ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴーイングメリー号

ごーいんぐめりーごう

尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』に登場する帆船。 「麦わらの一味」の最初の船であり、グランドラインの前半までを共に旅した大切な仲間。
目次 [非表示]

概要

WT10032位(49992票)

麦わらの一味にとっての最初の海賊船。通称はメリー号「メリー」「GM号」。

元はウソップの故郷・シロップ村の富豪であるカヤの所有で、彼女に仕える執事のメリー船大工が建造した(0巻(20年前)の時点でメリーが「こんな船をいつか作れたらいいなァ」と設計図を描いているシーンがある)。モンキー・D・ルフィたちが海賊“キャプテン・クロ”の魔の手からカヤたちを救ってくれた礼として進呈されたゴート船(遊覧を主とした小型船)である。

三角帆使用・船尾中央舵方式キャラベル船(マストを3枚使用した形式の帆船)。大砲は4門(主砲1/副砲3)装備の4LDK。操舵舵輪ではなく、棒を進行方向に傾ける方法で行う。全長は13m。全高は11m。製造日は1月22日(『VIVRE CARD〜ONE PIECE図鑑〜 STARTER SET Vol.2』より)。

船首がの頭をかたどっており、おそらく名前もこの船首と「メリーさんのひつじ」にかけているものと思われる。この頭の上はルフィの特等席となっている(泳げないルフィがここに固執する理由は作者曰く「まあ、うれしそうなので、いいんじゃないだろうか」との事)。

空島へ向かう際に、鶏冠と大きなをとりつけた「フライングモデル」に改装されたこともある。


機能

元々が遊覧目的に建造された船のため、船室などの内部構造はけっこう豪華。バス水洗トイレキッチン付きな上に、海水ろ過機能と発電設備まで完備され、まさに至れり尽くせりの快適空間となっている。

シャワー及びバスのお湯は、「水くみあげマシーン(マッスィ~ン)」を利用して、船底から汲み上げた海水をろ過し、真水にしたものを火にかけて使用している(汲み上げるついでに発電も可能)。なお、「水くみあげマシーン」は甲板の階段の下に当初2個あったが、ルフィが壊した為に最終的には1個になっている(アニメ版では69話でルフィが壊している)。

またナミアーロンから抜けて正式に入団したことを機に、甲板にはナミの故郷であるココヤシ村から持ってきたみかんの木が数本植えられており、大事に世話をされている。

ただし、この蜜柑を男陣が食うことは基本的に禁止されており、特に食欲の塊であるルフィへの警戒は強い。また作者曰く、「この蜜柑を食わざるを得ない=餓死寸前の危機」という意味合いもあるという。

後にこの蜜柑の木は後継船に移植された。


損耗との戦い

メリー号を語る上で外せないのが、その損傷の多さ

偉大なる航路(グランドライン)に到達する前から生傷が絶えなかったが、船大工を有さない当時の一味では満足な修復やメンテが行えず、損傷の度にウソップが応急修理(フランキー曰く「ド素人の継ぎ接ぎ」)を続けて何とか持ち堪えさせて来た。ただし、空島編ではメリー号の化身と思われる「クラバウターマン」によって修復された事がある。

ほとんどが敵の攻撃による損耗(海軍ワポルベラミーシュラ他)だが、メインマストに限ってはルフィがラブーンケンカを売った際にへし折ったという何気にヒドい経緯がある。


壮絶な最期

偉大なる航路の前半戦ともなると、船底など重大な部分への損傷も多くなり、空島から青海(地上の海)に戻った際の着水衝撃が原因なのか、ウォーターセブンに辿り着いた時には、船の背骨と言うべき竜骨に甚大なダメージを負っており、既に修復が不可能になっていたことが発覚する(ちなみに、空島から行き帰りする前の段階=ジャヤ島ベラミー達にボロボロにされたせいで既にかなりのダメージを受けていた)。


元々はメリー号を修理する予定でウォーターセブンに立ち寄ったルフィ達だったが、まさかメリー号がそこまでのダメージを受けているとは想像もしていなかった。

船を診断したガレーラカンパニーから、「メリー号のガワをいくら修理しても中身の竜骨がダメになっている以上はもう寿命であり、次の島に到着する前に必ず沈没する。たとえ同じ設計図を元に完全同一設計の姉妹船を新造した所で、木の性質上《100%完璧に同じ船》を生み出すこともできず、仮に新造した事で違和感を覚えるのは今までメリー号に乗ってきた一味たち本人だ」と宣言され、ルフィはここで新しい海賊船を購入してメリー号から乗り換えることを決断する。


だが、メリー号への思い入れや愛着が人一倍強いウソップが猛反発し大ゲンカになってしまう。

(修復不可の宣告を受けた際ウソップはフランキー一家に襲われてその場にいなかった為、この事実を後から一味によって知らされる事になった。もちろんウソップが反対することは全員覚悟の上だったが、唐突だった上に彼が思い詰めないようわざと明るく切り出したのが完全に裏目に出た。)

「今日会ったばっかりの連中の言うこと鵜呑みにしてメリー号を見殺しにするのか!お前にとっちゃその程度なのか!!」 「船長風吹かせて何が決断だ…見損なったぞルフィ!!!」と非難するウソップに対し「いい加減にしろ!お前だけが辛いなんて思うな!みんな気持ちは同じなんだ!!!」と飛びかかるルフィ。激情のあまり「そんなにおれのやり方が気に入らねェんなら、今すぐこの船から…」と禁断の一言が口を衝こうとするも、咄嗟にサンジが「てめェ今何言おうとしたんだ!!滅多な事口にするもんじゃねェぞ!!」と力業で制止(この際サンジはルフィをナミの方に蹴り飛ばしあわや激突しかけるという普段の彼からは考えられない行動をしており、サンジもかなり動揺していたことが窺える)。それを受けルフィも「……ああ…悪かった、今のはつい…」と冷静になり謝罪する。

 

だがウソップは「いいんだ、それがお前の本心だろ、使えねェ仲間は切り捨てて進めば良い」と、2億ベリーを強奪された負い目、ルフィ達の強さに付いていけないと感じていたことなどをここぞとばかりに吐露(度々ウソップと組んでおり、その勇敢さや戦力云々とは違った彼の価値を知っていたチョッパーは「何言ってんだこいつ」とばかりに「?」を浮かべている)し「おれはこの一味をやめる」と宣言。そしてウソップはケジメとしてルフィに決闘を申し込む。そしてウソップはこの決闘に自分が勝てばメリー号は自分が強奪させてもらうと、海賊らしい要求を突きつけた。


その夜、二人のタイマン勝負が行われる。

ウソップは「お前を倒す算段はつけてきた」と豪語するだけにある程度は善戦できていたものの、やはり実力差は圧倒的で「ゴムゴムの銃弾」を受け敗北。だが、それでもルフィはメリー号をウソップに明け渡した。

 

その後、メリー号はウソップごと麦わらの一味への復讐に燃えるフランキーに捕まり、アクア・ラグナからの保護も兼ねてフランキーの解体所へ運ばれ、そこで事情を聞いた両者は和解するも、なんとかメリー号を修繕しようとするウソップにフランキーは解体屋としてメリー号の解体を宣告。

フランキーからの叱咤によって、もうメリー号が助からないと理解していた事、涙ながらに空島で見たメリー号を修理する何者かの事を告げ、それがクラバウターマンである事を教えられる。

そこへフランキーを狙ってCP9が襲撃、更にメリー号を再起不能と診断したカクがそんなウソップの未練に不快を示し、メリー号を海に投棄してしまう。

だがそれでも幸運にもメリー号は大破を免れ、廃船島に流れ着いていたところをアイスバーグに拾われ、CP9から隠れている最中に応急処置を施される。しかし、その後に起こったアクア・ラグナの際にメリー号は海に流されてしまう。一時は大波に呑まれたかと思われたが、エニエス・ロビーでのCP9との決戦後に海軍に囲まれた一味の前に姿を現し、から一味を脱出させる。

そして脱出が成功して沖合に出たところで限界だったのか、船体が竜骨の割れ目から前後に真っ二つに割れ大破、遂にメリー号は最期の時を迎えることとなった

その壮絶な姿は熟練の船大工であるアイスバーグをして「こんな凄い海賊船を俺は見たことがない」と称賛させた。

最期はルフィ達の手によって焼却処分されるという形でその活躍に幕を下ろすことになる。


船体に火が回り船首も炎に包まれ沈みゆく今際の際に発したメリー号の声は、一味の全員に聞こえていた。

ありがとう…。

ごめんね・・・もっとみんなを遠くまで運んであげたかった・・・

ごめんね・・・ずっと一緒に冒険したかった・・・


ルフィ「ごめんっつーなら!! おれ達の方だぞメリー!!!

    おれ舵ヘタだからよー!! お前を氷山にぶつけたりよー!!

    帆も破った事あるしよー!! ゾロもサンジもアホだから色んなモン壊すしよ!!

    そのたんびウソップが直すんだけどヘタクソでよォ!!!

    ごめんっつーなら…」



だけどぼくは、幸せだった

今まで大切にしてくれて、どうもありがとう

ぼくは本当に、幸せだった


その後、ウソップは一味と和解し復帰。彼の雄姿に感動した新たな仲間フランキーによって、後継となったサウザンドサニー号にはメリー号の意匠が前面に押し出されている。また、ソルジャードックシステムの「チャンネル2」に"蒸気機関外輪船ミニメリー2号"が配備されることとなった。

わんぴ


魚人島編~パンクハザード編の間に挟まれたメリー号の活躍を回想する番外編アニメ『エピソードオブメリー』では、ミニメリー2号にウソップ、チョッパーと一緒に乗車していたブルックが、ミニメリー2号について「ミニじゃない子羊さんがいてそれをモデルにしたのか」と元となったメリー号の存在に勘づき、またルフィたちが以前から言っている「メリー」の事も気になっていた。

ゴーイングメリー号に別れを告げた後に一味に加入したブルックはメリーのことを知らなかったため、ウソップがメリーの武勇伝を語るという形で導入に用いられた。一連の流れを聞いたブルックも「一目でいいからお会いしたかった」と涙した。

この際クラバウターマンがサニー号の帆に腰掛けている姿が描写され、船体が失われても意思としては生き続け、今でも麦わらの一味を見守っていることが示唆されている。


余談

メリー号と言えば船首や柵、竜骨などに白い塗装が施されているイメージが強いかもしれない。実際、Pixivに投稿されているメリー号のイラストの多くもその姿で投稿されているし、ネット上で画像検索を掛けても大概は白く塗られている。

が、実はこれはアニメ版独自の姿であり、原作においては船首も竜骨も材木の色そのまんまで塗装されていない。単行本12巻や32巻、イラスト集などでもこちらのカラーリングで描かれている。


原作初期を基にした海外ドラマ版(制作中)でももちろん登場するが、コンセプトアートでは船首の羊がリアルすぎると一部で話題になっており、

「もはや羊というより山羊」「燃やしたら呪われそう」

といった感想まで出ている。(参考リンク)

その後、Twitterにてビジュアル解禁がされた。コンセプトアート程のリアルさは減ったものの、やはり「怖い」という感想が多い。(参考リンク)


プラモデル

バンダイスピリッツ(当時はバンダイ)よりノンスケールプラモデル化がなされている。

2010年12月11日に4800円で全長280㎜のサイズで商品化(4180円、税10パーセント込み)。2011年7月1日にフライングモデルが商品化(5500円)。2012年3月30日にコンパクト化された「偉大なる船コレクション」で1760円、2017年7月15日に「偉大なる船コレクション」でメモリアルカラー版が2222円で発売されている。


関連イラスト

ゴーイングゴーイングMerry in Heaven


関連タグ

ONEPIECE 麦わらの一味 サウザンドサニー号

海賊船

エピソードオブメリー


桑島法子 …クラバウターマン及びメリー号の声を担当。後にビクトリア・シンドリー(ゾンビ)やシャーロット・プリン(代役)、サニー号の化身も担当。

関連記事

親記事

麦わらの一味 むぎわらのいちみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280326

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました