ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説

"egg"「」と"head"「」を組み合わせた単語。

複数の意味があり、どちらもスラング(俗っぽい口語表現)である。

  1. 禿げ上がった、もしくは剃り上げた坊主頭
  2. 転じて、知識人教養のある人、インテリぶった人、衒学者。

創作では主に後者が由来で、複数のキャラクター等に用いられている。


エッグヘッド(ルーニー)

1937年の初登場以来、複数の作品に登場。

1940年から「エルマー・ファッド(Elmer Fudd)」と改名される。


ただし名前のみならず容姿、特に鼻の形状にも差異があることから、同一人物ではない可能性もある。


エッグヘッド(MARVEL)

初登場は1962年の『Tales to Astonish #38』。

本名:エリハス・スター(Elihas Starr)。


もともと犯罪行為に手を染めていた悪の科学者で、ピム博士への嫉妬心が高じてアベンジャーズと対立。ヴィランチーム「マスターズ・オブ・イーヴィル」を再編するが、その壊滅時に死亡。手にかけてしまったホークアイは苦境に立たされてしまう。

また後付けではあるが、レッドハルクを生み出した知能派ヴィラン集団「インテリジェンシア」にも所属していた。


マッドハウス制作の中編アニメ『アベンジャーズ コンフィデンシャル:ブラック・ウィドウ&パニッシャー』では、ヴィランの1人として登場。

日本語版では、後にMCUでホークアイを引き継ぐ東地宏樹が演じている。


そのMCUでは映画『アントマン&ワスプ』の回想に登場。

S.H.I.E.L.D.にいたころのピム博士の部下だったが、彼の技術を盗んだことで解雇され、それでも独自に量子世界へのゲートを完成させる。しかしその誤作動により妻ともども死亡。遺された娘のエイヴァは物質をすり抜ける特異体質となり、本作のヴィランであるゴーストとして暗躍することになる。


エッグヘッド(DC)

本名:エドガー・ヒード(Edgar Heed)。

こちらも悪の科学者で、技術面では天才的だが戦略面では素人以下。


元は1960年代の実写ドラマ『怪鳥人間バットマン』のオリジナルキャラクターで、原作コミックには1992年に逆輸入された。


エッグヘッド(ONE PIECE)

新世界にある、世界政府が所有する島。

詳しくはエッグヘッド(ONEPIECE)へ。


関連タグ

頭でっかち


MARVEL


DCコミック 怪鳥人間バットマン


ONEPIECE

関連記事

親記事

ヘッド へっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました