2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

偉大なる航路前半「楽園」のとある島。
麦わらの一味はアラバスタを出港した後に辿り着いた。しかし、その時記録指針が指示したのは「空」であり、ジャヤはあくまで中継地点でしかなかった。

気候は比較的温暖な「春島」で、漢字の「臼」のような形状をしている。その形状から北の入り江はマウスベイと呼ばれ、西には中心となるモックタウン、南東には鬱蒼としたジャングルサウスグレイブが茂っており巨大な昆虫やカタツムリ、更には南しか向けない鳥サウスバードなど様々な生物が生息している。
北東の外れには猿山連合軍最終園長のモンブラン・クリケットがハリボテを貼り付けた古い家に居を構え、海底の財宝を探していたが、ベラミーの襲撃を受けた。この家はかなり古びており、なぜか階段が無いのに2階がある

この周辺の海域を猿山連合軍は縄張りにしている。近海では突き上げる海流(ノックアップストリーム)という海底火山噴火に伴う怪奇現象が見られるため、航行には注意が必要。

モックタウン

ジャヤの中心となる街。通称嘲りの町
治安は最低で毎日強盗殺人が横行しており、海賊が落とす金で成り立っている。あまりの無法ぶりに、海軍本部からも見捨てられている。

メイン画像はここでのルフィVSベラミーの一戦を描いたもの。

作中から26年前にはロジャー海賊団の船員である光月おでんがおでんの食材を奪いにやって来た事が有る(ロジャー海賊団クルーは一度制止したものの、この街が無法地帯で有る事が分かると船員達もヤケクソ気味に加勢した)。

原作での関わり

主人公モンキー・D・ルフィ率いる麦わらの一味空島の情報を求めて上陸。しかしモックタウンに空島の存在を信じる者はほとんど居らず、それどころか「ひとつなぎの大秘宝」すらないと吐き捨て、今の時代を嘲る無法者が占拠していた。ルフィはゾロと共に海賊ハイエナのベラミーにケンカを売られるも、決して反撃することなくその場を後にする。だが、その場に居合わせた黒ひげ海賊団の船長マーシャル・D・ティーチはケンカはルフィたちの勝ちであり、空島はあると証言。「人の夢は終わらない」とルフィにエールを送った。
その後別行動をとっていたニコ・ロビンの得た情報により、ルフィたちはモンブラン・クリケットと出会う。クリケットは自身の先祖うそつきノーランドがこのジャヤで本当に発見したという黄金郷を探していた。ルフィの「空島へ行きたい」という真っ直ぐな意志を聞いたクリケットは自身がボスを務める猿山連合軍が総出で一味の空島行きを補佐すると約束する。
だが準備の最中にベラミーに襲撃され、クリケットは海中で発見した黄金を奪われてしまう。ルフィは静かに怒りを募らせ一人でモックタウンに急行。ベラミーを一撃で沈めて黄金を奪還し、クリケットに返還する。そして一味は空島へ向けてジャヤを出航する。

この島での出来事あくまでは空島編の序章であるが、ルフィが後に大事件を起こすマーシャル・D・ティーチと初めて邂逅する場であり、ジャヤは空島編本章でも重要な存在として登場する。またベラミー撃破後には少しだけ世界情勢に切り替わり、海軍本部の元帥センゴクや中将つる、世界政府最高権力者の五老星王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴバーソロミュー・くま、そして「世界最強の男」と評される白ひげ海賊団船長エドワード・ニューゲートが初登場。ルフィの憧れである赤髪のシャンクスや世界一の剣豪ジュラキュール・ミホークポートガス・D・エースバギーも登場した。

余談

うそつきノーランドの絵本を発見した際、麦わらの一味のコックサンジは「昔読んだことがある」と話し、彼の生まれが東の海ではなく北の海であることが明らかになった。このとき一味のメンバーは誰も追求しなかったが、実はこの発言はとんでもないことを意味しており…。


関連項目

ONEPIECE 犯罪都市 熱帯雨林
処刑人ロシオ:ここでお陀仏となった。
ドンキホーテ・ドフラミンゴ:マリージョアからの帰り道に寄り道してベラミーに制裁を加えた。

空島編の流れ
ジャヤ空島「スカイピア

黄金郷の真相

無事に空島スカイピアにたどり着いた麦わらの一味は何故か空にあるのに島雲ではなく大地でできた神の島「アッパーヤード」を冒険するうちに半分だけ残っている家を発見する。そして一味はクリケットの話を思い出し、あることに気づく。

ジャヤは元々もっと大きな島であり、クリケットの家が奇妙な形状をしていたのは、島が真っ二つに裂けたからであった。その原因となったのが、400年前(第2部からは402年前)の突き上げる海流である。
当時のジャヤはドクロのような形をしていたのだが、突き上げる海流によりジャヤは東半分が丸ごと分断され、はるか上空まで大地そのものが吹き飛ばされた。そこに待ち受けていたのが空の化石「積帝雲」であり、内部に聳え立つ「巨大豆蔓(ジャイアント・ジャック)」にジャヤは突き刺さってしまった。
空島「スカイピア」の住人たちは行き過ぎた大地信仰からそれを自分たちに与えられたプレゼントだと解釈し、先住民族シャンディアとの400年に渡る領土問題が勃発することとなったのである。

そしてそのシャンディアの住まう所こそが、クリケットの先祖モンブラン・ノーランドが発見した黄金郷であった。
ルフィは空島を滅ぼそうとする偽りの神・エネルを倒し、大鐘楼を鳴らす。400年ぶりに鳴ったそのの音は、猿山連合軍の耳にも確かに届いた。
島の歌声は、ノーランド冤罪カルガラ戦いの終わりを告げる鐘の音となったのだ。

関連記事

親記事

偉大なる航路 ぐらんどらいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジャヤ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジャヤ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7402

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました