ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ドフラミンゴ「『人身売買』なんてもう古いんだよバーカ…!! 時代は『スマイル』さ」

概要

シーザー・クラウンが研究の末に開発したとされる人造動物系悪魔の実の完成品
オリジナルと同じように食したものに異質な能力を発現させる作用を持つ。

ドレスローザ地下にはこのSMILEを量産するための工場が建造され、シーザーがパンクハザードにて秘密裏に製造していた薬品「SAD」を流し込んだリンゴのような果樹に吸収させ、騙して協力させたトンタッタ族にそれを育てさせることで栽培・量産させていた。
トンタッタ族の面々曰く「とても不自然な果実」で、植物栽培能力に非常に長ける彼らが育てても成分が行き渡りにくいのか完全には模様が変化しなかった物が多く、実際に使えるようなものは全体収穫量の10分の1以下しか採れなかったという。
完成したSMILEは裏ルートにて売買され、最大の得意先である百獣海賊団はこれによって500人を超える能力者の獲得に至っている。

しかし、麦わらの一味ハートの海賊団(というよりトラファルガー・ロー一人)の活躍によって唯一SADを製造できるシーザーを拉致、パンクハザードのSAD製造室もドレスローザのSMILE工場も完全に破壊され、取引を主立って企てていたドンキホーテ・ドフラミンゴファミリー諸共海軍逮捕されたため、生産と流通は完全にストップする。

裏社会ではSMILEの取引の停止に怒り、その原因となったルフィたちを激しく憎む者が多数現れた。中にはドレスローザ近海まで船団を率いて現れた者もいたものの、彼らはたまたま居合わせたイッショウによって全滅させられた。

オリジナルとの違い

オリジナルの悪魔の実が唐草模様を描いているのに対し、SMILEの果実は無数の二重丸のような模様がついたリンゴ、といったところ。
おこぼれ町の住人が「なんてうまいリンゴだ!!」と絶賛しながら食べていた辺り味もリンゴのそれに近いと思われる。
また、食べた者はカナヅチになるという弱点もオリジナルと同様だが、それ以外にも複数のリスクを伴う。

リスクその1「能力を意のままに扱うことができない」

SMILEの能力者は、オリジナルの動物系悪魔の実の能力者と違い、体の一部分を何らかの動物の姿に変身させる事ができる反面、その全身を特定の動物の姿に変身させる事はできない。また、変身させられる部位は個人によって異なる上、どの部位に変身させられるかはランダムらしい。そのため、腕が羊の角になったり、下半身だけが草食獣のそれであったりと、最早能力者であることを差し引いても異形且つ異質で、そもそも外見から見ても能力者」というより「キメラ」という表現の方が正しいかもしれない。
また、火を吐くライオンなど、絶対に普通の動物なら持ち得ない性質を持ったものも確認されている。
もっとも、これについてオリジナルの動物系悪魔の実の一部にも見られる性質ではある(ヘビヘビの実モデルキングコブラや、キリンなのに首を押し込められるウシウシの実モデル麒麟など)。

能力者の中には常時変身している者も見られるが、変身を解けば不都合を回避できるはずなのにそれをしようとさえしない点を見ると、変身したまま普通の姿に戻れない者もいる可能性がある
おまけに動物の頭部が現れるものはその頭部が能力者本人とは異なる意志を持っており、そのせいで能力者本人に動物側が反逆したり、勝手な行動を取ったりすることもある
メイン画像のホールデムは腹の「噛次郎」に股間を殴られドボンは下半身から生えたカバが勝手に口を閉じるせいで会話もままならない始末である。

このような性質が前述のリスクの一環を指しているとすればオリジナルの悪魔の実よりはるかにギャンブル性が強い代物といえ、SMILEの能力者は普通の悪魔の実の能力者以上に人間を辞めているようにしか見えない。
お玉の能力で作ったダンゴ(お玉によれば「人間に効果を発揮した事は無い」)が通用してしまうなど、本当に「人間」として認められるのか怪しい描写さえ見られる。

