ピクシブ百科事典

たい

硬骨魚綱スズキ目タイ科の海水魚。
目次[非表示]

概要

全長30~100cm程、体型は楕円形で強く側扁し、体高が大きい。体色はいものが多い。多くは本州中部以南の沿岸に分布。
マダイ・キダイ・チダイ・クロダイなどの種が存在するが、単に「鯛」と言い表した時はマダイを指す事が多い。
日本では縄文時代より食用とされており、貝塚からしばしば鯛のが発掘されている。魚身は淡白な味わいの白身で、刺身・焼き物・汁物など、どんな調理法でも美味。

マダイは姿が美しく味が良い事から、日本では魚類のとされる(もっとも、海の魚を容易に食せなかった昔の京都の貴族階級の間ではが魚類の王として持て囃されていた。鯛が魚類の王と呼ばれるようになったのは海辺の江戸で文化が栄え、流通が発達した江戸時代の事である)。また、語呂が合う事から「めでたい」魚とされ、七福神恵比寿の持ち物とされたり、冠婚葬祭等の祝い膳に出される。海の守り神とされることもあった(参照)。

「あやかり鯛」

さらに広義には、タイ科以外の魚でも、扁平・大型・赤っぽい体色・白身などの特徴を持つ魚には「~ダイ」と和名がついている事が多く、この場合、タイ科とは分類上遠い魚もいる。
アマダイ、キントキダイ、イシダイなどはタイ科と同じくスズキ亜目に分類される魚だが、エボシダイなどは同じスズキ目でも別亜目に属し、キンメダイ、アコウダイ、マトウダイなどに至ると目のレベルで異なる魚である。

極端な例であるが、近年養殖が盛んな淡水魚・ティラピアを、味が鯛に似ていると言う事から「チカダイ」「イズミダイ」と称して販売していた事例がある(現在この魚は各地で野生化が報告され、要注意外来生物に指定されている)。
こうした、鯛と言う名称によるイメージアップの例は「あやかり鯛」と呼ばれる。

関連タグ

刺身 料理

pixivに投稿された作品 pixivで「鯛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146293

コメント