ピクシブ百科事典

マザー・テレサ

まざーてれさ

「マザー・テレサ」は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。
目次[非表示]

来歴

本名は アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。
マザーは指導的立場にある修道女への敬称。テレサは修道名。

1910~1997年。マケドニア(旧ユーゴスラヴィア)生まれ。18歳のときロレット修道会のスターとしてインドにわたり、布教活動のかたわら修道会付属高校で教師として働く。36歳の時に神の啓示を受けて独自の修道会組織をつくり、貧しい人や孤児、難病患者の救済活動にのりだす。スラムの人々とともに暮らし、宗教や民族の壁をこえて「愛の奉仕」を実践するマザーの姿は全世界で熱い感動を呼び、1975年にはシュバイツァー賞、1979年にはノーベル平和が贈られた。日本にも三度来日。1997年9月5日、心臓発作のため87歳で死去。



マザー・テレサの言葉として

  • 「遠くののことよりまずあなたの家族、貧しい同国人を救いなさい」
  • 「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である」
  • 「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、を持って接することだ」
  • 日本人は他国のことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」

で知られている。

関連リンク

マザー・テレサの言葉・名言集
マザー・テレサ語録
マザーテレサの日本人への提言

関連記事

親記事

修道女 しゅうどうじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マザー・テレサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89965

コメント