったとも、理想の生き人形を作るために美男子100人を切り刻んだとの逸話を持っているらしい。


また、吊命棘(ちょうめいきょく)というムチを奮っての戦闘も可能。


胸元が開いた衣装に妖艶な雰囲気、その道の人にはたまらない言動中の人の十八番な演技もあって、pixiv内のイラストはR-18を含むセクシー路線が中心である。


  • 誕生日:9月24日
  • 念白:「妖歌吟,鴆花蜜,鎮亡夜之魂,惑永寐之軀。生人樂舞,屍亦婆娑。幽冥絕麗之界,不聞人語,唯識月光。」
  • 日本語訳:妖魔の歌は毒花の蜜、夜に彷徨う魂を鎮め、永遠の眠りについた躯を魅了する。舞踏とは、生者のみの楽しみでなく、死者も舞うもの。美しい幽冥界において、俗世の声は聞こえず、月光のみを感じればよい。


関連タグ

東離劍遊紀


関連リンク





































以下、東離劍遊紀及び同2のネタバレに注意




























旅に加わった目的は、天刑劍の力で封じられていた魔神:妖荼黎を確実に復活させるため、つまり本当に利害が一致するのは一行の宿敵である蔑天骸の側であった。


各々の思惑から紆余曲折あったものの、結果的に妖荼黎の復活が果たされて、おおいに喜びながら復活の余波で祠が崩落していく最中に姿を消した。

しかし、それも束の間、散々侮っていた殤不患平然と更に強力な封印をかけるというまさかのチートぶりを発揮、せっかく復活させた妖荼黎は呆気なく再封印されてしまった。

その後の去就は不明で、失意のまま夜魔の森に帰ったか、まさか崩落で死んだのかと思われていた彼女だったが、「2」最終話において突如として再登場。

尚、1期の後日譚である劇場版『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』殤不患編では、玄鬼宗の残党が蔑天骸の仇討ちをすべく殤不患と激突しており、彼らは「ある妖魔」に上記の血液を硫酸に変える術をかけてもらったので最悪でも刺し違えられる、と語っていたことから「ある妖魔=刑亥が妖荼黎を再封印されたことへの嫌がらせをしてきた」との推測は可能だった。


そして取引を持ちかけた人物は、西幽における殤不患の宿敵『神蝗盟』の頭目・禍世螟蝗


第3期では、『神蝗盟』と共闘しつつ無界閣を敷設し、東と西を含めたあらゆる場所へ自在に行き来する仕込みをしている。

その過程で魔剣・七殺天凌を拾い、自分の姉妹である照君臨と再会する。



第1期で殤不患の実態を見誤る大失策を犯し、その所為で妖荼黎を異次元にまで放逐されてしまった一件は、やはり相当な悔恨だったらしく、今や不患を全魔族の不倶戴天の仇敵と見なしている。

関連記事

親記事

東離劍遊紀 とうりけんゆうき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 370145

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました