ピクシブ百科事典

電伝虫

でんでんむし

電伝虫とは、『ONE PIECE』に登場する生物である。
目次[非表示]

CV:大場真人 龍谷修武

概要

電波(念波)で仲間と交信する性質を持つ、カタツムリのような姿をした生物。個体を識別するための番号があるようで、それに目をつけた人間が受話器やボタンを取り付けたことで、特定の電伝虫と交信し、電話のように使用することが可能になった。
電伝虫達もそれを理解しているようで、危害を加えられることもなく、むしろ安全と生活が保障されるので、野生の電伝虫も人に捕まることを嫌がらない。かと言って飼い殺しをよしとする程堕落してもいないようで、トンタッタにパーツを除去され野生にかえるシーンもある。
その為、劇中でサンジに殻を破壊されたシーンがあるが特に問題はないらしく本体さえ無事なら大丈夫のようだ。
大きいので携帯には不便だが、世界中との通信が可能。部品を接続すればファックスとしても使える他、公衆電話のようにボックスの中に置かれたそのものズバリな「公衆電伝虫」なんてものもある。
人間が受話器に喋ると、受信側の電伝虫が喋っている人間の感情表情を真似しながら声を伝える。使用していない時は眠っているようで、着信時は「プルプルプルプルプル」と鳴く。また極寒など過酷な環境では使用できない。
人によって、電伝虫の外見が所持者に似た装備を付けてたりする。
例:ドフラミンゴの電伝虫は、同じ形のサングラスとピンクの羽のようなファーを付けている。
緊急信号を受信すると号泣するが、海賊の間では海軍が使う罠の可能性もあるため信憑性は50%以下とされている。

大佐なママと悪がきトリオ5


なお船上や海辺で使用されているシーンもあるが、現実のカタツムリのように塩等を浴びて干乾びるかどうかは不明。

以下のように、多数の亜種が存在する。

種類

子電伝虫

手乗りサイズで携帯に便利だが、電波が弱く、通信範囲は狭い(それでも数十㎞四方は届くため、島国内等では十分間にあいそうだが)。カメラの様に撮影して記録保存するタイプもある。

黒電伝虫

盗聴用の非常に小さい種。一般の電伝虫とは別種で、成長しても大きくならない。他の電伝虫の電波を傍受できる。

ゴールデン電伝虫

バスターコール発動専用の貴重種。体中が金色。

シルバー電伝虫

ゴールデン電伝虫からの受信用。白髭を生やしている。

監視電伝虫

動きまわり監視ができる電伝虫。見ている内容は受信用の電伝虫に送信される。

映像電伝虫

映像と音声を送信・受信できる電伝虫。大小2つのサイズの電伝虫が存在し、小さいほうがビデオカメラの役割を果たし、大きいほうが映像をスクリーンに映し出す。

自走式映像転送電伝虫

劇場版第10作に登場。大きい方の映像電伝虫とほぼ同じサイズで、自ら動きまわり映像を送信する。

白電伝虫

希少種。盗聴妨害の念波を飛ばすことができる。他の電伝虫と接続して使用する。

ツノ電伝虫

念波妨害のできる電伝虫。通信不能にする。

関連イラスト


電伝虫
でんでんむし



関連タグ

ONEPIECE カタツムリ でんでんむし 蝸牛

pixivに投稿された作品 pixivで「電伝虫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38101

コメント