ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「なんて弱い奴なんだ… ちゃんと体を鍛えてるのか? ウィッハハハハハァ!!!」



※この記事は単行本・アニメ未収録の内容が含まれています


概要

黒ひげ海賊団一番船船長。操舵手。


初期から在籍している古参メンバーで、覆面をかぶり、見事な逆三角体型のガタイのいい大男(下半身は不釣り合いに細くて短いが、このマンガではよくあること)。

新世界編ではヒゲモジャになり、ますます男らしさ全開になった。


「格闘チャンピオン」を自称しており、腰には立派なチャンピオンベルトを引っ提げているが、どういう経緯で得たものかは不明。名を売ってからは異名としても定着している。


プロフィール

本名ジーザス・バージェス
異名チャンピオン
年齢27歳→29歳
身長355cm
懸賞金2000万ベリー(頂上戦争時)
所属黒ひげ海賊団一番船船長兼操舵手
所属船サーベル オブ ジーベック号
悪魔の実なし → リキリキの実(超人系)
覇気武装色見聞色
出身地偉大なる航路
誕生日12月25日(クリスマス←イエスキリスト←ジーザス)
星座やぎ座
血液型F型(現実におけるB型)
好物プロテイン
初登場単行本24巻 第222話『大型ルーキー』
CV稲田徹

戦闘能力

悪魔の実

名称リキリキの実
分類超人系
能力怪力を得ることができる

人並外れた怪力を発揮する「怪力人間」。

これによってただでさえ桁違いな腕力がさらに強化されており、自身の数十倍はあろうかという一つを軽々と持ち上げることができる。


  • 波動エルボー

Jesus Burgess vs Lucy

武装色の覇気で「硬化」を行い、右腕で衝撃波が発生する強力なエルボーを繰り出す。

コリーダコロシアム地震のように揺らし、闘魚が吹き飛んで激突した衝撃で客席に巨大な風穴が開く程の威力を持つ。


  • 不沈艦(ガレオン)ラリアット

衝撃波を伴う強力なラリアットを繰り出す。

複数の石造りの建物を薙ぎ払う程の威力を誇る。

 

その他、「グラバトX」では建物を投げつける攻撃(原作でエースに対しも使用)が「チャンピオンスロー」という名前で登場している。


基礎戦闘力

恵まれた体格とパワーを活かした肉弾戦を得意とし、武器は基本使わないステゴロ派。


ならず者のたまり場であるジャヤ島・モックタウンでは素手で複数の無法者共と大ゲンカして暴れ回っていた(冒頭の台詞はその時のもの)。

その上体格に反して脚力も高いようで、ドレスローザでは巨大な段丘状の山の最大数千mあろうかという地点の岸壁を助走抜きで軽々と跳ねて降り続けた衝撃で地面を破壊するなど、ルフィブルックに負けず劣らずの動きを見せた。

しかしパワーファイターの性で大振りの攻撃が多いので、避けられるとその後の隙が大きいのが欠点。


ちなみにエースと戦った際にはまだ実力不足だったのか「まだお前らじゃ敵わねェ」とオーガー共々ティーチに止められていた。

"白ひげ”に対する集団攻撃の際は銃を使用しており、ルフィやサボを仕留めようとした時は剣を持ち出していた。ある程度は武器も使用するのか、単に殺害するためだけに取り出したのかは不明。

なお、殺害した相手から悪魔の実の能力を奪う手段についても詳しく知っている様で、どうやらそれはバージェス一人でもその場でできるらしい。


覇気

二種類の覇気も体得しているため、自然系の能力者が相手でも充分に渡り合うことができ、その剛腕を振るう事で衝撃波を巻き起こし、距離を置いた相手も一瞬で薙ぎ倒す事ができる。

 

性格

非常に豪快かつ好戦的で、悪くいえば脳筋タイプ。

善悪など考えず、無関係の人々や建物などを巻き込もうがお構い無しで大暴れしては大きな損害をもたらす。また自分の強さを周囲にアピールしたり、わざわざ相手を挑発するような発言をしたり、人目に付きやすいところで勝利の雄叫びを挙げたりと何かと人の目を引く行動を取るのも特徴で、目立ちたがり屋な性格も窺える。

