ピクシブ百科事典

ガンダムアブルホール

がんだむあぶるほーる

ガンダムアブルホールとは、『機動戦士ガンダム00外伝』に登場する機動兵器。
目次[非表示]

機体説明

型式番号GNY-003。第3世代機開発のための実働データ収集を目的に開発された第2世代ガンダムの3号機。キュリオスの前身。マイスターはマレーネ・ブラディフォン・スパーク

ユニオンAEUの航空可変MSへの対抗兵器として開発された可変MSで、GN粒子を推進剤とするGNバーニアと従来の水素プラズマジェットの二つの機関を任意に切り替えて飛行することができる。GN粒子の効果により円滑な空中変形が可能だが、可変システム自体が当時のCBの技術では未熟だったため、MS形態は航空機にそのまま頭部と脚を生やしたような奇妙な姿となる。
腰アーマーには作業アームが内蔵されているが、通常のMSの腕よりも貧弱で格闘戦などには向かない。ただし脚部は姿勢制御用のAMBAC作動肢として機能するため、充分な運動性を発揮する。通常見られる頭部はダミーであり、機首内に本来のガンダムヘッドが隠されている。

武装

  • GNバルカン

機首のガンダムヘッドに固定装備された小型ビーム砲。威力と射程距離では通常のビームライフルにはおよばないが、連射性能が高くミサイルなどの迎撃や威嚇・牽制に有効である。以降に開発される機体にも、同様の目的で装備される場合が多い。

  • GNビームサーベル
作業アーム内に内蔵しているが、本機の特性上予備といった感が強い。

  • GNミサイルポッド
主翼に懸架されるオプション火器。圧縮されたGN粒子を推進剤と炸薬に利用する特殊ミサイルを射出し、着弾した目標の内部に粒子を送り込んで破壊する。ほかのガンダムや他勢力の擬似太陽炉搭載機の多くにも同原理の火器が装備されている。

  • テールユニット
巡航形態時の後部に追加装備される武装コンテナユニット。対空用GNミサイルや対地用爆雷など任務に応じた複数の種類が存在し、使用後にデッドウェイトとなるユニットは速やかに切り離される。切り離し後の情報流出を防ぐためユニットそのものは一般的な技術のみで作られている。キュリオス以降の直系の可変機や他のガンダムにも装着可能。

バリエーション

GNY-003F ガンダムアブルホールTYPE-F

『00F』に登場。機体色を白から視認性の低い黒に変更。その異様からガンダムと認識されづらいため、比較的外界への露出が多い任務に重宝される。アストレアTYPE-Fの次にフォンがよく搭乗した機体でもある。

GNY-003FB ガンダムアブルホールTYPE-Fブラック(ブラックアブルホール)

『00F』に登場。ブラックアストレアと同じくフォンに破壊された後に回収された。

GNY-003F ガンダムアブルホールTYPE-F フォン・スパーク専用機

『00I』に登場。フォンが回収し、修復したブラックアブルホールを自分専用に改修した機体。カラーリングがオリジナル仕様に戻されている。

関連タグ

機動戦士ガンダム00 機動戦士ガンダム00P 機動戦士ガンダム00F 機動戦士ガンダム00I

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムアブルホール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 480

コメント