ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

「やまんば」や「鬼婆」とも言う。北は東北から南は九州まで広く伝承が分布する妖怪。

一般的なイメージとしては、背が高く髪は長く眼光の鋭い女怪。

ルーツは山の神やそれに仕える巫女であり、時代が下るにつれ零落し妖怪化したのだろうと言われている。

「姥」とつくから老婆の妖怪か、と言うと必ずしもそうでは無く、妙齢の女性の姿をした山姥の伝承もある。もっと外見が若いと「山女」や「山姫」と呼ばれる。


山の神は材木や獲物、水といった恵みをもたらすと同時に、ひとたび怒れば土砂災害や洪水といった自然災害を呼ぶ。したがって、山の神に連なる山姥の性格も多岐にわたる。

のように人間を食料としか見なさない凶悪な山姥(例:『牛方と山姥』、『食わず女房』、『三枚のお札』、『お天道さんと金の鎖』)もいれば、反対に人間に恩恵をもたらす福の神のような山姥もいる(例:『ちょうふく山のやまんば』、『糠福と米福』)。その両方の場合もある。三枚のお札の説話では三枚のお札がもたらす神通力を容易く破る程の身体能力や変身能力を有していながら、最後は人間の坊さんに騙されて豆粒に変身したところを食べられている…。


また、山姥は多産かつ難産であるとする伝承や、山姥の死骸や排泄物が薬や金銀錦などの貴重な宝物に変じたというオオゲツヒメウケモチといった食物の女神を思わせる伝承からも、山姥がかつて山の恵みを司った神だった名残が窺える。


特に坂田金時金太郎)を育てたのが足柄山の山姥だったと言う民間伝承は有名。



いわゆる「ヤマンバスタイル」の語源となった妖怪でもあり、こちらは山手線が通っている地域でよく見かけるスタイルをしていた女性を「山姥」に引っ掛けた言葉が広まったものである。(それって山姥じゃなくて街姥なのでは…?)

なお、これを意識したのか実写版ゲゲゲの鬼太郎では世にも珍しい「ヤマンバスタイルのヤマンバ」が見られるが、この妖怪の年齢は全くの不明。元ネタの妖怪は人喰いをする事もあるので、あまり聞かない方が身のためというものだろう。


創作での扱い

あにめたまえ!天声の巫女

センシティブな作品

こちらでもヤマンバスタイルの黒ギャル美女として描かれている。黒ギャル姿である理由は、人界で一世を風靡した「ヤマンバスタイル」を自分たちへの現代流の信仰であると勘違いしたから…という山神や豊穣神としての側面が強調されたものとなっている。ちなみに時々山を下りて渋谷などに出向いているそうだが、山奥に住む長命な種族であるため世俗に疎い上に時間間隔が麻痺しており、今もヤマンバスタイルが若い女性のトレンドだと思っているらしい。

また、腹筋脚の筋肉見事なまでに割れており、意外と筋肉質。上記のパワフルな逸話や、深山幽谷という過酷な環境で暮らしているが故だろう。


東方Project

ネムノ立ち絵 表情差分

東方天空璋』にて初登場。個人名は坂田ネムノ

妖怪のメジャー格の一端を担う山姥だが本作での初登場はシリーズ16作目と、かなり遅めの登場となった。

詳細は該当記事にて。


関連タグ

妖怪 魔女

地母神 豊穣神 女神

アガリビト洒落怖):巫女や尼などの霊力や神通力を持った女性が山奥に迷い込み、妖怪化した存在とする説もある。

坂田金時

坂田ネムノ東方Project):上記のように種族:山姥、とされている。

ハイヌウェレ型神話

奪衣婆:三途の川のほとりで死者の衣服を剥ぎ取る老女の鬼だが、実は日本独自の神格。山姥と同じく姥神としてカテゴライズされる。

関連記事

親記事

山女 やまおんな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1361670

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました