ピクシブ百科事典

シノクニ

しのくに

「ONE PIECE」に登場する化学兵器。
目次[非表示]

シーザー「さァ生まれ変わるんだスマイリー!」

概要

 狂気の天才科学者「マスター」シーザー・クラウンの作り出した毒ガス兵器
 他の毒ガスとは異なり、触れた生物皮膚を即座に硬化させるという特殊な効果を有している。
 シーザーが作った毒ガス(硫化水素)は巨大スライムスマイリー」として4年間パンクハザードに保管されていたが、このガスでは効果が出るのに多少のタイムラグが発生するということで、シーザーが即効性を第一に開発したのがこの「シノクニ」である。といっても新規に0から作ったわけではなく、シーザーはスマイリーに巨大な飴玉型の薬品を投与することで完成させた。
 この際にスマイリーは気化し、近くに放置されていた林檎悪魔の実に変化したことから、これによりスマイリーの人格?)は消滅したと思われる。
 
 シーザーはこの「シノクニ」を製品化して売りさばくため、パンクハザードに潜入した麦わらの一味海軍G-5支部、更には自分の部下たちまでこの「シノクニ」の噛ませ犬として使い、全世界に映像電伝虫映像を配信した。

はっぴーばーすでー!


 しかし、麦わらの一味の奮戦によりシーザーは追い詰められ、「ガスガスの実」の力でシーザーはシノクニを体に取り込んでモンキー・D・ルフィに立ち向かうも、覇気を使用した技での外まで吹っ飛ばされてしまった。
 意識を取り戻した後はシーザーはシノクニと分離したらしく、島内に残存したガスもやがてに乗って消えて行った。

対処法

 シノクニは即効性は非常に高いものの、あくまで相手の動きを止めるガスであり、即死させる効果はない。そのため、硬化は表面にとどまり、毒が回る前に表面を砕けば患者は蘇生する。12時間も経てば皮膚から毒が体内を犯すため、なるべく迅速に救助する必要がある。
 このことはシーザーの元上司であるベガパンクも予想していたらしく、ペガバンクの作った防護服を着ている限りはシノクニで硬化することはない。

関連項目

ONEPIECE 化学兵器
ドンキホーテ・ドフラミンゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「シノクニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 939

コメント