ピクシブ百科事典

マクロ(ONEPIECE)

まくろ

漫画『ONEPIECE』の登場人物。 (中央にいる、腕にタトゥーが見られるキャラ)
目次[非表示]

概要

CV:長嶝高士
 
主にシャボンディ諸島周辺で人さらい稼業に精を出すマクロ一味のボスで、深海魚マクロファリンクス魚人
部下のギャロタンスイと共に高値のつく若い女人魚であるケイミーを狙っているがことごとく失敗している。
 
ちなみにマクロファリンクスはフクロウナギの別名。魚人ではないが、後にその「フクロウナギ」とアダ名された男が登場した。

人物像

  • 容姿

褐色肌にフランキーポパイのような太い腕、大きく張り出した受け口が特徴。
「深」と書かれた腰巻きを身に付け、腕に錨マークのタトゥーがある。
タイヨウの海賊団のシンボルである太陽の焼き印は左胸にある。

  • 戦闘能力
作中ではほとんど戦うシーンがなく、タイヨウの海賊団時代には船上戦で二丁拳銃を使用していた。
 
  • 性格
粗野だがどこかマヌケで愛嬌もある。魚人たちの中でも卑怯者で知られており、同じ魚人族や人魚族を人間屋に売ることに抵抗が少ない。
人間には偏見を抱いており決してよく思ってはいないものの、アーロンほど極端ではない様子。
そのためか訳あって船に乗った人間の少女コアラにもそこそこ心を開いたかのような素振りを見せ、別れの際には部下共々涙を流して惜しんでいた。
もっとも、間接的とはいえ、元同僚であるはっちゃんの仕事を妨害するような行為を繰り返すといった迷惑でしつこい一面もある。

主な活躍

初登場は扉絵連載「はっちゃんの海底散歩」で、久々に再会したはっちゃんに「伝説のタコ焼き」の在処を記した海図を渡し、どさくさに紛れてケイミーとパッパグを攫った。しかし海図のありかが指し示すのは巨大な・大タコマッシュの住み家で、「ダマされた」と早合点し激怒したはっちゃんに船ごとボコボコに叩きのめされてしまった。
実はマッシュの帽子には秘伝のタレが隠されており、マッシュの肉で作ったタコ焼きが伝説のタコ焼きの正体であった。

その後本編にも登場し、トビウオライダーズと結託してはっちゃんを監禁、ケイミーを奪おうとするも、麦わらの一味によりはっちゃんを解放され失敗。
この際どこぞの黄金パターンを彷彿とさせるコントのような名乗り口上をあげた上ではっちゃんと交戦しようとするが、3人纏めてタコ焼きパンチで遠くへ飛ばされた。
 
そして魚人島編の過去編にて、かつてアーロン一味ジンベエ達と共にフィッシャー・タイガー率いるタイヨウの海賊団に属していたこと、「タイガーの死によってジンベエが後任になってからも同行していたが、そのジンベエが王下七武海に加盟すると決めた事に反発し海賊団を去った」という経緯が明かされた。

関連記事

ONEPIECE 魚人街 ギャグキャラ

関連記事

親記事

マクロ一味 まくろいちみ

兄弟記事

コメント