ピクシブ百科事典

タイヨウの海賊団

たいようのかいぞくだん

タイヨウの海賊団とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する海賊団である。
目次[非表示]

執拗に現れる海軍の追手を何隻も海に沈め
「タイヨウの海賊団」は進撃を続けたーー

概要

聖地マリージョア襲撃事件を起こした探検家フィッシャー・タイガーと解放された魚人や人魚の奴隷を見捨てられないとタイガーを慕う魚人街出身の猛者たちが集い、今から15年前に旗揚げされた海賊団である。元奴隷とそうでないものが識別されぬよう、天竜人の紋章を覆い隠すような太陽の印を全員体に焼き付けている。

発生の経緯が「行き場のない脱走した魚人奴隷達の受け皿」であったため海賊行為もそれ程荒々しいものではなく、「自分達は野蛮な人間達とは違う」というタイガーの信念から不殺を貫いた。
一部それを「手ぬるい」とする者達もいたが、タイガーはその意見に耳を貸すことはなく、タイガーが海軍による攻撃が原因で戦死し船長がジンベエに交代してからも不殺の精神は徹底された。

しかし、ジンベエが王下七武海に加盟すると、タイガーを卑劣な方法で殺した世界政府の狗になることに我慢ならない者達が離脱する。七武海加盟に伴い釈放されたアーロンが元の海賊アーロン一味に戻ることを宣言して反人間の気質が強い船員と共に独立し、それを受けてマクロも昔みたいに好き勝手やろうと人攫いの海賊マクロ一味と戻った。この分裂騒動以後、ジンベエ達本流は魚人島(リュウグウ王国)を拠点として活動するようになった。

マリンフォード頂上戦争でジンベエが七武海脱退後、四皇ビッグ・マム率いるビッグ・マム海賊団の傘下に入った。なお、ジンベエが麦わらの一味加入を船員に宣言した後は、アラディンを筆頭とするタイヨウの海賊団の面子はその意思に従いビッグ・マム海賊団の傘下から抜けた。


世間的には魚人海賊団とも呼ばれているが、彼ら自身は一貫してタイヨウの海賊団と名乗っている。

組織構成

船長のタイガー以外は明確な上下関係がある訳では無いが、ジンベエと船医のアラディンはタイガーと並んで1ランク上の扱いを受けている。またアーロンやマクロも元々自前の海賊団を率いていたためか、他の船員よりやや上の扱いをされていた。

主要人物

☆は現在所属しているメンバー

フィッシャー・タイガー(船長/タイの魚人)※死亡

大アニキッ☆



ジンベエ(2代目船長/ジンベエザメの魚人)※麦わらの一味に加入

親分は30歳



アラディン(船医→副船長/イタチウオの人魚)☆

戦うお医者さん



アーロン(船員/ノコギリザメの魚人)※離脱

アーロン



ハチ(船員/タコの魚人)※離脱

クロオビ(船員/エイの魚人)※離脱

チュウ(船員/キスの魚人)※離脱

マクロ(船員/マクロファリンクスの魚人)※離脱

タンスイ(船員/アロワナの魚人)※離脱

ギャロ(船員/出目金の魚人)※離脱


ワダツミ(船員/オオトラフグの魚人)☆

らくがき♪



シャーロット・プラリネ(アラディンの妻/シュモクザメの人魚)☆

Charlotte Praline



関連項目

ONEPIECE フィッシャー・タイガー ジンベエ アラディン ワダツミ シャーロット・プラリネ
アーロン 魚人海賊団

コアラ(ONEPIECE):タイヨウの海賊団に救われた一人の少女。後に魚人族のため革命軍に加入する。

関連記事

親記事

海賊(ONEPIECE) かいぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイヨウの海賊団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62408

コメント