ピクシブ百科事典

サキガケ

さきがけ

アニメ「機動戦士ガンダムOO」2ndシーズンに登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

GNX-704T/AC サキガケとは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』に登場する架空の兵器。
アロウズのライセンサー、ミスター・ブシドーグラハム・エーカー)専用機として改修された接近戦仕様モビルスーツ
なお、サキガケとは開発コードで、正式名称はアヘッド近接戦闘型である。
機体デザインは福地仁氏。

機体データ

機体番号GNX-704T/AC
頭高長21.1m
本体重量72.3t
所属独立治安維持部隊アロウズ
パイロットミスター・ブシドー


機体説明

アロウズの力の象徴であるMSアヘッドのカスタム機。
その名称どおり近接戦闘を突き詰めた機体で攻撃用の火器はほぼオミットされている。
開発段階からブシドーの意見を取り入れた設計がされており、彼個人の趣味に合わせ、立物を模した頭部の大型クラビカルアンテナや、胴丸状の胸部追加装甲など、戦国時代の鎧武者のような外観を持つ。
格闘時の両腕の可動域を確保するため、通常機では横向きに配置された背部GNバーニアが縦向きに配置されている。
左利きであるブシドーに合わせ、手持ち武装の配置は通常機と左右逆になっている。
疑似GNドライヴも通常のアヘッドより高出力で運用されている。

武装

GNロングビームサーベル・GNショートビームサーベル
日本刀のような「反り」の入った刀身を形成する、大小2振りの専用サーベル。
ロングサーベルは左腰かGNシールド裏面、ショートサーベルは左脇に懸架される。
刀身が太い分、通常のアヘッドのビームサーベルより高出力であり、また柄の形状も日本刀を模したものとなっている。しかし、高出力化に伴って粒子消費量も増大したため、GNコンデンサーをシールドに内蔵することで稼働時間の延長を図っている。
劇中では登場期間ほぼ全編にわたってロングのみが使用されており、ショートが使用されることはなかった。ショートはあくまで予備用程度の認識だったらしい。

GNシールド
元フラッグファイターであるブシドーに合わせ、表面にGNディフェンスロッドが設置されている。また、武装への粒子供給用の小型GNコンデンサーが内蔵されている。

GNショートビームキャノン
背中のGNバーニアに各1門を内蔵する。
射程距離は短く、頭部のGNバルカンと共に接近戦に移行するための牽制射撃に使用される。
ただし、滅多に使用されることはない。

関連項目

機動戦士ガンダム00 ミスター・ブシドー グラハム・エーカー 
アヘッド スマルトロン GN-X
ユニオンフラッグ ユニオンフラッグカスタム オーバーフラッグ
GNフラッグ マスラオ スサノオ ブレイヴ

pixivに投稿された作品 pixivで「サキガケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54199

コメント