2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

作品名ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
監督志水淳児
脚本上坂浩彦
ゲストみのもんた
主題歌DREAMS COME TRUE「またね」
公開日2008年3月1日
上映時間113分
興行収入9.2億円
前作ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち
次作ONE PIECE FILM STRONG WORLD

原作でトニートニー・チョッパーが加入したエピソードであるドラム王国編をリメイクした完全パラレル作品。原作者・尾田栄一郎監修の下で「もしもルフィ一行が真っ直ぐアラバスタ王国へ行き、チョッパーの仲間入りが遅れたら」というIFの世界として描かれている。
 
なので基本的な流れは同じだが、切り詰められている箇所もあるため、原作を既に知っている人も、知らない人も楽しめる内容になっている。
 

主な相違点

原作で同行していたネフェルタリ・ビビが登場せず、逆にこの時点では登場していなかったニコ・ロビンフランキーが既に麦わらの一味に加わっている。また母船がゴーイングメリー号ではなくサウザンドサニー号である一方、ブルックはいないので、これを原作の時系列に当てはめるとエニエス・ロビー編後ということになる(戦闘ではギア2ギア3も披露しているが、これらはエニエス・ロビー編で初出)。

ゲストキャラ

ムッシュール
(CV:みのもんた)
ワポルの兄にして本作のボス担当。毒胞子を放出して操る「ノコノコの実」の能力者。
少年期にはこれを得ていたようで、20年前(当時13歳)にヒマ潰しで能力を試した結果猛毒ガスをばら撒き、多くの自国民を死に追いやるという大事件を起こしたので父王によって国外追放されていた(元々がパラレルの世界線とはいえ、原作に出ていない理由付けともいえる)。

関連項目

ONEPIECE 劇場版ONEPIECE
トニートニー・チョッパー Dr.くれは Dr.ヒルルク ワポル ムッシュール

関連記事

親記事

エピソードオブシリーズ わんぴーすのすぺしゃる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3368

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました