ピクシブ百科事典

カルガラ

しゃんどらのだいせんし

「ONE PIECE」に登場する『シャンドラの戦士』ことシャンディアの中でも、最大の英雄とされる偉大なる人物。
目次[非表示]

また来るお前の船が、海で迷わないように!!! 嵐の中でも、この島を見失わないように!!!
鐘を鳴らして、君を待つ!!!!! いつの日かまた会おう!!! 親友よ!!! 

概要

 『ONEPIECE』本編からさかのぼること400年前、ジャヤの先住民族・シャンディアの戦闘隊長を務めていた戦士のような荒々しい赤髪と、どことなく子孫ワイパーにも似た隈取が特徴の、2mはゆうに越える偉丈夫

プロフィール

名前カルガラ
異名大戦士
懸賞金あるわけ無い
所属シャンディア
能力無し
出身地ジャヤ(現アッパーヤード)
誕生日10月4日
CV柴田秀勝


来歴

 気立てのよいと美しいを持ったカルガラのは、当時『樹熱(本作に登場する架空の伝染病)』に蝕まれており、「村を守るには村一番の美しい娘を森の神(と恐れられている巨大蛇)に捧げるしかない」という神官の託宣を受け、断腸の思いで娘を差し出す所を、ちょうど島を訪れていた探検家モンブラン・ノーランドにより妨害され、大蛇も斬り捨てられてしまう。
 
 「変化を恐れ、進歩を拒み、ただただ悪習を続けるのは我々に対する冒涜だ」と憤るノーランドに対しカルガラは殺しのを糾弾し、ノーランドの部下全員を人質に取り樹熱を直すように命令。ノーランドはの中を捜し回り、樹熱の特効薬となるコナのを発見するが、運悪く地割れに呑まれ、巨大蛇の仔と思しき大蛇に食われそうになってしまう。その光景を目にしたカルガラは「天罰だ」と嘲るが、を救う可能性がノーランドのの中にあると知ると、本来「神」とされていた大蛇へと猛然と挑みかかり、ノーランドを助け出す。
 
 結果、樹熱は完治し、カルガラをはじめとした村人たちはノーランド一行に感謝の念を告げ、盛大に彼らをもてなす。カルガラはノーランドとの間に友情を築き、彼らにシャンドラの黄金プレゼントする。
 
 しかし、出航前日にノーランドは村で大切にされていた鎮守のを事情も聞かずに伐採するという行為に出たため、カルガラは怒り狂い、彼らを突き放す。出航の日、ノーランドは自分のしでかしたことの責任を取って黄金を返却してを出る。だが、ノーランド達の所業は、さらなる樹熱の猛威から村を守るための予防措置だった。自分たちの村を二度も救ってくれたという事実を知ったカルガラは、本来天上の祖霊迎え火として捧げるシャンドラの大鐘楼を鳴らす。感謝の気持ちと、「おれ達は、ここにいる」というメッセージを込めて。
 
 だが、港を経ったノーランドが再びジャヤに来る前に、村を「突き上げる海流(ノックアップストリーム)」が襲った。真っ二つに引き裂かれたジャヤの片割れは上空に吹き飛び、シャンディアの村は空島に乗り上げた。スカイピア人達はいきなり浮上した「大地」に狂喜、そこに移住を目論む。カルガラはそれを守るため、空の民との戦いの火蓋を切った。
 
 『おれ達はここにいる…シャンドラの灯をともせ!!!』いつか再び来るノーランドのために、カルガラは叫び、戦い続けた。しかしその悲願は奪われた黄金郷の大鐘楼にも、1万m下のノーランドにもとうとう届くことはなく、彼は戦火の中に散り、ノーランドも讒言の冤罪で処刑された。カルガラの願いが青海へと届くまで、それから実に400年の時を要した…。

性格

 保守的な一面が強く、伝統を大事にする性格。そのため外敵には容赦せず、ノーランド一行も最初は神の生贄として差し出そうとしていた。
 義理堅く、人情に厚い。

戦闘スタイル

 を使った戦闘を得意とし、巨大なも簡単にしとめるほどの腕前を持つ。
 また、直径が5~6mはある鉄球をつけて振り回し、帆船を沈めるなど、単純な腕力も恐ろしい程の馬鹿力である。

関連イラスト

宴
約束の鐘



関連項目

ONEPIECE 望郷 英雄 偉大なる航路

pixivに投稿された作品 pixivで「カルガラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32758

コメント