リスクその2「食べても必ず能力が得られるわけではない」

そして一番のリスクが、「たとえ食べたとしても能力を得られる確率は低く、得られなければデメリットだけを一生負う羽目になる」点である。
悪魔の実の力を人工的に再現・量産したと言えど、それは決して完全ではないため、能力を発現するのはせいぜい10人に1人の割合であり、一度食べれば他の実を口にすることもできない(無理やり食わせれば爆死する)ためチャンスはそれきり。つまり、SMILEは全収穫量の1%しか本来の用途を満たせない
割に合わない商売にも思えるがトンタッタ族の人件費はほぼ0であろうし、彼らの食費も常人よりはるかに少ない以上、本来のルートなら悪魔の実は1個1億ベリーものレートで取引されることもあってドフラミンゴとシーザーはボロ儲けしていた。

さらに、能力者になれない者は「笑顔以外の表情を失い、どんなに憤っても悲しくても爆笑することしかできない」という副作用に死ぬまで苦しめられる。この副作用こそが「SMILE」という名の由来であり、原料である「SAD」は偶然か故意か「悲しみ」を表す単語である。この副作用は既に食され効力が食べた者に移った後も消えない。
百獣海賊団と協力関係にあるオロチはこれを利用し、ワノ国(特にえびす町)が自分達の圧政と土地の汚染で苦しみ悲しむ者が絶えないのに苛立っていたのを、SMILEの食べ残しを支給される食料に混ぜ込み悲しみを表せなくして無理矢理笑顔が絶えない地に変えてしまった(汚染のせいで安全な食料に乏しく飢えていた住民はリスクを知っても食べずにはいられなかったという)。不幸をもたらしながらそれを顔に表すことすらできなくしているので日和はこれを地獄と言わずして何というかと訴えている。

作中で登場したSMILE能力者

以下、特に言及がない場合は百獣海賊団所属である。
メンバーの多くはトランプゲームに関する名前が付けられている。

ジャック軍

名前階級動物名発現箇所
シープスヘッド真打ち両腕が角、髪が羊毛風になる(任意発現型)
ホールデム真打ちライオン腹に頭部・前足、背中に尻尾
スピード真打ち耳、下半身(ケンタウロス型)
バットマン兵卒蝙蝠耳、下半身が蝙蝠の体(尻尾が生えて足の間に皮膜、足の外側に翼)
ガゼルマン兵卒ガゼル
マウスマン兵卒耳、後頭部
スネークマン兵卒ヘソ
シープスヘッドの部下兵卒右腕が頭部(任意発現型)
この他に腕が蟹の鋏、類人猿の腕、ハリセンボンのように棘状となっている者も登場している。

クイーン軍
名前階級動物名発現箇所
ババヌキ真打ち「囚人採掘所看守長」胸に頭部
ドボン真打ち「囚人採掘所副看守長」カバ人間の上半身が前足のないカバの口の中から生えて人間の足がその下から生えている
ソリティア真打ち「囚人採掘所副看守長」腕が6本
ダイフゴー真打ち「囚人採掘所副看守長」足が6本、髪が尾の形
アルパカマン囚人採掘所看守アルパカ首から上
マジロマン囚人採掘所看守アルマジロ背中に甲羅・上半身


ベガパンクの人造動物系悪魔の実

シーザーがSMILEを完成させる前にベガパンクが試作品として作り出した人造悪魔の実。失敗作であったらしく、ガラスケースの中に密閉されて保管されていたが、空腹に耐えかねたモモの助がケースを割って盗み食いしてしまった。

前述したように「失敗作」という話であったはずだが、これを食べたモモの助はしっかり動物系能力者らしい力(しかも明らかに『幻獣種』)を獲得している。
また、能力を上手く制御できてはいないものの完全な人型と獣型の姿に変身する事ができており、自覚こそないものの獣型であれば幻獣種らしい能力を行使する事もできている。そしてやっぱりカナヅチ。
以上のように明らかにSMILEよりもオリジナルの悪魔の実に近い性質を発揮しているのである
実は今のところどのような点から「失敗」と判断されたのかについての言及は無く、もしかするとベガパンクを目の敵にしているシーザーがその出来栄えや効力に邪な考えを抱いて「失敗」と断じていただけという可能性もある。
もしくはこの人造悪魔の実から抽出されたデータが「SAD」の製造に利用されていたらしいので、誰も手出しできないようにするために「失敗作」と伝え、ガラスケースに入れて管理していたのかもしれない。いずれにせよ、現在ではその詳細については不明である。

関連項目

悪魔の実 動物系 百獣海賊団

関連記事

親記事

悪魔の実 あくまのみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SMILE(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379

コメント