ピクシブ百科事典

ブラウン管

ぶらうんかん

テレビなどのモニターとして映像を映す装置。
目次[非表示]

概要

画面映像を映すのに使われる陰極線
この名称はドイツ人のカール・フェルディナンド・ブラウン(C.F.Braun)氏が発明したことに由来。
当初は冷陰極管で、クルックス管、陰極線に蛍光面を付けた物、後に普及した物は電子銃から電子ビームが発せられ、偏向コイル、収束コイル、陽極端子を介してシャドーマスクを通り、色蛍光体へ至る。
所謂「テレビ」の代名詞としても使われるようになった。

英語ではチューブと呼ばれ、YouTubeの語源ともなった。

ノスタルジックなデザインで人気があるためか、ブラウン管に似せた液晶テレビも発売されている。

ブラウン管は磁力に干渉されやすく、磁石を画面に近づけたりするとうまく表示されなかったり色がおかしくなる。その為、テレビのスピーカーには防磁対策がされていた。
また、ブラウン管は内部にあたる箇所は絶対に素人が扱ってはいけない部分でもあるなぜなら、高圧電流が帯電して危険なものだったからである。また、ブラウン管は破裂ではなく爆発する危険性もあった。

関連タグ

液晶モニター プラズマディスプレイ

外部リンク

そばに置きたくなるワイヤレス液晶テレビ――±0「8-inch LCD TV」

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラウン管」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 649154

コメント