ピクシブ百科事典

シリュウ

しりゅう

シリュウとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する海賊である。
目次[非表示]

斬捨て御免……

概要

黒ひげ海賊団二番船船長。
元は海底監獄インペルダウンの看守長だったが、娯楽感覚で囚人虐殺する態度を問題視したマゼランによって、宣告猶予の死刑囚として収監される。その後インペルダウンを襲撃にきた黒ひげ海賊団に対処する為に解放されるも、裏切って同行し海賊となった。

プロフィール

本名シリュウ
異名雨のシリュウ
年齢42歳→44歳
身長340cm
懸賞金不明
所属インペルダウン看守長→黒ひげ海賊団二番船船長
能力無し→スケスケの実(超人系)
出身地偉大なる航路
誕生日6月11日
血液型X型
好物ビーフステーキ(レア)
武器名刀「雷雨」
CV菅生隆之


能力

悪魔の実スケスケの実
解説自分の体および自分に触れている物体を透明化する
種類超人系


インペルダウン時代、「署長マゼランと双璧をなす」と言われた手練れの剣士。イワンコフ曰く「マゼランの短い勤務時間を考えると、厄介なのはむしろシリュウの方」とのこと。武器は名刀「雷雨」。

新世界編では、「スケスケの実」を会得している。

活躍

インペルダウンでの侵入者に業を煮やしたマゼランが特例で拘束を解くものの、すぐに看守たちを倒して勝手に逃走。マゼランの毒攻撃を受けて倒された黒ひげ海賊団の5人を見つけると解毒剤で助け、黒ひげの勧誘を受け「ここにいても先は見え透いている、お前のような男との出会いを待っていた」と快諾。黒ひげをレベル6へと誘い、あろうことか凶悪囚の脱走を手引きしてしまう。
そしてインペルダウンを抜け出ると軍艦を強奪して頂上戦争へ乱入。巨漢船長たちと共に白ひげへ攻撃を加え、彼の命を奪った。

2年後は黒ひげ海賊団2番船船長に就任したが、愛着があるのか、未だにインペルダウン所属時代の看守長の制服を着用している。ただし、襟や帽子のマークが、インペルダウンのシンボルからドクロに、色が白から黒に変わっている。

後にアブサロムが海賊島に潜入した時に黒ひげ海賊団が彼を殺害、アブサロムのスケスケの実を食し能力者となる
その後、アブサロムの身を心配したゲッコー・モリアに島が襲撃された際には手に入れたスケスケの能力で透明化してゾンビ諸共不意打ちしモリアにアブサロムの死を悟らせた。

関連項目

ONEPIECE ワンピース 海賊 黒ひげ海賊団 マーシャル・D・ティーチ インペルダウン マゼラン
巨漢 剣豪 殺人鬼 葉巻

関連記事

親記事

黒ひげ海賊団 くろひげかいぞくだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シリュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26632

コメント