ピクシブ百科事典

マザー・カルメル

まざーかるめる

マザー・カルメルとは、『ONE PIECE』に登場するシスターである。
目次[非表示]

プロフィール

本名カルメル
異名聖母(マザー)
出身地不明
年齢43歳(100年前)→80歳(63年前)
年齢12月21日(ひ(1)つ(2)じ(2)のい(1)え)
CV平野文


概要

巨人族の住むエルバフの外れで孤児院羊の家を開いていたシスター。
アニメ版での髪色などは乳白色

若い頃は美女で、その頃からヘビースモーカーだった。老女となった頃には美女の面影はないが、常にあけすけでフランクな笑顔を絶やさない人物だった。

身寄りのない子供達を育てており、常に優しく親身に接していたため、『羊の家』にいる子供はどんな悪童でも更生し、良き里親と巡り合うとして評判になり、いつしか『聖母』と呼ばれるようになった。エルバフの人々からも慕われ、孤児院の子供たちと一緒に祭事などによく招待されていた。



この先、地獄のお茶会編以降のストーリーに関するネタバレ注意
















シャーロット・リンリンが持つ「ソルソルの実」の先代能力者である。

来歴

100年前、43歳だった彼女は、頭目二人を失い油断して海軍に捕まった巨兵海賊団残党数名が処刑される場に現れた。
”シスター・カルメル”は「天が和解を求めている」と処刑をやめるよう進言。彼女の言葉に呼応するかのように天候は荒れ、「その者達を殺せば!!エルバフの戦士達は再び軍隊を成し!!人間達に復讐を誓うでしょう!!罪を許しなさい!!私が導きます!!この世のあらゆる種族が手を取り、笑いあえる世界へ!」というと、稲妻の光が指し示すがごとく彼女を照らした。

カルメルの言葉で処刑は取りやめられ、カルメルはその宣言通り、エルバフの地「ウォーランド」に身分種族を問わず行くあてを失った子供たちを受け入れる「羊の家」という施設を開いた。
奴隷にされかけた子供や暴動の末、国を追われた王子、親の手にも負えなくなった問題児等の身寄りがない子供たちの面倒を見たり、それらに加え、人間とエルバフの巨人たちの交易を取り持ち、巨人族と人間の交友の懸け橋となった彼女は子供たちからも巨人達からも「聖母」と呼ばれていた。

63年前、40年近く羊の家を運営し、80歳となった彼女は、手に負えなくなった両親によってエルバフに捨てられた、後の四皇”ビッグ・マム”となるシャーロット・リンリン(当時は5歳児だったが巨人の子供並みの体格)を拾う。
リンリンはわずか5歳にして人間を超越した暴力を備え、数多の破壊活動により寛大な処分として故郷の国から国外追放に。リンリンの両親も泣く泣く彼女を、聖母の運営する羊の家のあるというウォーランドに置いていった。

規格外のリンリンのパワーによって、彼女が何ら悪意なく善意のもとで多くの者を傷つけた際には、驚きながらもリンリンの気持ちを察し、全てを許して彼女を諭し、子供達や巨人と打ち解けられるよう尽力した。
そのかいあってリンリンは無自覚の暴力で傷つけることも少なくなっていき、巨人族や羊の家の子供達とも友達になれた。
カルメルはリンリンにとって生まれて初めての理解者であり、リンリンは彼女を強く慕った。

リンリンが冬至祭前の断食の時、初めて食いわずらいを起こしてエルバフの村を壊滅させ、更には元巨兵海賊団団長・巨人族の英雄である滝ひげのヨルルに死を招く重傷を負わせてしまった際には、リンリンの食いわずらいを抑えるとともに、ソルソルの実の力で村を燃やす劫火を支配下に置き鎮火。
山ひげのヤルルがリンリンを処刑しようとした際には彼女をかばい、自分を慕う他の子供たちと共に巨人族の村を後にした。

―――彼女は多くの子供を育てリンリンの命も守ったが、それは決して純粋な善意によるものではなかった。
実は裏で世界政府・海軍とパイプを持ち、秘密裏に孤児を海軍等に身なし子売りをしていたブローカーだったのだ。
50年に渡り子供を売ってきた経験を持ち、37年前の巨兵海賊団処刑の一件も、エルバフに潜り込むための海軍との一芝居に過ぎなかった。

裏社会での異名は「山姥」。

羊の家」の子供達を育て、器量のいい孤児を2年に1度、世界政府や海軍に売りつけていたのだった(子供達には一切気づかれていない)。
孤児は足がつかないため、サイファーポールなど諜報部員にうってつけであり、更には彼女が人間と巨人族の間に交流・人脈を築いたおかげで巨人初の海兵も誕生するきっかけをつくっている。
将来は三大将クラスになれる稀大な資質を持ったリンリンをきちんと教育した上で、政府の役人に対し高く売りつける事を目論んでおり、彼女をかばったのもこのためである(リンリンを売り飛ばした後は足を洗って引退を考えていた)。当然この事実をリンリンが知ることはなかった。

エルバフを追われた後は違う別の巨人族の国で、自分を慕う巨人族の力を借りて羊の家を再建し、また子供達と同じように暮らし始める。
このとき子供達には「ここを私達の国にしましょう! みんなが平等に暮らせる夢の国!!種族間の差別も何もない、みんな同じ目線で暮らせる国!!」といい(無論”聖母”としてのお題目、要するに口八丁であるが)、一層の笑顔で励まし、そのかいあって数日で子供達は元気を取り戻し、また日常が戻ってきた。

だが、その日常はあまりにも呆気なく、あまりにも悲惨な形で終わりを告げた。

リンリンが6才の誕生日を迎えた日、羊の家の子供達と共にクロカンブッシュを用意してサプライズパーティーを開く。
しかし、リンリンが大喜びで涙を流しながら、無我夢中で机もかじる勢いでクロカンブッシュを食べ終えて一息ついたとき、リンリンの前から他の子供達やカルメルは姿を消していた。

この出来事はリンリンの大きなトラウマになり、一枚しかないマザーの写真を落としたりするだけでパニック状態に陥るようになってしまった。

………そう、実は幸せのあまり理性が飛んでしまったリンリンによって、他の子供達と一緒に……………

追放こそしたものの、カルメルと羊の家の子供達を気にかけて密かに見守っていたエルバフの一人はその光景を目の当たりにし、その恐怖に青ざめながら大慌てでエルバフに帰還して事の次第を報告。
こうしてリンリンは、カルメルを慕う全巨人族にとって名前を出すことさえ憚られる、忌わしい存在として憎悪されることとなった。
またその時、現場にはシュトロイゼンもおり一部始終を見ていた(因みに彼はその狂気に満ちた光景を見て笑い転げていた)。

リンリンはカルメルが目をかけていたこともあり、CP(サイファーポール)から危険視され、当時6歳という幼さでありながら5000万ベリーの懸賞金をかけられる。
だがマザーの死によって暴走を止めるものが誰もいなくなった彼女は、己の欲を満たすため、マザーの「誰もが平等に平和に暮らせる国」をつくる夢を叶えるため、災厄として破壊を繰り返してゆき、海賊として暴れまわるようになっていった。

余談

  • マザー・カルメルは悪人と言えるのか?

「孤児の人身売買」を行っており、本人も聖者を騙っている偽善者のつもりであったが、実は結果も含めて行為そのものを見ていると悪人と言えるのかは微妙なラインであると言える。
というのも、彼女自身の本心はともかく約37年間、羊の家で孤児を育ててきた実績がある。家にやって来た子供達は、誰もかれも皆捨て子や孤児であり、カルメル自身が拉致誘拐するなどして集めてきた訳ではない。同時にフランキー並の問題児も多々おり、カルメルに拾われなかった場合、その子達はのたれ死ぬか海賊などの犯罪者になるのが関の山であった。

そんな問題児たちの心を開き、彼らを真っ当な人間に育て、素質のある子供は海兵や諜報部員になるよう根回ししてきたのは、紛れもなくカルメルの実績と手腕である。終生バレなかったことを踏まえると子供の側も売られた自覚がなく「新たな里親の手配」「就職斡旋」という認識をしていた可能性が高い。子供達の将来を手前勝手に決めていると言えばその通りだが、世間に居場所の無い孤児達の立場を考えれば十分恵まれた将来を与えているとも言える。
政府からお金を巻き上げていたとはいえ、やっていることは数十年以上孤児達を育てた偉業そのものである。おまけに、そのお金を用いてシーザーのように豪遊をしていた描写はなく、嗜好品らしい品も煙草ほどしか見受けられない。
稼いだお金が何処へ消えたのかは不明だが、人身売買の価格相場とカルメルが行なっていた2年に1回という人身売買の頻度を考えると、恐らくその殆どは羊の家の運営費に当てていたものと思われ、どれだけ利益があったのかは怪しいものがある。早い話が引退直前の1回を除き金儲けにしては明らかに割に合わない稼ぎ方をしていたにも関わらずその体裁を貫き通していた事になる

加えて、彼女がエルバフと人間の交易関係を築くのに尽力し、詳しい経緯は不明だが、彼女の築いた人脈のおかげで海軍初の巨人の海兵が入隊することに成功している。つまり、海軍の大戦力である巨人部隊の礎となったといえる。
諜報部員・巨人海兵の誕生など、彼女が世界の平和のために及ぼした影響は計り知れない(万国の平和も、カルメルの「みんなが平等に暮らせる夢の国」という夢をリンリンなりに叶えようとしたものである)。

カルメル本人はその生き様を「羊の家でガキ共をダマし続けるガキ売り稼業」「聖母を演じるのも楽ではない」と認めてすらおり、いい加減に引退した方がいい悪党の所業と思っていたが、その行動と実績は多くの人々の役に立っており、何より多くの子供達が救われているである。ある意味で「「完璧な聖母」を完璧に演じきれば、それはすなわち「完璧な聖母」そのもの」と言えるかもしれない。

だがカルメルは最後の最後で、リンリンの異常な危険性を図りそこねてしまう、取り返しのつかない失敗を犯してしまった。

本人にも一切制御どころか理解すらできないという欲望と狂気を秘めていたリンリンは、図らずもわずか6歳にしてカルメルの庇護を離れてしまう。
抑えられる者が誰一人としていなくなった彼女は衝動のままに暴れ続け、いつしか四皇として世に君臨。そしてカルメルの言う理想郷を築く事を夢見て行動するようになっていった。

何よりカルメルがリンリンをしっかり育て上げていたなら、リンリンは多くの人々を救う海軍大将になっていたかもしれないのである。
(もっとも、リンリンの暴走で最期を遂げる前に、既に危険な思想と、城を駆け巡りつつ能力を発動させるといった俊敏性などの潜在能力を持っていたシュトロイゼンが、高齢であったカルメルと子供達に接近してしまっていたため、仮にリンリンが暴食でカルメル達を襲うことなく食事したとしても、悲劇は別の形で起こっていたかもしれないが・・・。)

彼女が豪語している通り、本編時間軸から約100年前、彼女がエルバフをはじめとする巨人族と人間の交易の懸け橋となったことで、巨人族初の海兵の誕生につながった。
つまり彼女の存在がなければ、今日に至る海軍本部中将が多く所属する巨人部隊の設立は大幅に遅れる、もしくはなかった可能性すらある。
その場合、22年前、ハグワール・D・サウロは海軍本部中将としてオハラ殲滅作戦に携わることもなく、ニコ・オルビアは脱走できず、極論となるがニコ・ロビンはオハラで死亡していたかもしれない。
当然その場合はバロックワークスの運営やアラバスタ王国の内乱も違ったものになっていたというのも有り得る話である。

山姥は鬼のごとき凶悪なイメージもある一方で、金太郎を育てたような美人のものも存在する。立場によって善とも悪ともとれる、カルメルにふさわしい異名である。

  • 声質
43歳の若い姿で登場したのは最初だけで、後は老女となった80歳の姿での登場なのだが、アニメ版で声優を務めた平野文氏は登場当初の43歳の声質及び口調のまま80歳のカルメルを演じた。このため老女となった後も非常に若々しい口調と声質になっている。

  • 元ネタ?
明言はされていないが、恐らくモデルとなったのはこの方
この人物も、表の顔と、噂される裏の顔のギャップとが凄いことで有名



関連タグ

ONEPIECE シャーロット・リンリン エルバフ(ウォーランド)

サイファーポール 
海軍(ONEPIECE) ジョン・ジャイアント

pixivに投稿された作品 pixivで「マザー・カルメル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4829

コメント