ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

オヤジ 先へ!!


概要

白ひげ海賊団3番隊隊長。

“世界最強の男”として名高い“白ひげ”エドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団で隊長を務める男。白ひげを「親父」と呼び慕っている。


怪力自慢の男で、大きな体型や鎧のような服装が特徴的なキャラクターである。

自身の肉体をダイヤモンドに変化させる能力を持つ。


プロフィール

本名ジョズ
異名ダイヤモンド・ジョズ
年齢40歳→42歳
身長503cm
懸賞金不明
所属白ひげ海賊団3番隊隊長
所属船モビー・ディック号
悪魔の実キラキラの実(超人系)
覇気武装色、見聞色
出身地西の海
誕生日11月11日(宝石記念日)
星座さそり座
血液型X型
好物あごだし茶漬け
初登場単行本25巻 第234話 『ご記憶下さいます様に』
CV長嶝高士

性格

口数は少ないが頼れる存在であり、白ひげからも信頼され船員からも慕われている。


戦闘能力

悪魔の実

ONE PIECE【白ひげ海賊団“ダイヤモンド”・ジョズ】

名称キラキラの実
解説体をダイヤモンドに変化させる
種類超人系

体の一部をダイヤモンドに変化させることができる。

ダイヤモンド化した体は本人の複数の要素で凄まじく高い実力を持っていることにより、世界最強の剣士ジュラキュール・ミホークの斬撃を止める程に硬くなる事が出来るようになっている。

現在までの描写では常時肉体全てが鋼鉄の高度を誇るスパスパの実等と異なり、体の一部を変化させてダイヤモンドにしている。ダイヤモンドにした体の部分を自由に動かすことができるのかは不明。

主に腕などの体の一部をダイヤモンドに変化させ、タックルなどで攻撃を仕掛ける肉弾戦法がジョズの戦い方である。


基礎戦闘力

海軍本部最高戦力のクザンと渡り合える技量を持っている。

さらに尋常ならざる怪力の持ち主。その力は受け止めた巨人族の数倍はあろうかという山のような氷塊を海から引きずり出して、そのまま空高く投げ飛ばしてしまうこともできる(アニメ版ではミホークの飛ぶ斬撃も)。

スピードもサー・クロコダイルやクザンでもタックルの直撃を受ける程凄まじい。(クザンに関しては見聞色で理解はしていたようだが、体が反応しなかった模様。不意打ちであるため無理もない。)


まだ戦闘描写が少なく、本格的な戦闘を行っている描写がないため、未知数な点が多い。


覇気

武装色・見聞色の覇気を修得している(強者は基本的な2種類の覇気を当然のように修得しており、より強力になっていることが多い)。

特に武装色の覇気は歴戦の覇気使いの自然系能力者でもダメージは避けられない凄まじい威力を誇る。


  • ブリリアント・パンク

腕をダイヤモンド化させたまま突進し、強烈なショルダータックルで相手を跳ね飛ばす。

ジョズの巨体からは想像しがたい速度で繰り出される上、武装色の覇気を纏うことで自然系の能力者でも回避できない会心の一撃と化す。


活躍

過去

30年前には既に白ひげ海賊団に所属していたようで、海賊団が新世界ワノ国に漂着した際に若かりし姿が確認された。また、26年前のロジャー海賊団との交戦時には悪魔の実の能力を行使していた。


本編

初登場は白ひげと赤髪が接触した場面で、一番隊隊長マルコと共に登場している(それ以前にもロックスターが白ひげを訪ねた際にマルコと同じく姿のみ映っていた。)

本格登場は海軍王下七武海を相手にしたマリンフォード頂上戦争。戦争開始直後にはジュラキュール・ミホークの試しの一撃から白ひげを守る。また巨人族の倍以上の大きさの氷塊を投げ飛ばすが、氷塊は大将赤犬に溶かされてしまった。この際、氷塊を投げるために戦場に穴を空けたことが後に戦場に降ってきたルフィたちを救うことになった。

ルフィが連れてきたインペルダウンの囚人たちが戦争に参戦したあとは、白ひげを狙うクロコダイルに対して覇気を纏った一撃で真っ正面から吹っ飛ばしそのまま仕留めようとするが、横やりを入れたドフラミンゴにより止められた。海軍の作戦によってモビーディック号が破壊された後は白ひげの指示を受け、切り札として海底に隠していたもう一隻のパドル船を浮上させた。

オリス広場にたどり着いた後は海軍大将青雉を相手に交戦するも、負傷したマルコに気を取られた一瞬の隙を突かれて青雉により全身を氷漬けにされ、前線を離れる。この際に右腕を砕かれてしまい、隻腕となった。


終戦後は白ひげ海賊団の残党達と共に海賊を続けるが、黒ひげ海賊団との「落とし前戦争」に敗北したことにより、他の幹部たちと共に行方不明となってしまう。


備考

作中では全身をダイアモンド化しておらず、おそらくは機動力と体力節約の問題で一部をダイアモンド化してのタックルだったと思われる。(巨人族みたく氷塊を投げ飛ばす筋力がありながらドフラミンゴに糸で操られたりと力量がいまいちよくわからないが、彼の実力ならば全身武装硬化もできてもよさそうなため、その上でダイアモンド化からの武装色タックルでクロコダイルに攻撃したのも威力優先だったのかもしれない。)

また、作中ではミホークの斬撃を弾き、クザンにも果敢にタックルしているが、サカズキやボルサリーノと交戦しなかったのは能力的に相性が悪かったからだと思われる。(サカズキはマグマなため、熱に弱いダイアモンドには天敵だし、ボルサリーノの光も、車の前照灯を通り越した熱量強力なレーザーなため、乱反射出来ず焼けてしまう可能性が高い。)


関連イラスト

ダイヤモンド・ジョズファンタスティック4+ワンピース


関連タグ

ONEPIECE 白ひげ海賊団 エドワード・ニューゲート

マルコ ポートガス・D・エース ビスタ

サッチ マーシャル・D・ティーチ

楊海王 身体をダイヤモンドみたいにする人その2。ただしこちらは早々に撃破されている。

関連記事

親記事

白ひげ海賊団 しろひげかいぞくだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 664010

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました