ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

初登場ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
効果自身が「こんらん」状態のとき、自身の受ける技の命中率が半減する

概要編集

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』から存在する特性。元ネタはおそらく酔拳

発動条件が厳しいだけあって命中低下は凄まじいが、技を受ける側としても確実性がなさすぎるため扱いづらい。

また「こんらん」状態に自らなる手段が非常に限られている(味方も込みで考えるなら「フラフラダンス」を使う手がある)。しかも技については両立できるのがドードー系統とパッチールしかおらず(あばれるのみ習得可)、能動的に活かすのが難しい。

しかも「こんらん」自体のデメリットは防げない。一体どうやって活路を見出したものか……『ポケットモンスター サン・ムーン』では自傷確率が下がったので幾分かは使いやすくなった。


ポケモン不思議のダンジョンシリーズでも同様の性能だが、「こんらん」状態のデメリットの方がはるかに大きいのでやっぱり使いどころがない。


所有ポケモン編集

太字は隠れ特性



関連タグ編集

ポケモン 特性

ミラクルスキン:変化技のみ命中を50に下げる

関連記事

親記事

とくせい とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1117

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました