ピクシブ百科事典

ホークアイ(アベンジャーズ)

ほーくあい

MARVELコミックス、および『アベンジャーズ』に登場するヒーローの一人。
目次[非表示]

キャプテン・アメリカアイアンマンマイティソーに代表される、ヒーローチーム『アベンジャーズ』の一員。
アメコミの常で複数人存在するが、ここでは初代ホークアイを指す。

概要

本名クリント・バートン
幼くして両親を失くし、兄と共に入ったサーカスの一座で並ぶもののいない弓の名手として花形スターになった。

そして弓の腕を生かしてヒーローデビューを果たそうとするも、ヴィランと間違えられる。その最中、当時まだソ連のスパイだったブラックウィドウ(彼女も当初はヴィラン扱いだった)にそそのかされて、悪事を働こうとする。しかし、アイアンマンとの出会いによって世間からヒーローと認識され、アベンジャーズのリニューアルメンバーの一人となった(その他は、キャップとマキシモフ姉弟)。その際には短気で横柄且つ自信過剰な面が目立った。

マイティソーやアイアンマンではなく、自分と同じく何の能力も持たないでチームのリーダーとなったキャプテン・アメリカに対抗心を燃やし、事あるごとにアベンジャーズのリーダーとして相応しいことをアピールしていた。だが次第にキャップの高潔さを認め、彼を唯一無二のリーダーとして尊敬するようになった。

キャップの死後、トニー・スタークにキャプテン・アメリカの名を継ぐように頼まれた時も、彼に対する侮辱に当たるとして断っている。
横柄さや自信過剰さはなりを潜めたものの、短気なところはあまり変わっていない。

割と波乱万丈の人生を歩んでおり、一時期ハンク・ピムのピム粒子の力を得てゴライアスになったり、エッグヘッドというヴィランを殺してしまったり(無罪判決)、何回か死んでたり、しばらく死んでいたのに生き返ったり、キャプテン・アメリカのコスチュームを一回だけ着てみたり、ホークアイのコスチュームを一時的に捨てて、ローニンという別のヒーローのコスチュームを借りていたりするも、結局ホークアイに戻ったりしている。

ちなみに、ハンク・ピムはマブカプ3の必殺技でホークアイの弓矢に乗っている小人アントマン(何度かヒーローネームを変えている。ゴライアスもその一つ)。
ローニンはアルティメットのアレンジコスチュームの黒い忍者風の衣装で、初代は「エコー」と言うデアデビルに登場した元女性ヴィランだった。
(体型を誤魔化して正体を隠すための男装なので、クリントが着ても違和感はなかった)

能力

弓の扱いが上手い。それだけ。
DCコミックスのグリーンアローとほぼ同じ能力であり、それ以上のスーパーパワーは持っていない。極限まで鍛え上げられ、サーカス一座由来の身軽な肉体を持つものの、キャプテン・アメリカに比べれば常人に過ぎない。

しかし、その腕前はMARVEL世界随一とされ、爆弾や煙幕、更に相手を凍らせたり燃やしたり痺れさせたりと様々な効果を持つ矢を放つ。百発百中の腕前とはいえ、スーパーパワーを持つヒーローやヴィラン、或いは宇宙からの侵略者とも互角以上に渡り合ってきたその技量は尋常ではない。

また、トニーの前でキャプテン・アメリカのシールド投擲術を再現してみせたり、ローニンのコスチュームを受け継いだ時は弓矢以外の武器を扱う器用さも見せている。常人でありながら技術で渡り合う、技巧派ヒーローの代表といって良いだろう。

ゲーム版

アルティメット版マブカプ3に登場。火力の弱さと空中制御の難しさはあるが、原作通り遠距離から弓矢で攻撃するシューティングタイプの中級者向けのキャラ。

特に面白いのがハイパーコンボの「X・Y・Z」で、同じくアベンジャーズの一員であるアントマンを矢で撃ち出すというもの。一段目の矢で煙幕を当てると二発目が発動し、命中すると巨大化したアントマンがコンボを決め、最後に巨大化して踏み潰すというユニークな仕様になっている。

実写映画版

映画「アベンジャーズ」とその前日譚に当たる「マイティ・ソー」にも登場。
ジェレミー・レナーが演じる。(「マイティ・ソー」ではクレジット無し)

こちらでは最初からS.H.I.E.L.D.のエージェントの一人で、ムジョルニアを取りに来たソーをアーチェリー風の弓で狙っていた。サーカス出身という出自がなくなったのか、原作のような派手なコスチュームは着ていない。

アベンジャーズ』では、サノスロキに貸し与えた槍:セプターの力でマインドコントロールを受けてしまい、中盤まで敵としてアベンジャーズを苦しめた。洗脳が解けた後はアベンジャーズの一員として地球に大攻勢をかけてきたチタウリ軍団に対して勇敢に立ち向かった。
リモコンで鏃の交換可能な矢筒を背負っており、ハッキング用端末や炸裂弾等に交換が可能。

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』でも、アベンジャーズの一員として活躍。また、妻子持ちであったことも判明。優れた技量の持ち主とは言え普通の人間であるからこそ、クリントの存在がアベンジャーズには不可欠であると述べられた。ウルトロンとの決戦直前にはとの間に死亡フラグとも思えるようなやり取りをするも、無事に戦いを生き延び、最終的には新しい男の子まで授かった。なお、その息子にはとある事情から、戦友であるクイックシルバーと同じ名前である「ピエトロ」と名付けた。

別バージョン

ホークアイの名を持つヒーローは複数人存在する。

ヤングアベンジャーズ版

本名ケイト・ビショップ。女性。
アベンジャーズのヒーローとよく似たコスチュームを着たティーンエイジのヒーローチームの一員。

元々はヤングアベンジャーズに救われた資産家の令嬢だったが、大人達にコスチュームを奪われたヤングアベンジャーズに装備を提供し、そのまま仲間入りを果たした。この時点でクリントは死んだままだったので、キャップによって二代目と呼ばれており、初代の復活後もホークアイを名乗っている。

ヒーローズ・リボーン版

ヒーローズ・リボーン展開で結成されたアベンジャーズの一員。
正史世界のホークアイと異なり黄色を基調としたコスチュームで、マスクの口元も隠されている。
オンスロート・リボーン展開で、
そのマスクの下がリボーン世界のウルヴァリンだったことが判明…すると思われたが、
特に説明もないままリボーン展開が終わったので詳細不明。

ダークアベンジャーズ版

正体はブルズアイという雇われ暗殺者で以前はキングピンの部下だった。
エレクトラにカレン・ペイジとデアデビルの恋人を二度も奪った宿敵。
ニューヨークを活動拠点とするスパイダーマンパニッシャーと戦ったこともある。

サンダーボルツという釈放したヴィランで構成される政府のチームに属していたが、
後にオズボーン配下としてホークアイのコスチュームを与えられる。
現在は故人の筈だが…?

アルティメット版

設定を一新して展開しているアルティメット・ユニバースのホークアイ。平行世界のクリント・バートンだが、ブラックウィドウ共々S.H.I.E.L.D.から派遣されたエージェントで、コスチュームが大きく異なる。

また、弓矢に加えて二挺拳銃も使用している。
所属・コスチュームなど実写映画版の基になったのはこちらだと思われる。

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

CV:竹本英史

デザインは実写版に準じたもの。
スパイダーマン同様ディスクへの封印をのがれておりアカツキ・ヒカルを戦場に導いている。

その後シールドの裏側を探るため単独行動する。

関連記事

MARVEL
アベンジャーズ
S.H.I.E.L.D.
アベンジ夫婦

外部リンク

ホークアイ (マーベル・コミック) - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ホークアイ(アベンジャーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9874

コメント