ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ギモー

ぎもー

ギモーとは、ポケットモンスターシリーズに登場するポケモンの一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0860
ガラル図鑑No.239
カンムリ雪原図鑑No.038
パルデア図鑑No.286
キタカミ図鑑No.191
ローマ字表記Gimoh
分類しょうわるポケモン
タイプあく / フェアリー
高さ0.8m
重さ12.5kg
せいべつ100%♂
特性いたずらごころ/おみとおし/わるいてぐせ(隠れ特性)
タマゴグループようせい/ひとがた

各言語版での名称

ドイツ語Pelzebub
英語・イタリア語・スペイン語Morgrem
フランス語Fourbelin
韓国語쏘겨모
中国語(簡体字)诈唬魔
中国語(繁体字)詐唬魔

進化

兄弟

ベロバーギモー(Lv32)→オーロンゲ(Lv42)


概要

ベロバーの進化系。初登場はポケモン剣盾


進化して腕が伸びただけでなく、ベロバー時代の隈取りと後頭部に生えていたコウモリの翼のような部分が変化して何故か髪が生えた

この長い後ろ髪の先端は槍のように尖っており、相手に土下座して謝るふりをしてこの髪で突き刺すどげざつきが得意技。ゲーム中では専用モーションも用意されている。


体色はベロバーの時よりもピンク色が濃くなった他、下半身が緑色になった。緑色の面積が進化後に更に増えることを鑑みると、中間進化らしい特徴を持っていると言えよう。


悪知恵を働かせて夜の森に誘い込むというあくタイプの性質と、農作物を育てる力があるというフェアリータイプの性質を併せ持つ。

ベロバーから変わらず、負の感情を吸い取ってエネルギーにしているが、マイナス思考の人からは余分なストレスを減らしてくれるため人気らしい。


自分の筋力に自信がないため、騙し討ちなどの卑怯な戦法を好む。それ故、レベルアップではもっぱら悪タイプの技ばかり覚え、自力で覚えるフェアリー技は「じゃれつく」しかなかったりする。

ステータスはこの時点ではまだ攻撃より特攻が高く、進化後よりも少しだけ素早い。


名前の由来は「欺罔(ぎもう・人を欺くことの意)」及び「毛」の音読みと思われる。その外見から映画『グレムリン』のギズモも由来に入っている可能性がある。


使用トレーナー

アニメ版


漫画版


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ


『アニポケ・リコとロイの旅シリーズ


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

15章でマリィの手持ちで登場。

原作ゲーム版では終盤のセミファイナルトーナメントでオーロンゲが登場するが、こちらはギモーからの登場となる、


関連イラスト

ついったに上げてたポケモン絵ギモー

ベロバー系まとめぎもーくん


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン剣盾

ポケモン一覧 あくタイプ フェアリータイプ


0859.ベロバー0860.ギモー→0861.オーロンゲ/キョダイマックスオーロンゲ


♂️しかいないポケモン

ニドラン♂/ニドリーノ/ニドキング

ケンタロス/パルデアケンタロス(コンバット種/ブレイズ種/ウォーター種)

バルキー/サワムラー/エビワラー/カポエラー

バルビート ラティオス/メガラティオス

エルレイド/メガエルレイド ガーメイル

ダゲキ ナゲキ

ワシボン/ウォーグル/ヒスイウォーグル

トルネロス(けしん/れいじゅう)

ボルトロス(けしん/れいじゅう)

ランドロス(けしん/れいじゅう)


ポケモン関連


その他

悪魔 意外!それは髪の毛ッ!

関連記事

親記事

ベロバー べろばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 400349

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました