ピクシブ百科事典

人間屋

ひゅーまんしょっぷ

「ONE PIECE」に登場する奴隷商売。
目次[非表示]

ナミ「政府にいくら渡してるの!?」
ガードマン「政府や軍の方々は我々と話をしても『人身売買』という単語が『聞き取りづらい』らしくこの商売のことなど全く知らないようですねェ」
サンジ「バカバカしい…完全にグルってわけか…」

概要

ONEPIECE』世界の闇商売の一つ。
世界政府では、否、世界中のどの国をもってしても「人身売買」を重罪として禁じている。その「犯罪」を堂々と行っているのが、偉大なる航路の折り返し地点「シャボンディ諸島」に存在する人間屋(ヒューマンショップ)である。

人間屋で売り買いされているのは世界政府非加盟国の住人及び犯罪者とされており、主に海賊や、シャボンディ諸島に無数に存在する賭場での破産者などが贈られることが多い。しかし、それはあくまで名目であり、実際は高値が付く人魚などの非人間種族(注:この名称は便宜的なものであり、彼らと人間種族との間の優劣などには無関係である)などは何のも持ちあわせていなくても、人攫い屋により人間屋送りにされることがある。
内部では競売オークション)が行われており、観客の間で競り落とされた者に奴隷の保有権が渡される。競売送りが決定次第、奴隷には外すと爆発する首輪が付けられるため、脱走もしくは重態を意味する。
競売前の奴隷を「奪還」することは、他人の財物を強奪することと同一という信じられない扱いになっており、止めようとしても秩序を維持する側の世界政府から逮捕される。

このような目を覆わんばかりの惨劇が繰り返されているのは、ひとえに天竜人の存在が大きい。彼らは往々にして他の人間を動物扱いしており、彼らの住む聖地マリージョアにおいては奴隷とはごく当たり前の「モノ」である。ホーミング聖などといったごく一部の例外を除いてはその認識は「常識」であり、対消費財として奴隷を使い潰していくが故に、シャボンディ諸島ではこうした奴隷売買に関するイリーガルな商売が幅を利かせている。
天竜人により掌握されている世界政府はこれに異を唱えるわけにもいかず、むしろ悪人を人件費ゼロで使い潰せるため重宝しているフシすら見受けられる。冒頭の台詞からわかる通り人間屋は政府から黙認されており、海軍本部では「職業安定所」という隠語で呼ばれている。

ちなみに、過去一度魚人により自爆テロが敢行され死傷者も出たことがある。

胸糞悪いリスト

以下は奴隷オークションの底値とされている。


関係者

デスコ

CV:増谷康紀
人間屋の支配人麦わらの一味が起こした乱闘騒ぎで店を破壊された上に、逆上したシャルリア宮銃撃を受け負傷。しまいにはドフラミンゴから見限られ、2年後の扉絵連載ではホームレスにまで落ちぶれていた。

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

王下七武海にしてドレスローザ王国国王、そして人間屋のスポンサー。麦わらの一味やキッドローの起こした騒ぎを受けて事業を切り捨てる。ちなみにローは元部下。
彼の出生から考えれば、微塵もこの稼業に後ろめたさを感じなかった理由は読み取れる。

人攫い屋

マクロ一味やらデュバル(改心)やら、この近海を縄張りに無数に存在する。
基本的に彼らは「犯罪者」扱いされ、世界政府から摘発の対象になる「こともある」(いつもとは言っていない)。

関連項目

ONEPIECE 人身売買 誘拐 拉致 強制労働
吐き気を催す邪悪

pixivに投稿された作品 pixivで「人間屋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント