ピクシブ百科事典

つれあるき

つれあるき

つれあるきとは、ポケットモンスター ピカチュウ・ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバーに存在するシステム。
目次[非表示]

概要

ピカチュウバージョン・DPtHGSS剣盾に存在する、通常はモンスターボールの中に入れてあるポケモンをボールから出した状態で直接連れ歩くというシステム。各バージョンでシステムが大きく異なる。以下、バージョン毎に紹介していく。

作品毎の内容

ピカチュウバージョン

ゲーム開始時に貰うピカチュウが主人公の後ろをついてくる。手持ちにさえ入れてあれば、何番目に並んでいてもピカチュウが後ろに現れる。それ以外のポケモンが後ろをついてくることは無いし、ピカチュウが手持ちに居なければ他のシリーズ同様に主人公一人で歩く。
ピカチュウバージョンがアニポケの設定を反映したものであり、このつれあるきシステムも「ピカチュウはモンスターボールに入るのを嫌がり常に出た状態でついてくる」という設定によるもの。
後ろを向いてピカチュウに話しかけることもでき、そのときの機嫌によって様々なアクションをする(顔グラフィックの表示、およびアニメの声優である大谷育江による鳴き声再生)。
ちなみに、このピカチュウの機嫌がなつき度のルーツだったりする。

このように「IDが一致するピカチュウ」に関して特別なシステムが存在するため、ピカチュウバージョンには野生のピカチュウが一切出現しない。赤・緑・青に転送してからのバグ技でも行わない限り、つれあるきシステムの対象になるピカチュウが2匹以上になる事は無い。

なお、IDが一致していてもライチュウになるとつれあるきの対象ではなくなる。あくまでピカチュウのみ。ただしピカチュウバージョンのゲーム内ではアニメの設定同様、ピカチュウにかみなりのいしを使おうとしても嫌がられて進化させられないため、赤・緑・青に転送してそちらで進化させて戻す、といった手順を踏まないとライチュウにはならない。

DPt版

ふれあいひろばで特定ポケモンのみ行うことができる。一定歩数歩くごとにポケモンがアクセサリーやきのみを拾い、話しかけることで手に入れることができる。

連れ歩けるポケモンは、ダイヤモンド・パールではピカチュウのほかプリンピッピコダックアチャモキノココエネコパチリスフワンテミミロルピンプク。プラチナではこれに加えて、シンオウ御三家およびその進化系の9匹がふれあいひろばで連れ歩くことができる。

HGSS版

 手持ちのタマゴでないポケモンのうち、一番前に並んでいるポケモンが後ろについてくる。ピカチュウに限らずあらゆるポケモンが後ろに現れる。手持ちが1匹も居ない状態はゲーム開始直後の御三家のポケモンを貰う前の時だけであり、原則として徒歩時は常に何かしらのポケモンが後ろについて回る。

  • 狭い場所や一部の施設・通路では自動的にポケモンが引っ込む。体格の大きなポケモンは連れ歩けない場所が多くなる。
  • 先頭のポケモンがひんし状態になっている間は、二番目以降のポケモンが順に繰り上がって後ろを歩く。ただし先頭のポケモンが体格の都合で引っ込んでいるだけの場合、二番目以降が勝手に出てくることはない。

ピカチュウバージョンと同じくゲームの進行に直接の影響を及ぼすことは無いが、話しかけることによりポケモンの状態をある程度知ることができる。
  • なつき度の高低によって反応が変わる。
  • HPが減っているなど状態が悪いと、苦しそうな様子を見せる。
  • その時いる場所の雰囲気によって違う反応を見せる。例えばポケモンリーグでの決戦前では緊張した様子を見せる事がある他、水辺や雨が降っている場所にいるとほのおタイプなどの水を弱点とするポケモンは嫌そうな様子を見せるのに対し、みずタイプのポケモンは逆に嬉しそうにする。
  • どのポケモンも基本的に用意された数パターンの反応を示す為、例えばミュウツーが断崖(がけっぷちゲートなど)で恐くて震えたり、最大までなついていると主人公に抱き着いたりする等、ポケモンによっては図鑑テキストにそぐわないような(微笑ましい)仕草も見せる。

剣盾版

 第八世代でまさかの復活。 
シリーズ初となる有料追加コンテンツ『鎧の孤島』『冠の雪原』の新天地、「ヨロイじま」と「カンムリせつげん」にて解禁される(ヨロイじまへの移動にはニンテンドーeショップで販売されているバージョン別に対応した「エキスパンションパス」の購入が必要)。

解禁の条件は「ヨロイじま」はダクマをゲット、「カンムリせつげん」ではフリーズ村に行くと自動的に解禁される。

 システムとしてはDPt版とHGSS版を統合したようなものになっていて、新エリアの「ヨロイじま」、「カンムリせつぜん」内のみ可能になる。(つれあるき解放にはある程度『鎧の孤島』のストーリーを進行する必要がある。) 範囲は限定されてしまうが、今作ではシリーズ初となる広大なオープンエリア「ワイルドエリア」が存在し、ヨロイじまは島の全域がワイルドエリアであるために見た目以上に開放感がある。

今作のつれあるきでは以下のような特徴がある。

  • なかよし度の上昇
今作では過去作のポケパルレ・ポケリフレに相当するポケモンキャンプという機能があるが、ヨロイじまでのつれあるきでは連れ歩いている間、一緒に歩くポケモンのなかよし度が上昇するようになっている。
  • 各ポケモンの特徴を反映
ポケモンの大きさやスピード、移動方法などが図鑑の設定やポケモンキャンプでの仕草を基準にそれぞれ異なっている。
大きさについては流石に大きすぎるポケモンは多少スケールダウンしているが、ほとんどのポケモンは図鑑の大きさに準拠している模様。
移動については脚力やスピードのあるポケモンならプレイヤーの走りどころか自転車の走行にも付いてこれるし、逆にスピードの遅いポケモンはゆっくりと付いてくる。 
水辺を泳ぐポケモンは水辺では泳ぎ、陸地では浮遊して付いてくる。 
逆に浮遊できるポケモンであれば水上でも浮遊しながら付いてくるが、陸上でしか行動できないポケモンは過去作同様、水上では一旦ボールの中に入り、陸地に戻ると再び出てくる。

つれあるきができるポケモンは現在配信されているDLCでの追加ポケモンを含めた第八世代で使用できるポケモン全て。久々の復活なのでポケモンたちの仕草を観察してみるのも一考。

剣盾のつれあるきについては「ヨロイじま」ではマスター道場、「カンムリせつげん」ではフリーズ村にいるポケモンごっこに話しかけると、つれあるき機能のON・OFFが可能。

関連記事

親記事

ポケモン ぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「つれあるき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19682

コメント