ピクシブ百科事典

アブゾービングマン

あぶぞーびんぐまん

「アブゾービングマン」とは、マーベル・コミック『ハルク』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「俺の名はアブゾービングマン。その名のとおり、触れたものの特性を吸収する」

概要

本名カール・クリール。マイティ・ソーに登場するヴィランの1人。
1965年に誕生した古参ヴィランでハルクスパイダーマンなどと戦ったこともある。
鎖の付いた鉄球を持った巨漢で、触れた物の性質をコピーする能力を持っている。
必殺技のアブゾープションは、触れたものと同じ素材の体に変化させることが出来る能力で、たとえ弱い素材でも強制的に変化してしまう。

実写作品でのアブゾービングマン

MCUではエージェントオブシールドのシーズン2、3、5に登場。
シーズン2では鉄球と鎖を振り回す馴染み深い姿を見せエピソード1、2のヴィランとして登場。コミックと異なり魔力によって変化した身体ではなくなっている。
軍に捕まったがその後改心し軍人のタルボットの護衛となった。タルボット曰くクリールが悪事に手を染めたのは環境に恵まれなかったことが原因とのことで実際にシーズン3、5では善意で動いている様子が見られる。
シーズン5でグラビトンに取り込まれてしまった。
またデアデビルにおいてジャック・マードックが八百長の約束を破り倒した相手として名前が出ており横のつながりが薄いドラマ作品の数少ない接点となっている。

また2003年版のハルクではブルース・バナーの父デヴィッド・バナーが似たような能力を手にいれハルクと対峙している。

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 』でのアブゾービングマン

CV:川津泰彦

第1話に登場。ディスクの属性は「パワー」。ロキと共に発表会を襲撃しワスプと戦う。

その後12話に再登場。ジョエル・マーフィーが所持しておりジャガーノートのディスクを探しに来たアベンジャーズを襲撃した。
ソーキャプテンアメリカ、ワスプの3人を同時に相手にし有利に進めるもその後倒されてしまう(倒される描写は描かれなかった)。

関連タグ

アメコミ MARVEL 巨漢

関連記事

親記事

ハルク はるく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アブゾービングマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 446

コメント