ピクシブ百科事典

シュトロイゼン

しゅとろいぜん

シュトロイゼンは少年漫画『ONEPIECE』の登場人物である(メイン画像から右にいる人物)。
目次[非表示]

プロフィール

本名シュトロイゼン
異名美食騎士
懸賞金不明
所属ビッグ・マム海賊団/総料理長
能力ククククの実(超人系)
CVアニメ未登場


概要

ビッグ・マム海賊団総料理長。

青年時代は海賊崩れの料理人として活動していた。

名前の由来は小麦粉バター砂糖を混ぜて焼き上げ、ケーキ等の上に乗せるトッピングのシュトロイゼル

人物

「美食騎士」の通称を持っており、シャーロット・リンリンからの信頼も厚い。
海賊だった経緯もあり、リンリンの過去の一件を観た時にむしろ歓喜し、そのまま死に絶えるのがもったいないと思う様な危険な思想の持ち主。
その一方でリンリンとの付き合いも長く、彼もリンリンのことは保護者的な感覚で心配はしている様子。

単行本第85話収録の第858話ではウェディングケーキ制作のシーンでは、部下の料理人と共に以下のような歌を唄っている。

ゆるふわの
トロふわの
人生なんて
ありゃしない!!
苦行の人生 涙の味は
塩少々
くやし涙は
大さじ一杯
だったらてめェのデザートはァ!!!
甘いケーキがいいじゃない

(料理長~!!)

戦闘能力

名称ククククの実
解説あらゆる物を食材に変えることができる。
種類超人(パラミシア)系


あらゆる物を食材に変えることができ、丸太をハムに変える際には切ったり、城をケーキに変える時には突き刺していたために食材に変えるには触れるのではなく包丁を使うことが必須なようであるが、味に関してはあまり良い物ではなく、リンリンからは「腹にたまるが、美味くはない」と評されている。

カポネ・ベッジからは「ずっと謎の存在だった」と語られており、同時に「戦ったら相当強いはず」とも評されていたことからかなりの実力者であることが窺われている。

活躍

※この先は単行本未収録のエピソードに関する記述が含まれていますので閲覧に注意。





























過去
63年前、リンリンが幼少期に引き起こした「羊の家」での事件の一部始終を見ており、リンリンの所業や能力、資質に興味を抱き、放っておけばリンリンが餓死すると感じ、それはもったいないと思ってリンリンに近付く。
半ば親代わりを務め、リンリンの夢を聞きながら、やがては自身の助力を以ってビッグ・マム海賊団を結成していき、最古参のメンバーとなる。

新世界
ビッグ・マム総料理長として年老いた姿で登場し、開かれる結婚式のためにウェディングケーキを製作した。

サンジシャーロット・プリンの結婚式の騒動で彼女が錯乱状態に陥り、ベッジ達に命を狙われていた際は、正気に戻るように必死に呼びかける。
やがてホールケーキ城が玉手箱の爆弾で崩壊した際には城その物をケーキへと変える事で万国に起こる大惨事を未然に防いだものの、当の本人は着地に失敗して包帯でぐるぐる巻きになる程の重傷を負ってしまった。

関連タグ

ONEPIECE シャーロット・リンリン ビッグ・マム海賊団

pixivに投稿された作品 pixivで「シュトロイゼン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226

コメント