 

絵に描いたような乱暴者だが、サボとの戦いでは確実に殺してメラメラの能力を奪うべく、挑発・動揺を誘ってスキを作ろうとする狡猾さを見せた他、ドフラミンゴ討伐後には敵対勢力の船に潜入し、下記の重要拠点を突き止める功績も挙げている。

この時はサボに敗れて瀕死の状態(意識も混濁するほどの深傷)であり、周りの騒乱に乗じた即興策か、始めから頭の隅に入れていた次善策かは不明ながら、決してただの筋肉バカではないようだ。


またティーチに対しては船長としての信頼や敬意を寄せており、彼の指示であれば素直に聞くくらいには忠誠心が高い様子。

なおティーチが四皇の一角として名を上げ、世間や部下から「(黒ひげ海賊団)提督」と呼ばれるようになった現在でも「船長」と呼んでおり、その点を度々ラフィットに窘められている。


活躍

初登場は他の黒ひげ海賊団初期メンバーの多くと同じで、「偉大なる航路ジャヤモックタウンである。


その後はシリーズの間の世界情勢回やバナロ島の決闘などで度々他の黒ひげ一味と登場した他、インペルダウン編では海底監獄インペルダウンを一味と共に襲撃し、マリンフォード頂上戦争編では戦いで衰弱していた大海賊のエドワード・ニューゲートをインペルダウンで仲間にした脱獄囚などを加えた一味で襲撃して致命傷を与えた。


新世界編でも最初に再登場し、ドレスローザ編で自然系悪魔の実であるメラメラの実をかけた闘技大会に参加。普段の覆面の上から紙袋をかぶってMr.ストアと名乗り、圧倒的な実力で予選Aブロックを勝ち抜く。

しかし決勝ではルーシーことルフィに代わって出場したサボの技の前に右腕の防具を破壊された上に彼がリングを破壊したために場外負けとなり、メラメラの実の入手に失敗した。


その後、ルフィとドフラミンゴの戦いを観戦し、後にギア4を使い果たして倒れたルフィのゴムゴムの能力を奪うために殺そうと襲い掛かるもサボによって阻止され、更にサボの「燃える竜爪拳 火炎竜王」を受けて吹き飛ばされる。

ルフィとドフラミンゴの決着後はサボを挑発することで動揺を狙い、そのまま能力を奪い取らんと彼に襲い掛かるも、直後に火拳によって一蹴される。


その後死にかけながらも革命軍の船の船底に忍び込むことで追跡に成功し、本拠地バルディゴを突き止め、ラフィット&シリュウ電伝虫で報告する。


ワノ国編終了後に再登場し、ここで能力者狩りによりリキリキの実の能力者になったことが明かされ、ハートの海賊団と戦闘になった。

 

なおワノ国編後の再登場時は顔の右半分にかけての覆面が金属製の兜の様なものになっており、サイボーグを思わせる面構えに。

サボとの戦いで一度は瀕死に追いやられる程のダメージを受けている事から、スパンダムのように「完治不能なダメージを負ったので固定具をしている」とも考えられる(ちなみにスパンダムはフランキーにライフル銃のフルスイングで顔面をぶん殴られ骨格が歪んでしまった)。



余談

まるで覆面レスラーのような風貌だが、演者の稲田氏は元々プロレスラー志望だった声優としても知られている。

 

また彼はMr.1ことダズ・ボーネスも演じている。


関連イラスト

センシティブな作品ピサバジェコンビ黒ひげ海賊団麦わらと黒ひげ


関連タグ

ONEPIECE 海賊 黒ひげ海賊団 マーシャル・D・ティーチ


他の船員

ラフィット ヴァン・オーガー ドクQ ストロンガー

シリュウ カタリーナ・デボン アバロ・ピサロ サンファン・ウルフ

関連記事

親記事

黒ひげ海賊団 くろひげかいぞくだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221481

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました