ピクシブ百科事典

ゴーイングメリー号

ごーいんぐめりーごう

尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』に登場する帆船。 「麦わらの一味」の最初の船であり、グランドラインの前半までを共に旅した大切な仲間。
目次[非表示]

概要

麦わらの一味にとっての最初の海賊船。通称はメリー号「メリー」「GM号」。
元はウソップの故郷・シロップ村の富豪であるカヤの所有で、彼女に仕える執事のメリーが建造した(0巻では20年前の青年時代に「こんな船を作りたいなあ」と設計図を描いているシーンがある)。ルフィたちがキャプテン・クロの魔の手からカヤたちを救ってくれた礼として進呈されたゴート船(遊覧を主とした小型船)である。
三角帆使用・船尾中央舵方式キャラベル船(マストを3枚使用した形式の帆船)。
大砲は4門(主砲1/副砲3)装備の4LDK。操舵舵輪ではなく、棒を進行方向に傾ける方法で行う。全長は20m程度(柳田理科雄による計測)。
船首がの頭をかたどっており、おそらく名前もこの船首と「メリーさんのひつじ」にかけているものと思われる。この頭の上はルフィの特等席となっている。
空島へ向かう際に、鶏冠と大きなをとりつけた「フライングモデル」に改装されたこともある。

機能

元々が遊覧目的に建造された船のため、船室などの内部構造はけっこう豪華。バストイレキッチン付きな上に、海水ろ過機能と発電設備まで完備され、まさに至れり尽くせりの快適空間となっている。
またナミアーロンから抜けて正式に入団したことを機に、甲板にはナミの故郷であるココヤシ村から持ってきた蜜柑の木が数本植えられており、大事に世話をされている。
ただし、この蜜柑を男陣が食うことは基本的に禁止されており、特に食欲の塊であるルフィへの警戒は強い。また作者曰く、「この蜜柑を食わざるを得ない=餓死寸前の危機」という意味合いもあるという。
後にこの蜜柑の木は後継船に移植された。

損耗との戦い

メリー号を語る上で外せないのが、その損傷の多さ
偉大なる航路(グランドライン)』に到達する前から生傷が絶えなかったが、船大工を有さない当時の一味では満足な修復やメンテが行えず、損傷の度にウソップが応急修理(フランキー曰く「ド素人の継ぎ接ぎ」)を続けて何とか持ち堪えさせて来た。ただし、空島編ではメリー号の化身と思われる『クラバウターマン』によって修復された事がある)。
ほとんどが敵の攻撃による損耗(海軍ワポルベラミーシュラ他)だが、メインマストに限ってはルフィがラブーンケンカを売った際にへし折ったという何気にヒドい経緯がある。

壮絶な最期

偉大なる航路』の前半戦ともなると、船底など重大な部分への損傷も多くなり、空島から青海(地上の)に戻った際の着水衝撃が原因なのか、ウォーターセブンに辿り着いた時には、船の背骨と言うべき竜骨に甚大なダメージを負っており、既に修復が不可能になっていたことが発覚する(ちなみにこれ、空島から行き帰りする前の段階=ジャヤ島でベラミー達にボロボロにされたせいで既にダメージを受けていた)。
船を新調するならまだしも、無理に修復してもこの先の海はメリー号の装備では越えられず、新世界へ向けて船に全資金を注ぎ込まざるを得なかった。メリー号は一味から「仲間」として大切にされつつも、戦力外視されていたのだ。
これによりルフィは新しい海賊船への乗り換えに踏み切るが、人一倍思い入れや愛着が強いウソップが猛反発し大ゲンカになってしまう。
※もちろんウソップが反対することは全員覚悟の上だったが、唐突だった上に彼が思い詰めないようわざと明るく切り出したのが完全に裏目に出た。
 
