ピクシブ百科事典

Mr.5

みすたーふぁいぶ

 Mr.5とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

「へ…… おれ達に必要なのは ただ”任務遂行の意思”」
「くだらねぇ仲間意識は死を招くだけだぜ…」

概要

王下七武海(当時)サー・クロコダイルが組織する秘密犯罪会社「バロックワークス」のオフィサーエージェント。ボムボムの実の能力者で、体のあらゆるものを爆発物に変える爆弾人間。

当初はパートナーであるミス・バレンタインと共に、ウイスキーピークにて裏切り者のミス・ウェンズデーを始末するために送り込まれるが、麦わらの一味ルフィゾロの喧嘩に巻き込まれ失敗に終わる。その後もリトルガーデンにてMr.3&ミス・ゴールデンウィークと合流し再び一味と戦うも敗北してしまった。

その後はMr.3に取り残されて、ゴールデンウィークを含む3人でサバイバル生活を送っていたが、社長であるクロコダイル含む幹部たちの逮捕を知り、ゴールデンウィークの提案に乗り救出作戦を決行した。

現在は、救出した仲間たちと共に「NEWスパイダーズカフェ」を開業。
夢であった「消防士」として仲間たちと仲良く暮らしている。

プロフィール

本名ジェム
異名国境のジェムMr.5(バロックワークス時代)
年齢24歳→26歳
身長197cm
懸賞金1000万ベリー
所属バロックワークスオフィサーエージェント→NEWスパイダーズカフェ店員
能力ボムボムの実(超人系)
出身地南の海
誕生日7月26日
血液型X型
好物火薬茶、上質な火薬、かやくご飯
CV高塚正也


人物

チリ毛のボンバーヘッドにサングラス、熱い唇が特徴の男性。
左胸に「5」の文字があしらわれたロングコートを纏ったシンプルな出で立ち。

冷徹に任務を遂行するプロの殺し屋であり、男性のエージェント達の中ではMr.0Mr.1に匹敵する冷静さを持つ男。言動も基本的にクールだが、一番の得意技(後述)がアレな事もあってか、人前でも気にせず頻繁に鼻をほじる癖がある

基本的に動揺することは少ないが、圧倒的実力差のあるルフィゾロなどが絡むと、仰天、絶句、動揺など、人間味を見せる。特に扉絵連載である『ミスG・Wの作戦名“ミーツバロック”』では、ゴールデンウィークの行動に振り回されたり、二人でバレンタインを救い出したりなど、より顕著に人間味がみられるようになった。

能力

バレンタイン!・・・の相方


名称ボムボムの実
解説体を爆発させる
種類超人系

全身各部を自分の意思で、何度でも起爆させることができる「爆弾人間」。
格闘攻撃と同時に体を起爆させることで打撃と爆撃を同時に叩き込むなど、非常に攻撃的な特性を持つ能力。爆発の規模や威力はある程度自分で操作する事ができる。体だけでなく、鼻糞や吐息までもが爆弾と化し、これを利用した遠距離攻撃も可能で、戦闘における応用力はなかなか高い。本人曰く、ウイスキーピークに派遣されるまでこの能力を駆使して遂行できなかった任務は無かったという。

「体が自在に爆発する」という特性のためか、火薬類による爆撃ではダメージを受けないという防御能力もある。それどころか、爆発物を食べる事ができる。食べた爆発物がそのまま体内で爆発しても、その爆発によるダメージは全て無力化され、口などから僅かに煙が噴き出すだけで終わってしまう。なお、本人が言うには上質な火薬であるほど美味しく感じられるらしい。

戦闘においては単純に能力を駆使した爆撃一辺倒というわけではなく、相方であるミス・バレンタインを爆風で上空まで打ち上げたり、遠距離攻撃で仲間を援護したりと、前線からサポートまで幅広くこなせる。ただし、Mr.5本人は単純な格闘戦などがあまり得意ではなく、何より戦闘のほぼ全てを能力に頼り切っているため、能力を封じられるなどして相手にペースをつかまれると一気に不利になってしまう。

鼻空想砲(ノーズファンシーキャノン)
丸めた鼻糞を指で弾き飛ばし、着弾と同時に大爆発させる。
見た目はいろんな意味でアレだが威力は抜群であり、直撃すれば巨人族すら黙らせる。両手で同時に放つ”鼻空想二連砲”(ノーズファンシーダブルキャノン)という技もある。
技名の由来は「鼻空想→はなくうそう→はなくそ」で、作者はこの技を考えた時、一人で大笑いしたという。

足爆(キッキーボム)
蹴りつけると同時に足を起爆させ、打撃と爆撃を一度に叩き込む。
Mr.5自身は格闘があまり得意ではないらしいが、爆撃の威力はそれを補って余りある。

そよ風息爆弾(ブリーズ・ブレス・ボム)
自前のリボルバー拳銃の弾倉に息を吹き込み、その息を銃弾として射撃する。
Mr.5曰く「おれの究極能力」。「息」であるために弾が見えず、しかも対象に息が掛かった瞬間に起爆するため避けようが無い。

全身起爆
相手に抱き着き、そのまま全身を起爆させて木端微塵に吹き飛ばす。
劇中ではウソップに対して使おうとしたものの、発動する前にゾロに切り伏せられたため、存在だけ示して不発に終わった。

活躍

アラバスタ篇

初登場のウイスキーピークでは、バロックワークスに潜入して社長の正体を知ってしまったミス・ウェンズデーことネフェルタリ・ビビを、相棒のミス・バレンタインと共に急襲して始末しようとしたが、些細な事からケンカになったルフィとゾロに一蹴され、上空遥か彼方に吹っ飛ばされてしまった。

続いてリトルガーデンではウイスキーピークでの失態を帳消しにするため、Mr.3&ミス・ゴールデンウィークペアの手先として麦わらの一味とビビを襲った。しかし、抹殺まであと一歩というところでウソップに翻弄され逆上、彼を全身爆破で消し飛ばそうとするも、復活したゾロの“焼鬼斬り”によって倒される。
失態による自身の抹殺命令を怖れたMr.3は、仲間を置き去りにして一人でリトルガーデンを脱出してしまい、残された3人は原始の島でサバイバル生活を送る羽目になる。

ミスG・Wの作戦名“ミーツ・バロック”

次の登場はゴールデンウィークを主人公とした扉絵連載『ミスG・Wの作戦名“ミーツ・バロック”』から。
幸いにも、Mr.3が残した蝋のアジトにて3人でサバイバル生活を送っていた。 Mr.5は、爆破の能力で食料となる獣の狩猟を務めていたようで、ややコゲ気味の肉を豪快に頬張る姿をみせていた。

ある日、ニュース・クーから買った新聞の一面記事で、バロックワークスの壊滅と、これまで秘密にされてきた社長のクロコダイルや構成員たちの正体を知る。ゴールデンウィークは、逮捕された仲間を救出しようと即座に旅立ちの準備をはじめ、Mr.5とバレンタインも初めは止めようとしたが最後は従い、彼女の能力で友達になったプテラノドンに乗って島を脱出した。

その後、キューカ島に行き着いた3人は海軍本部大佐“黒檻のヒナ”の部隊に発見され、その逃亡中にバレンタインが捕縛されてしまうが、脱獄していたMr.2の助成により無事救出された。

その後、ゴールデンウィークの能力でヒナの軍艦の乗組員たちを操って海軍の留置所に連行を偽って侵入。クロコダイルにもう一度バロックワークスを再建しようと持ちかけるが、彼とMr.1は「気が乗らねェ」という理由で脱獄を拒否。結局、Mr.4&ミス・メリークリスマスペア(および銃犬ラッスー)、ミス・ダブルフィンガーだけが脱獄することになった。

去り際にゴールデンウィークはC・T“夢の虹色”を使い、仲間たちをそれぞれの夢の姿に変身させる。バレンタインは、夢であった「消防士」の姿に変身した。

その後、脱獄した面々はかつての集会所でありダブルフィンガーの店でもある「スパイダーズカフェ」を新装開店した「NEWスパイダーズカフェ」にて新たな生活を始めた。Vol.40の一コマでは、店内の修復作業をおこなう姿が描かれていた。…元来の爆破(≒破壊)の能力を考えると、消防士という夢や物を修復するという彼の行為には何処と無くドラマを感じさせる。

関連タグ

ONEPIECE 海賊 バロックワークス
殺し屋 爆発 鼻くそ 消防士
ミス・バレンタイン:バロックワークスでのパートナー

関連記事

親記事

バロックワークス ばろっくわーくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Mr.5」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12099

コメント