ピクシブ百科事典

シリュウ

しりゅう

シリュウ(SHIRYU)とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する海賊である(画像下の人物)。
目次[非表示]

クズを斬って誰かが困るのか………?

──今すぐマゼランに伝えろ… おれが力を貸してやると……!!!

ここにいてもおれの未来は見え透いてる お前の様な男との出会いを待っていた……!!!

プロフィール

本名シリュウ
CV菅生隆之
肩書きインペルダウン看守長
所属黒ひげ海賊団二番船船長
所属船サーベルオブジーベック号
異名雨のシリュウ
出身地偉大なる航路
年齢42歳→44歳
誕生日6月11日
身長340cm
星座ふたご座
血液型X型
好物ビーフステーキ(レア)
武器名刀「雷雨」
悪魔の実スケスケの実超人系


概要

黒ひげ海賊団二番船船長。
海底監獄インペルダウンの看守長だったが、娯楽感覚で囚人を虐殺する態度を問題視した署長(当時)のマゼランによって、宣告猶予の死刑囚として監獄最下層LEVEL6の独房に収監されていた。

インペルダウンを襲撃した黒ひげ海賊団に対処する為に解放されるも、政府を裏切って彼らに同行し海賊となった。

看守長時代から“雨のシリュウ”という通り名で知られ、その長身に見合った愛刀「雷雨」による剣術を得意とする。

人物

マゼランにも並ぶ長身を誇る大男で、2年後の黒ひげ海賊団では「10人の巨漢船長」の一人に数えられる。

衣装は看守長時代から現在までナチス軍服のようなロングジャケットと長手袋、ロングブーツに耳あて付きの制帽を着用し、肩にはロングコートを羽織っている。帽子の鍔の影から覗かせる鋭い目つきと大きな鼻、太い顎が特徴で、常に葉巻をくわえている。

また、帽子のエンブレムや襟章、腕章にはインペルダウンのシンボルマークが刻まれているが、海賊団入りした2年後からはドクロに変わった。

戦闘能力

斬捨て御免……

悪魔の実スケスケの実超人系
能力自分の体と触れているものを透明化できる

インペルダウン時代、「監獄署長マゼランと双璧をなす」と言われた存在。当時は能力者ではなかったが、名刀「雷雨」を振るう手練の剣士であり、黒ひげを対処させる目的で解放された際には仲間の看守たちを瞬く間に斬り伏せてみせるなど、その腕前は非常に高いことが伺える。イワンコフも「マゼランの短い勤務時間を考えると、厄介なのはむしろシリュウの方」と答えており、囚人たちにとっては恐怖の代名詞的存在であった模様。

また、2年後である第二部にて再登場した際には「スケスケの実」の能力で透明人間と化しており、かつてこの能力の持ち主であったアブサロムを部下に持つゲッコー・モリアは驚愕していた。彼がいかなる手段でアブサロムの能力を奪ったのかは不明だが、以前にも黒ひげ海賊団は、“白ひげ”エドワード・ニューゲートの遺体から何らかの方法で「グラグラの実」の能力だけを奪い取ったことがあり、同様の手段を用いたとも考えられる。

活躍

インペルダウンでの侵入者騒ぎに業を煮やしたマゼランによって特例で拘束を解かれるものの、命令を無視してすぐに看守たちを斬り捨てる。マゼランの毒攻撃を受けて瀕死の状態だった黒ひげ海賊団の5人に解毒剤を渡して命を助けた後、仲間入りの勧誘を受け快諾。黒ひげをレベル6へと誘い、あろうことか凶悪犯の脱走を手引きしてしまう。

インペルダウンを脱出すると軍艦を強奪して頂上戦争へ乱入。
仲間たちと共に白ひげへ攻撃を加え、彼の命を奪った。

2年後は、船員が増大した黒ひげ海賊団において「10人の巨漢船長」の一人として数えられ、二番船船長に就任。海賊島に潜入し殺害されたアブサロムから“能力者狩り”によってスケスケの実の能力を奪い、悪魔の実の能力者となる。
その後、アブサロムの身を心配したゲッコー・モリアに島が襲撃された際には手に入れたスケスケの能力で透明化してゾンビ諸共不意打ちしモリアにアブサロムの死を悟らせた。

悪い予感は的中だ…ゲッコー・モリア いい能力を得た…

関連項目

ONEPIECE ワンピース 海賊
黒ひげ海賊団 マーシャル・D・ティーチ
インペルダウン マゼラン

関連記事

親記事

黒ひげ海賊団 くろひげかいぞくだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シリュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37223

コメント