「今日会ったばっかりの連中の言うこと鵜呑みにしてメリー号を見殺しにするのか!お前にとっちゃその程度なのか!!」「船長風吹かせて何が決断だ…見損なったぞルフィ!!!」と非難するウソップに対し「いい加減にしろ!お前だけが辛いなんて思うな、みんな気持ちは同じなんだ!!!」と飛びかかるルフィ。激情のあまり「そんなにおれのやり方が気に入らないなら、今すぐこの船から……!!」と禁断の一言が口をつくも、見かねたサンジが「バカ野郎!!てめェ今何言おうとしたんだ!滅多なこと言うんじゃねェ!!」と力業で制止した(アニメではナミがバケツに汲んだ水をかけるに変更)。
「……ああ…悪かった、今のはつい…」
 
だがウソップは「いいんだ、それがお前の本心だろ 使えねェ仲間は切り捨てて進めば良い」と、2億ベリーを強奪された負い目、ルフィ達の強さに付いていけないと感じていたことなどをここぞとばかりに吐露し「おれはこの一味をやめる」と宣言。そしてメリー号をかけて決闘を申し込み、その夜にタイマン勝負を行った。
 
「お前を倒す算段はつけてきた」と豪語するだけにある程度は善戦できていたものの、やはり実力差は圧倒的で「ゴムゴムの銃弾」を受け敗北。その際メリー号はウソップに明け渡された。
 
結局メリー号はカクによって投棄されるが(それでも大破しなかった)、廃船島に流れ着いていたところをアイスバーグに拾われ、CP9から隠れている最中に応急処置を施される。アクア・ラグナの際に独りでに出港し、一時は大波に呑まれたかと思われたが、エニエス・ロビーでのCP9との決戦後に海軍に囲まれた一味の前に姿を現し、から一味を脱出させる。
そして脱出が成功して沖合に出たところで限界だったのか、船体が前後に真っ二つに割れる大破、最期の時を迎えることとなった。
最期はルフィたちによって船体にを付けられ、火が回りきったところで自沈、永遠の眠りにつく。
今際の際に発したメリー号の声は、一味の全員に聞こえていた。

ありがとう…。


ごめんね・・・もっとみんなを遠くまで運んであげたかった・・・
ごめんね・・・ずっと一緒に冒険したかった・・・

ルフィ「ごめんっつーなら!! おれ達の方だぞメリー!!!
    おれ舵ヘタだからよー!! お前を氷山にぶつけたりよー!!
    帆を破ったこともあるしよー!! ゾロもサンジもあほだから色んなモン壊すしよ!!
    そのたんびウソップが直すんだけどヘタクソでよォ!!!
    ごめんっつーなら…」


だけどぼくは、幸せだった
今まで大切にしてくれて、どうもありがとう
ぼくは本当に、幸せだった

彼の雄姿に感動したフランキーによって、後継となったサウザンドサニー号にはメリー号の意匠が前面に押し出されている。また、ソルジャードックシステムの「チャンネル2」に"蒸気機関外輪船ミニメリー2号"が配備されることとなった。

わんぴ



『エピソードオブメリー』では、ミニメリー2号にウソップ、チョッパーと一緒に乗車していたブルックが、ミニメリー2号について「ミニじゃない子羊さんがいてそれをモデルにしたのか」と元となったメリー号の存在に気づき、またルフィたちが以前から言っている「メリー」の事が気になっていた。ゴーイングメリー号と別れた後から仲間になったブルックはメリーのことを知らなかったため、ウソップがメリーについての説明をした。一連の流れを聞いたブルックも「一目でいいからお会いしたかった」と涙した。

余談

メリー号と言えば船首や柵、竜骨などに白い塗装が施されているイメージが強いかもしれない(実際、Pixivに投稿されているメリー号のイラストの多くもその姿で投稿されているし、ネット上で画像検索を掛けても大概は白く塗られている)が、実はこれはアニメ版独自の姿であり、原作においては船首も竜骨も材木の色そのまんまで塗装されていない。原作コミックス12巻や32巻、イラスト集などでは原作のカラーリングで描かれている。

関連イラスト

ゴーイングゴーイング
Merry in Heaven



関連タグ

ONEPIECE 麦わらの一味 サウザンドサニー号
海賊船
桑島法子 …クラバウターマン及びメリー号の声を担当。

関連記事

親記事

麦わらの一味 むぎわらのいちみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーイングメリー号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86632

コメント