2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

レッドハルク

れっどはるく

赤い肌をしたハルク。 種族は後天的に能力を得た人間であり、ハルクと同じ怪力を持つが理性を失わない所が違うところである
目次[非表示]

概要

MARVEL COMICSアメコミ)のキャラクター。
初登場は「Hulk vol. 2 #1 (2008年1月) 」
当初は悪の科学者集団、インテリジェンシアによって造り出された。
アボミネーションを殺害し、姿を見せたウォッチャーのウアトゥを素手で殴るなど狼藉を働く。

改心してからはアベンジャーズに加入した。
理性のコントロールがうまくできないハルクに比べると、精神が安定しているため、暴走することもなく悪に流されない。


その正体はFall of the Hulks「フォール・オブ・ハルクス」(2009年12月~2010年4月 )で死んだと思われていたサンダーボルト・ロス将軍であることが
World War Hulks「ワールド・ウォー・ハルクス」(出版:2010年4月~8月 )で明かされた。

アヴェンジング・スパイダーマン誌ではスパイディとチーム・アップし、背中にスパイダーマンを乗せてニューヨークまで大ジャンプで送り届け、ついでに黄色い侵略者達を一掃する活躍も見せた。

その後、自身のチームとして人を殺せる非情のヒーローばかりを集め、独自のサンダーボルツを結成している。

能力

ハルクは怒れば怒るほど巨大化するが、レッドハルクの場合は体温が上昇し発火する。
元が軍人なので、怪力だけでなくとアニメ「ハルク:スマッシュ・ヒーローズ」等と同様に銃火器を扱った戦闘技術、戦略的思考などを併せ持っている。

メディアでの活躍

テレビアニメ

「ハルク:スマッシュ・ヒーローズ」ではメインキャラクターの一人として登場。日本語版担当者は松田健一郎
よく指示を出すが、他のメンバーには従ってもらえずにいる。
世界観を共有する「アルティメットスパイダーマン」にもゲスト出演している。

余談

鈍器や銃火器などの普通の武器だけではなくマイティ・ソーの武器「ムジョルニア(ミョルニル)」やシルバーサーファーのサーフボードを軽々と余裕に扱っていた場面もあった。ただしムジョルニアは「ソーごと持ち上げる」「重さが関係ない宇宙空間で振り回す」であり、持ち上げることができるだけの高潔な精神があったわけではない。

関連記事

親記事

ハルク はるく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レッドハルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9880

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました