ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ニャビー、旅立ちの時!
19
テレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』第21話のサブタイトル。

師匠からの"さいご"の教え


概要

2017年4月6日に放送されたエピソード。

同日は1997年4月1日のアニメ放送開始から20周年を記念した1時間スペシャルであり、このエピソードが放送されたのは後半(7:25~7:55)である。

公式がギャグ面を推し、それを裏付けるように底抜けに明るかった今までのエピソードとは打って変わっての終始シリアスなエピソードであり、その落差が異常に激しい。


本編要約

16話でも出てきた橋の下で、ニャビーは老齢のムーランドからほのおのキバを教わっていたが、ムーランドは時折咳き込んでいた。傍らに生えている枯れかけた木の枝に生えている数少ない葉が、1枚散っていく。


後日、ニャビーの必死の訴えを見て、ムーランドの元へ急行したサトシが見たのは、苦しみながら蹲っているムーランドの姿。

ポケモンセンターへ連れて行き、ジョーイさんに診てもらった結果、衰弱の理由は怪我でも病気でもない事を告げられる。


せめて木の実を買ってムーランドに差し入れようとしたが、ムーランドとニャビーはおらず、彼らは橋の下へ戻りほのおのキバの練習をしていた。

そしてまた1枚、葉が散っていく。


眠りの中で、ムーランドが消える夢を見るニャビー。朝起きるとムーランドがいなくなっていた。

まだ一枚だけ葉が生えているのを見たニャビーは必死に探し回るが見つからず、ムーランドが座っていたソファーの脚が壊れ、最後の1枚の葉がソファーの上に舞い散った時、ニャビーは雨が降り出す中で慟哭の声を挙げる。


しばらく葉の側で丸くなり、寄り添うサトシを拒絶する態度を貫いたニャビー。だがその後雨が止み、ソファーの上の葉が舞い上がった空を見たニャビーは、ムーランドにそっくりな形の雲を見つける。


サトシからの誘いに、同情なんてイヤだとバトルを申し込むニャビー。サトシはピカチュウを繰り出し、バトルを少し行った後にニャビーが自らモンスターボールへと入り、サトシはニャビーをゲットした。

戦いを終えたニャビーが見上げる空には、ムーランドの形の雲に寄り添うかのように、虹の橋がかかっていた……


TVシリーズ初の「死」

ゲーム作品でも人間の死が仄めかされる事はあり、劇場版ではポケモンが死亡するエピソードがあったり、TVシリーズでも本編開始前の過去にトレーナーが死去していたことが語られた(それに伴い手持ちポケモンが遺族に譲渡された)エピソードはあったものの、TVシリーズ本編中において、登場キャラクターが明確な形で死去するエピソードが描かれたのは、20年を数えるアニポケの歴史の中で今回が初めてのことである。


本エピソード内では一切直接的な描写(「死」という言葉、永遠に動かなくなるムーランドの姿、墓の描写etc.)をしなかったが、以下のような暗喩的な描写をすることによって視聴者に「死」を印象づけた。(描写的に老ムーランドの遺体はククイ博士が埋葬したとも思われる。)

  • 枯れかかった木の枝に生えている葉が一枚ずつ落ちていき、最終的には全て散ってしまう
  • 葉が川の上に落ち、そのまま流れていく
  • 葉が空に舞い上がり、そのまま上空へと飛んでいく
  • ジョーイがムーランドが衰弱している理由をサトシに語る場面は、ガラス越しに会話している姿のみが描写される
  • 夢の中でニャビーがムーランドの元へ行こうとするが一向に距離が縮まらず、いなくなる
  • ムーランドが座っていたソファーの脚が折れ、その上に最後の一枚の葉が乗る
  • 「ムーランドはどこロト?」と問うロトム図鑑にククイ博士が「…聞くな」と一言のみ答える
  • 数日に渡って降り続く雨と、彩度の落ちた色彩で描かれる世界
  • ムーランドの形の雲と、その側にかかる虹
  • あの世とこの世がつながった際に再会(108話)

猫同士気にかけるニャース

16話でニャビーのオヤビン肌を気に入ったニャースは、ムーランドの元へ向かうサトシたちを一人追いかけた。

その先のポケモンセンターでジョーイとの会話を盗み聞き、事情を理解したニャースは、夜更けに抜け出したニャビーたちを探すサトシ一行の前に現れ、「ニャビーのことを見守ってほしい」と言って姿を消す。


その後もニャビーの行末に思いを馳せ、ムーランドの死に塞ぎ込むニャビーの元へ趣き、話を聞こうとしたり、サトシとニャビーのバトルとゲットを見守り、「これでよかった」と納得するなど、何かとニャビーを気にかける描写が見られた。


これはニャース自身の境遇がニャビーとどこか重なるところがあり、それ故に他人(他猫?)事とは思えないからだろう。

また、今エピソード中ではニャースのキャラソンである「ニャースのバラード」が挿入歌として使用されている。


その後に関して

32話でのアーカラ島の課外授業1日目はムーランドを使っての宝探しであったが、ここでサトシはライドポケモン厩舎にいる大勢の若いムーランドの群れにいた青シートのムーランドから舐められた上にのし掛かられた時にニャビーの世話をしていた老ムーランドの事を思い出している。

この出来事はサトシ自身にとっても深く心に残っている様子である。

もしかしたら、あの群れの中に老ムーランドの子か孫もいたのかもしれない。


108話ではカプ・レヒレが発する霧の力でこの世とあの世が繋がり、サトシとニャヒートらの前に現れる。

再会を喜ぶニャヒートは今覚えている技を次々披露し、それを見たムーランドは新たに「だいもんじ」をニャヒートに伝授。束の間ではあったが、その成長を見届け霧が晴れると同時に安心した様子で消えていき、ニャヒートもまた、真正面から笑顔で別れを伝えた。


ニャヒート役の西村ちなみ氏のツイートによるとちゃんとお別れさせてあげたかったんですと富安監督が言ってくださったとのこと。


ポケモン公式YouTubeチャンネルにて公開されている傑作選『アニポケセレクション』にて、2021年7月25日より期間限定配信が行われている。

本記事冒頭の文章は、アニポケセレクション配信動画のサムネイルに付けられた煽り文である。


関連動画


関連タグ

アニポケ サン&ムーン サン&ムーン編サブタイトル一覧

ニャビー ムーランド 涙腺崩壊

星になったポケモン

師匠からの"さいご"の教え


概要

2017年4月6日に放送されたエピソード。

同日は1997年4月1日のアニメ放送開始から20周年を記念した1時間スペシャルであり、このエピソードが放送されたのは後半(7:25~7:55)である。

公式がギャグ面を推し、それを裏付けるように底抜けに明るかった今までのエピソードとは打って変わっての終始シリアスなエピソードであり、その落差が異常に激しい。


本編要約

16話でも出てきた橋の下で、ニャビーは老齢のムーランドからほのおのキバを教わっていたが、ムーランドは時折咳き込んでいた。傍らに生えている枯れかけた木の枝に生えている数少ない葉が、1枚散っていく。


後日、ニャビーの必死の訴えを見て、ムーランドの元へ急行したサトシが見たのは、苦しみながら蹲っているムーランドの姿。

ポケモンセンターへ連れて行き、ジョーイさんに診てもらった結果、衰弱の理由は怪我でも病気でもない事を告げられる。


せめて木の実を買ってムーランドに差し入れようとしたが、ムーランドとニャビーはおらず、彼らは橋の下へ戻りほのおのキバの練習をしていた。

そしてまた1枚、葉が散っていく。


眠りの中で、ムーランドが消える夢を見るニャビー。朝起きるとムーランドがいなくなっていた。

まだ一枚だけ葉が生えているのを見たニャビーは必死に探し回るが見つからず、ムーランドが座っていたソファーの脚が壊れ、最後の1枚の葉がソファーの上に舞い散った時、ニャビーは雨が降り出す中で慟哭の声を挙げる。


しばらく葉の側で丸くなり、寄り添うサトシを拒絶する態度を貫いたニャビー。だがその後雨が止み、ソファーの上の葉が舞い上がった空を見たニャビーは、ムーランドにそっくりな形の雲を見つける。


サトシからの誘いに、同情なんてイヤだとバトルを申し込むニャビー。サトシはピカチュウを繰り出し、バトルを少し行った後にニャビーが自らモンスターボールへと入り、サトシはニャビーをゲットした。

戦いを終えたニャビーが見上げる空には、ムーランドの形の雲に寄り添うかのように、虹の橋がかかっていた……


TVシリーズ初の「死」

ゲーム作品でも人間の死が仄めかされる事はあり、劇場版ではポケモンが死亡するエピソードがあったり、TVシリーズでも本編開始前の過去にトレーナーが死去していたことが語られた(それに伴い手持ちポケモンが遺族に譲渡された)エピソードはあったものの、TVシリーズ本編中において、登場キャラクターが明確な形で死去するエピソードが描かれたのは、20年を数えるアニポケの歴史の中で今回が初めてのことである。


本エピソード内では一切直接的な描写(「死」という言葉、永遠に動かなくなるムーランドの姿、墓の描写etc.)をしなかったが、以下のような暗喩的な描写をすることによって視聴者に「死」を印象づけた。(描写的に老ムーランドの遺体はククイ博士が埋葬したとも思われる。)

  • 枯れかかった木の枝に生えている葉が一枚ずつ落ちていき、最終的には全て散ってしまう
  • 葉が川の上に落ち、そのまま流れていく
  • 葉が空に舞い上がり、そのまま上空へと飛んでいく
  • ジョーイがムーランドが衰弱している理由をサトシに語る場面は、ガラス越しに会話している姿のみが描写される
  • 夢の中でニャビーがムーランドの元へ行こうとするが一向に距離が縮まらず、いなくなる
  • ムーランドが座っていたソファーの脚が折れ、その上に最後の一枚の葉が乗る
  • 「ムーランドはどこロト?」と問うロトム図鑑にククイ博士が「…聞くな」と一言のみ答える
  • 数日に渡って降り続く雨と、彩度の落ちた色彩で描かれる世界
  • ムーランドの形の雲と、その側にかかる虹
  • あの世とこの世がつながった際に再会(108話)

猫同士気にかけるニャース

16話でニャビーのオヤビン肌を気に入ったニャースは、ムーランドの元へ向かうサトシたちを一人追いかけた。

その先のポケモンセンターでジョーイとの会話を盗み聞き、事情を理解したニャースは、夜更けに抜け出したニャビーたちを探すサトシ一行の前に現れ、「ニャビーのことを見守ってほしい」と言って姿を消す。


その後もニャビーの行末に思いを馳せ、ムーランドの死に塞ぎ込むニャビーの元へ趣き、話を聞こうとしたり、サトシとニャビーのバトルとゲットを見守り、「これでよかった」と納得するなど、何かとニャビーを気にかける描写が見られた。


これはニャース自身の境遇がニャビーとどこか重なるところがあり、それ故に他人(他猫?)事とは思えないからだろう。

また、今エピソード中ではニャースのキャラソンである「ニャースのバラード」が挿入歌として使用されている。


その後に関して

32話でのアーカラ島の課外授業1日目はムーランドを使っての宝探しであったが、ここでサトシはライドポケモン厩舎にいる大勢の若いムーランドの群れにいた青シートのムーランドから舐められた上にのし掛かられた時にニャビーの世話をしていた老ムーランドの事を思い出している。

この出来事はサトシ自身にとっても深く心に残っている様子である。

もしかしたら、あの群れの中に老ムーランドの子か孫もいたのかもしれない。


108話ではカプ・レヒレが発する霧の力でこの世とあの世が繋がり、サトシとニャヒートらの前に現れる。

再会を喜ぶニャヒートは今覚えている技を次々披露し、それを見たムーランドは新たに「だいもんじ」をニャヒートに伝授。束の間ではあったが、その成長を見届け霧が晴れると同時に安心した様子で消えていき、ニャヒートもまた、真正面から笑顔で別れを伝えた。


ニャヒート役の西村ちなみ氏のツイートによるとちゃんとお別れさせてあげたかったんですと富安監督が言ってくださったとのこと。


ポケモン公式YouTubeチャンネルにて公開されている傑作選『アニポケセレクション』にて、2021年7月25日より期間限定配信が行われている。

本記事冒頭の文章は、アニポケセレクション配信動画のサムネイルに付けられた煽り文である。


関連動画


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • ポケモン

    これからよろしく

    ※ニャビーゲットだぜ! な感じの話ww(嘘) アニメSPで漸く、ニャビーをゲットしてくれてホッとしてます。 同時に涙ちょちょぎれだけど(TT これからはサトシ達と仲良く暴れておくれ!って感じ! で、ゲットした後の小話です。 やっぱり何か書きたくて! 書かずにはおれなかった。 次回のアニポケも楽しみですなww でも、サンムーンでは結構コンスタントにポケモンゲットしてますよね。 もう四匹だし。 後二匹はどの子をゲットするのか。 個人的にはジャラコとドロバンコ若しくはマケンカニとか面白そうだなと思います。 サトシは普通にタイプモロ被りをゲットするし読めないんだよなぁ^^; 後は、今後島巡りをどう展開していくか、ですね!
  • 雨は止み、雲は晴れる

    止まない雨は、無いんだよ。ある夜のニャビーのお話。アニポケ1時間SPが最高すぎて涙腺が崩壊しました。初めてのニャビー回のときから、いつか“その日”が来るだろうと覚悟はしていましたが、想像以上の神演出にただただ目からハイドロポンプを繰り出すことしかできません……あのBGMは反則ですってば……!!
  • 虹の橋の袂にて

    サンムーン21話視聴後に書きなぐったもの。 何番煎じすぎて申し訳ないですが、姿を消したムーランドお爺ちゃんにどうしても思い馳せずにいられませんでした。 ほぼポエムです。 短いです。 その上通常通りの妄想捏造盛りだくさんです。 感想、評価をいただけることに、いつも励まされてばかりです。拙い文章にお付き合いくださって、本当に感謝です。
  • 伝えたかった思い

    今回は、ニャヒートとムーランドのお話です。 第21話『ニャビー、旅立ちの時』は何回見ても感動できる、素晴らしい回だと思います。
  • とある老犬の時間

    サンムーン一時間スペシャルでうっかり泣きそうになりました。 死ネタ注意……というか公式がそうだったのでどちらかというとネタバレ注意かな ムーランドの物語が放送後にむくむくと沸いてきたのでなぐり書きです。
  • 俺にとってそいつは

    前回のカプ・コケコ小説ではたくさんの評価・ブクマありがとうございました!!感謝感激です(>_<)リアルタイムでアニポケ見れなくなってしまった私ですが、録画したのを見てまたやっちまいました。ニャビーの回何なんですかあれ!!泣けるよ!!あの表現どう考えたって大人狙いでしょう!?ちびっ子達には理解できないよ散っていく枯葉の意味なんて!!卑怯だ!!(/_;)という訳で衝動の赴くまま書きなぐった第2弾です。気付けば起床時間まで4時間くらいしかない/(^o^)\ そんな訳で後々訂正するかも お前シリーズ物どうしたよって?ちゃんと進んでますよ…ちょっとずつ…← というかあのコソクムシ可愛すぎ!!ゲットするのか!?って思ったのは私だけじゃないはず…あれだけフラグ立てて一気にへし折られるとは思っていなかったよ…
  • ニャヒート(ニャビー)とムーランド 絆は永遠に・・・・・

    ニャヒートに進化したニャビーが、夢の中で、育ての親であるムーラントと出会います。 時期は、第63話 「燃え上がれニャビー!打倒ガオガエン!!」のその後です。
  • R.I.P.

    アニポケ21話を受けての、ニャビーの旅立ちの話。 あなたから引き継いだ意思を胸に、おれは、仲間たちとともに生きて行く。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー