ピクシブ百科事典

ビオラ(トレーナー)

びおら

ビオラとは、『ポケットモンスターX・Y』に登場する人物である。
目次[非表示]

「シャッターチャンスをねらうように しょうりを ねらっていくんだから!」

概要

ポケットモンスターXY」に登場するキャラクター。
カロス地方のハクダンシティジムのジムリーダー。女性ジムリーダーでは初のむしタイプ使いである。
勝利すると「バグバッジ」と「まとわりつく」のわざマシンが貰える。
キャッチコピーは「笑顔を 見逃さない カメラガール」

本業はカメラマン。主人公が最初に戦うジムリーダーとなる。
いいんじゃない、いいんじゃないの!」が口癖。
ジムの内部は大きな蜘蛛の巣となっており、蜘蛛の糸を辿って進んでいく。

姉はジャーナリストのパンジー

XY


名前の由来は姉妹揃って「三色スミレ」から。ビオラは花の直径が3〜5cm以下のものをこう呼ぶ。

容姿

ビオラさん


毛先が虫の触覚のようにカールした金髪とふとまゆ(公式設定)が特徴。
服装はタンクトップと多数のポケットが付いたズボン。
手に持ったカメラの他に小型カメラを肩から下げている。
ズボンのポケットには何が入っているか不明だが、中身は全て詰まっている模様。
公式イラストではタンクトップと肌の境目にへその陰も描き込まれている。
ちなみにカメラは姉のパンジーから、バレッタはマーシュからの貰い物である。

使用ポケモン


両方ともむしタイプだが、アメタマみずタイプ持ちな上に「あわ」や「みずあそび」を覚えているため、むしタイプと相性が良いフォッコでも油断ならない。
ビビヨンはむしタイプ・ひこうタイプなので、ケロマツとフォッコなら苦労することはないが、「まとわりつく」が毎ターン攻撃するうえ、交代できない技なので注意。
相性が悪いハリマロンで挑むときは、レベルアップで覚える「ころがる」を何とか活かしたいところ。
ポッポヤヤコマ、もしくはピカチュウを育てておけば楽に突破できるだろう。
彼女に勝利するとバグバッジと技マシン83「まとわりつく」が手に入る。

バトルシャトー


爵位はマーショネス。
両方ともむし・ひこうタイプであるため有効なタイプは多め。
アメモースはいかく持ちなので物理型では思うようにダメージを与えられず、ビビヨンは先制して「ふんじん」を使いほのおタイプを封じてくる。
ジム同様、ひこう、でんきなどのタイプで戦うのがオススメ。

アニメ版


「シャッターを切らなきゃ写真は撮れない!攻撃しなきゃバトルには勝てないわ!」

CV:下屋則子
アニメ「ポケットモンスター XY」では第5話に初登場。
ゲーム同様カメラマンで、パンジーの妹。パンジーの話によると、一度出かけるとなかなか帰ってこない性格で、しばらくジムを留守にしていた。時々姉の手伝いもしているという。
ジムの中にはこれまで彼女が撮影した虫ポケモンの写真が一部展示されている。
彼女の美貌に惚れたユリーカからはシトロンの嫁候補に上げられた。

ジム戦ではアメタマとビビヨンを使用。サトシピカチュウヤヤコマを相手にする。
タイプ的には不利だったが、アメタマのれいとうビームでバトルフィールドを氷のフィールドに変える戦法で勝利。ビビヨンでヤヤコマを凍らせたフィールドに叩き付けたり、ねばねばネットに張り付けてからソーラービームで撃破するなど、ドSとも思われる攻撃ぶりを見せた。
翌回もアメタマで氷のフィールドを作るが、凍らせたフィールドの欠片がビビヨンの羽根に貼り付き、動きが鈍くなったところをピカチュウの10万ボルトで攻撃され敗北した。
ゲームとは違い、「いいんじゃない、いいんじゃないの!」の台詞は使われていない。

その後第20話のバトルシャトー回にもゲスト登場。XY攻略ガイドの設定資料に掲載されているフォーマルな姿でサトシたちと再会した。爵位はゲーム版とは異なり「ダッチェス」。
ショウヨウシティのジムリーダーザクロとは友人関係にあるらしく、お互いに「ザクロくん」「ビオラ」と呼び合っている。
サトシとテスラのバトル後にザクロから対戦を申し込まれ、最高爵位をかけて挑戦を受けるも、ザクロのイワークにアメタマを撃破されてしまい敗北した。

またXY&Z編42・43話にて、サトシとアランを援護すべく集結したカロスジムリーダーの一員として再登場。ジガルデの巨石を眺めながら「足引っ張らないでよね、ザクロ君!」とザクロ本人に宣言したり、巨石からの攻撃を受け転落したところをザクロに真正面から受け止められた後に2人一緒にツタで拘束されたり、その後もあらゆるシーンで彼らのリア充っぷりが流されており、視聴者を騒然とさせている。

余談だが、アニメ版において姉のパンジーを演じた遠藤綾氏は後の『ポケモンマスターズ』においてビオラを担当している。

他媒体

ポケモンマスターズ

CV:遠藤綾
相棒ポケモンはアメタマ→アメモース。
ストーリー第14章でツクシとチームを組んで主人公と対戦。
同章をクリアすると仲間にすることができる。

配布バディーズでありながらもその性能はなかなかに優秀な部類で、テクニカルらしくバインドやデバフといった妨害に特化したテクニカルらしい性能をしている。

使用する技は相手1体をバインド状態にする「まとわりつく」と、相手全体を攻撃しつつとくこうを下げる「むしのていこう」の2つ。
バインドによってジワジワとHPを奪うだけでなく、相手全体のとくこうを下げることでチーム全体の生存率を上げることができる。
また低耐久なことが多いテクニカルの中では226とそこそこ高めのとくぼうを持ち、トレーナー技「いいんじゃない!」で自分のとくぼうを2段階上げつつ自身に回復付帯状態を付与できるため特殊技主体の相手に対してはなかなか場持ちが良く、長期戦も可能。

バディストーンボードでは「相手拘束ダメージ増加2」の恩恵でバインド状態の相手が受けるスリップダメージを増加させることができる上、「ピンチ時HP回復4」を獲得したことでより長期戦における耐久性能に磨きがかかった。
その一方で低威力の技しか持たないために攻撃役には向かず、相手のこうげきを下げる手段は戦闘開始時に効果を発揮するパッシブスキル「登場時攻撃ダウンG1」の1回きりで自身のぼうぎょを上げる手段は持たないため物理技主体の相手には打たれ弱い。

相性の良いバディーズとしてはとくこうの下がった相手に対して高火力を叩き出すカリン&ヘルガーアデク&ウルガモスが挙げられる。
特にカリンはボードスキル「相手妨害状態時威力↑5」で妨害状態の相手に対しても火力が大きく上がるので、カリンをメインアタッカーとして運用する場合は彼女の存在が非常にありがたい。

また、メインストーリーのチームメイトであるツクシとはイベントなどでの絡みが多く、妄想を捗らせるプレイヤーも少なくない。


関連イラスト

ハクダンの森
ちびビオラ



関連タグ

ポケモンXY むしタイプ
ジムリーダー ジムリーダー(カロス) パンジー(ポケモン)

他のむしタイプの使い手
ツクシ リョウ アーティ グズマ

ポケモンカメラマン関連

アニポケ無印のゲストキャラにして『ポケモンスナップ』シリーズの登場人物。
別名「自然を愛する(自称)天才カメラマン」。
口癖は「シャッターチャンス!」「おっといただき!」等。

アニポケではポケモンフォトグラファーを目指す少年として登場。

関連記事

親記事

ジムリーダー(カロス) かろすのじむりーだーたち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビオラ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3119611

コメント