ピクシブ百科事典

修道女

しゅうどうじょ

修道誓願を立て信仰生活をする女性
目次[非表示]

概要

キリスト教用語としての修道女は、修道誓願を立てて実行する女性であり、修道士の女性版である。歴史的な経緯から修道制度はカトリック正教会、および古い分派にのみ存在し、プロテスタント聖公会ではこれを置かないので、プロテスタントの修道女は基本的にいない(プロテスタントでも最古参のルター派は例外)。

同義語のように扱われる「シスター」は呼びかけ語であり、司祭がファーザー(神父)と呼ばれるのに対して一般信徒や一般修道者がブラザー(兄弟)やシスター(姉妹)という関係である。修道女を指す一般名詞は"nun"だが、英語圏でもシスターと呼ばれることが多い(映画「天使にラブソングを…」の原題"Sister Act"など)。

修道女がすること

  • 基本的には修道士と同じであり、カトリックの場合には修道会の目的に添い、正教会の場合には俗世間と離れて隠遁して神に祈りをささげる。詳細は修道士の項を参照。
  • (女性は聖職者に叙階されない規定だが)学者修道女もおり、数少ない女性教会博士であるアビラのテレサ、シエナのカタリナ、リジューのテレーズはいずれも修道女である。
  • 近年の修道院は外部との交流も活発なところが多く、社会奉仕活動で表に出てくることも多い。世界で最も有名な修道女は、社会奉仕活動を目的とする修道会を設立したマザー・テレサであろう。
  • 悪魔祓いに動員されることがある(21世紀になってからも実例あり)。ただしその責任者になることはできない。


修道女がしないこと

  • 通常は修道院で寝起きしており、在家信徒のための施設である教会にはいない。教会で奉仕している信徒は修道女ではない。ただし、普通は修道院内に修道女のための礼拝堂があり、この空間は非キリスト教徒が抱く教会のイメージに近い(というより、非キリスト教徒が教会に抱くイメージが聖堂や礼拝堂のものである)。また何らかの理由があって修道女が教会を訪問することはある。
  • キリスト教では平の修道士・修道女は教役者(聖職者)ではなく、教えられ導かれる信徒である。男性の修道士の場合は聖職者に叙階されて修道司祭になることはあるが、修道士制度を持つカトリックや正教会では女性は聖職者になれない。
  • 病者に塗油する、懺悔を聞く、ミサを執り行うといったことは、司祭など聖職者のみが行う秘跡であり、修道女にそれをする資格は与えられていない。修道女が司祭に懺悔することはある。
  • 修道生活は本来は出家的なもので俗世間とは断絶するものなので、修道女であると同時に世俗の職を持つようなことは基本的にない。ただし、修道院の自給自足のための学校・医院・醸造所は外部に開放されていることが多く、ほとんどの時代で外部との一定の関係は保たれている。


絵に描く時の容姿

詳細は修道服の項を参照。一般的な修道女の衣装や容姿に関しては、(フィクションであるが)映画「天使にラブソングを…」が日本人には分かりやすい。

修道女の頭部衣装
修道女の頭部衣装(その2)



空想上のシスターは大抵若く美しい(そしてしばしば露出度が高い)が、修道女は修道院のなかでずっと生活していくので、年齢構成は外の社会と基本的には同じである。むしろ修道女になろうという若い女性が減り、配偶者と死別後に修道院に入る人が増えたので実際のところ高齢化している。空想上のシスターが若く美しく性的魅力があるというケースは、日本に限らず欧米でも珍しくない。

関連タグ

尼僧

pixivに投稿された作品 pixivで「修道女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3400374

コメント