ピクシブ百科事典

ひとつなぎの大秘宝

わんぴーす

「ひとつなぎの大秘宝」とは漫画「ONEPIECE」の作中世界において「偉大なる航路」の最後に位置する島、ラフテルにあるとされる宝のことである。
目次[非表示]

概要

「ひとつなぎの大秘宝」(ワンピース)とは尾田栄一郎による漫画作品ONEPIECEに登場する宝である。
偉大なる航路を制覇した海賊王ゴールド・ロジャーによって偉大なる航路の最奥部に残された。
彼が処刑の際に遺した「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ… 探してみろ この世のすべてをそこに置いてきた」という言葉により、大海賊時代が始まった。
作中ではこの宝を手に入れることと海賊王になることはほぼ同義であり、登場する海賊のほとんどがこの財宝を求めて航海している。(ベラミーのような例外もいることにはいるが)

そのような重要な立ち位置にありながら連載開始から20年以上たったにもかかわらず、今も大まかな概要しかわかっておらず、いまだに謎が多い。

わかっていること

作中より

  • ロジャーが「この世のすべて」というほどの宝。 (1話)
  • 偉大なる航路に残されている。 (105話)
  • 世界がひっくり返るといわれる。 (白ひげ談:576話)
  • 実在する。(白ひげ談:576話)
  • 目撃したロジャー海賊団は涙がでるほど笑っていた。 (967話)
  • ジョイボーイが関連している (967話)


外部出典より


要出典

  • 人を蘇らせるとかそういうことはできない (要出典)


関連タグ

ONEPIECE ゴールド・ロジャー 偉大なる航路 新世界
ラフテル ロジャー海賊団 ジョイボーイ

関連記事

親記事

ONEPIECE・関連用語集 わんぴーすのかんれんようごしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ひとつなぎの大秘宝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459

コメント